なかなか痩せない理由」カテゴリーアーカイブ

フライパン料理を食べ過ぎない

アメリカ、ヨーロッパに比べればステーキ、ハンバーグ、焼き肉の家庭料理に占める割合は少ないのですが、最近は増加傾向にあります。こうした脂の多い肉類などは、痩せるためには、避けたい「悪い水」と「脂肪」のうちの「脂肪」をつくるため問題となります。動物性脂肪というのは大敵になります。食べたい場合は、網焼きなどにして脂肪を落とす工夫をしてから食べるようにするといいでしょう。

フライパンで焼く場合には、バターや油が加わり、なおのこと脂肪の量が増えますので要注意です。フライパン料理では、原材料のカロリーのほかに、こうした油やバターのカロリーが追加されるので、注意が必要です。

つぎに肉料理で問題となるのは、味付けが濃くなりがちということです。ソースをかける場合にも、塩味で味を付ける場合にも痩せるためにはマイナスです。
糖分か塩分かのどちらか、場合によっては両方の場合のケースもでてきます。最近は、特に諸外国でも肉類の摂りすぎが「成人病」などの原因になるといわれ、脂身の多い肉類は避ける傾向です。

野菜サラダはダイエットには向かない

野菜サラダとコーヒーをダイエット食にしている女性は多く、また3食ともこうした食事にすればダイエット効果がより高まると考えている女性は多くいます。色どりも美しくサラダは、ビタミンやミネラルも豊富に含まれているようなイメージですが、野菜サラダに使われる野菜などは、そのほとんどが水分です。ここにマヨネーズやフレンチドレッシングなどをかけて食べると、すぐにご飯2杯分くらいのカロリーになってしまいます。これでは、肝心の「水と脂」が体外に排出されずに、体に必要な「血と肉」が削られることになってしまいます。

日本女性の肥満体質の6割~7割は、「水と脂」が増えている状態なので、これを取り去るような体質にしなくてはなりません。
野菜サラダで一時的に痩せることができても、人間の体は削られた「血と肉」を取り戻そうとして強力に他の食品を求めます。こうしてパン類やご飯、そして肉類を食べたくなり、もとの体重へとリバウンドしてしまうのです。同じ野菜を食べるのであれば、温野菜、豆乳といった植物性たんぱく質をとるようにします。アメリカ式のベジタブルダイエットは日本人の体質には逆効果なのです。

体操やサウナは食事などと組み合わせて補助的に使う

ダイエットに効果のある美容体操ややせる体操などは、ダイエットに効果をもたらすのでしょうか?実際にこうした体操だけで痩せるにはかなり大変です。体操や運動で体重を1kg減らすには7000キロカロリーのエネルギーを消費しなければなりません。これにはどのくらいの運動量が必要かというと…

  • ウォーキング…34時間
  • テニス…18時間
  • ダンス…22時間

という大変な量になります。サウナでは体中の水分が汗になって出ますから一時的に1キロ分くらいの体重はすぐ減ります。しかし、体操サウナは、汗を流して水分が減るのですから、当然のどが乾きます。ここで水を飲んだり、ジュースを飲んだりすれば体重はすぐに元に戻ります。これではダイエットにもなりませんし、意味がありません。水を少し多く飲んでも、飲んだ分しっかり排泄するような体質にするのが本来のダイエットです。体操サウナも体の緊張をほぐし、新陳代謝を活発にしますから効果を否定するものではありませんが、これで痩せるという事は難しいのです。一時的に「悪い水」を体外に出すためには効果的です。

カロリーをを抑えてもまた太る

痩せる本や痩せる特集などの雑誌で目立つ情報といえばやはり「カロリー表」どんな食品や食材がどれだけのカロリーがあるかを掲載する情報が満載です。確かに何をどれだけ食べるかという指標にするには大変に便利です。そしてカロリーを減量して痩せる場合、ちょっと気を許すとリバウンドしてしまいます。これは食べる量を少し増やせば当然の結果でもあります。体質改善することがリバウンドしない解決策です。まず、胃を小さくし、薄味にし、体質を改善してカロリー消費できる体にすることです。体質的に痩せる方法だと、また太るというリバウンドの心配はいりません。体質改善が難しいように思いますが、それほど難しくありません。スタートの日に合理的な減食方法を行うと、ドカ食いができなくなります。カロリー計算に神経をとがらせなくてもだいたいの目安で満足のいく食事が可能となります。
食事は「何を食べようか?」とか「誰と食べようか?」などと楽しさもなくてはいけません。

野菜がわりのフルーツはよくない

カリフォルニアオレンジ、マスカット、メロン、ネーブルなどのフルーツ類は見た目にも鮮やかで滋養もたっぷりという印象を持っている人が多く、さらに「果物は痩せる」と思っている人が意外にも多いのです。ダイエット中の人が食後のフルーツを欠かさない、という話もよく聞きます。ところが、この果物jは日本人の「水太り」体質にはいい影響をあたえません。とくに最近の果物類は、品種改良されて糖質が増えて吸収されやすくなっています。つまり脂肪をつくりやすくなっているのです。少し食べ過ぎると「水太り」体質となります。野菜がわりにフルーツを食べる。というダイエット方法はすぐにやめるべきです。適量摂る分には差し支えありませんが、最近は食べ過ぎ傾向にあるようです。食べ過ぎてしまうと体を冷やして汗がでにくくなってしまいます。

繊維質の働きは安全運転にする

血糖値の急上昇、急降下の仕組みは、車でたとえると非常にわかりやすくなります。たとえば、車を急発進させ、フルスピードで突進してから急ブレーキをかける「暴走運転」のようなものです。これでは、寿命を縮めるばかりか大事故にあう危険性もあります。
その点、繊維質のはいった食品の場合は、体の働きにちょうどいいいスピードで消化吸収を行い、血糖値もなだらかな動きをします。体への負担もごくごくわずかです。
まさに「安全運転」です。

太っている人は血糖値の上がり下がりが激しいためいわゆる「暴走運転」と同じなのです。そればかりでなく、血糖値が急に下がることは、別のトラブルも生じさせます。血糖値が下がると、大脳視床下部の中枢に「空腹だ」とというサインが送られ、急にさがると「すごく空腹だ」というサインになってしまいガツガツ食べてしまうのです。

繊維を多く含んだ食品は、この空腹感を和らげてくれる働きもあるのです。

オレンジの丸かじりとオレンジジュースの違い

オレンジジュースを飲む場合とオレンジを生でそのまま食べるのではどういった違いがあるでしょうか?これはオレンジジュースには繊維分が含まれておらず、生のオレンジには繊維分が含まれている、ということになります。

これはオレンジジュースだけでなく、ご飯にしても精白された白米は、繊維分が少なくなっています。食パンも同様です。ケーキ、お菓子などの加工食品、精製食品は、繊維分が非常に少ないです。

オレンジジュースを飲んだ場合と生のオレンジを食べた場合の血糖値の調査があります。血糖値は糖尿病などの血液検査に使われる血液中の糖分の比率をあらわす数字ですが、これは、肥満と深い関係があります。この血糖値ですが、ジュースを飲んだ場合は、急上昇してその後急降下しました。これは糖分が体に急激に吸収されたことを示しています。

では、生のオレンジを食べた場合はどうでしょう?血糖値はかなりゆっくりとした変化を示しました。この違いは、その食品に繊維分があるか、ないかだけの違いです。
いいかえれば、繊維質は、栄養の吸収スピードを遅らせる効果があるのです。以前から繊維は消化が悪いと言われてきましたが、それは消化のスピードが遅いのではなく体の自然な働きにちょうどいいスピードだということがわかってきました。

便秘を解消するだけでも痩せるきっかけになる

痩せることと便秘は一見関連性がないように思いますが、まず便秘を解消することが先決です。実際痩せることとと便秘は深い関係があります。便秘になると体に悪い腸内細菌の働きが増し、エンドトキシンが生成され、これが肝臓に行く体内の酵素の働きを悪くして脂肪や細胞に「悪い水」が溜まってしまうのです。また、この毒素が暴飲暴食をを促すのでまた、食べた物がエネルギーとして使われない消費カロリーの少ない体をつくります。つまり、便秘を解消すれば「悪い水」も解消され痩せるきっかけにもなるのです。便秘を解消するには、繊維分をたくさん含んだ食材、食品を積極的に食べることです。イサゴールやはとむぎなど繊維の多いものをとることです。こうした習慣でお通じは自然とよくなります。アメリカ、ヨーロッパ、日本などでは、精製食品や加工食品を多食するようになり同時に繊維食品の摂取が減少してしまったため便の量も少なくなっています。これが原因で便秘も増えてしまっているのです。繊維をしっかり摂取することを習慣にすることが大切です。

便秘の原因や解消を目的としたサイトはかなりの数ありますが、その中でも誠実なサイトをさがすのは大変ですが、最近やっと見つけました。腸をきれいにして便秘解消は非常に参考になりますのでオススメです。便秘だけでなく下痢などに効果のある食品も紹介しています。
商品ばかりを紹介しているサイトは「?」ですが、ここのように商品紹介が控えめなのは信頼できます。

これまでのカロリー式の減量では減らさなくてもいい「血と肉」まで減らしてしまう

アメリカ式ダイエットのカロリーのみを減らす方法では、日本人には合わない点がいくつもあります。アメリカ人は体全体が太っているのに対して、日本人は主に肩と下腹部、腰まわり、太股に水っぽい脂肪がついて太っています。この日本的な太り方を解消するには、「悪い水」をとり「冷え」と「血の滞り」をとることが最適です。それにこれが一番美容的にも美しく痩せる方法なのです。ところがこれをカロリー式ダイエットのみで行うとどうなるでしょう。まず体力が落ちてきます。そして減らす必要のない「血と肉」までも減らしてしまうのです。当然こうなると、血液は薄くなり、生理不順などにもなります。体調が全くアンバランスになるため結果的には痩せても醜く痩せてしまうのです。これでは苦労したダイエットも「失敗」となってしまうのです。日本人の水太り体質をしっかり理解した上で体質に合ったダイエットをしなくてはいけません。

血の滞りがあると「やる気」が出ない

一般的に繊維不足の食事を続けていると、栄養分はただちに吸収され、エネルギーとなっていきます。そして、必要量以上のものは、中性脂肪になって体に蓄えられます。これが皮下脂肪の原因です。
現代の日本人は繊維不足の食物、精製された食品を過剰に摂取していますからビタミンEやB1、B2、などまた、ミネラル、カルシウム、カリウムマグネシウムなどが不足しています。その結果、血液中に過酸化脂質が増え、血液が粘っこくなってしまいます。よくTVなどで、「ドロドロ血液」と言いますが、このことです。
このドロドロ血液が毛細血管を詰まらせてさらに血液を滞らせてしまうのです。ストレスなども肝臓の病気になるエンドトキシンのような毒物を生成し同様に血の滞りの原因になります。これらの症状として「水太り」をはじめとして、疲れ、めまい、肩こり、手足のしびれなどの症状があらわれます。「やる気が出ない」というような時の体のだるさ、虚脱感などもこれが原因となっていることが多いのです。