イサゴールは現代型栄養失調の日本人に最適なダイエット方法

最近の日本人の食生活はとにもかくにも欧米化が進んでしまい、どんどん変わっていきました。日本では、動物性たんぱく質や脂質が増え、逆に炭水化物や食物繊維の摂取量が減少しました。そのために繊維分が不足してきました。現代のこうした欧米化してしまった食事の中で十分な食物繊維を摂取するには、少し無理があります。特に若い世代は不足が顕著です。

これまで理想のバランス食と言われ、世界のお手本だった「和食」は崩れ、豊かさの中での現代型栄養失調を懸念しなければいけない状況になっているのです。今こそ各世代の人々が健康長寿のための食生活を考える必要があります。質素な粗食がいいことは頭でわかっていても舌が肥えてしまった現代人にそうした粗食に戻れるか?というと戻れないのです。

戟時中の食生活も栄養失調ですが、現在の食生活栄養失調であることに変わりはないのです。

石炭ストーブを例にとるとわかりやすいのですが、私たち日本人を石炭ストーブにたとえるなら、燃料としては石炭が最良であるはずです。そして、私たち日本人にとっての石炭とは、穀類やいも類を主食として、季節の野菜や豆類、海草類、魚介類を中心としたものになります。

しかし、戦後の栄養教育は、欧米の石油ストーブやガスストーブの真似をして、石炭ストーブに石油やガスを入れることをすすめてきたのです。
当然、不完全燃焼になりますし、火災の危険性さえあります。実際、現在の日本人は、石炭ストーブに石炭だけでなく、石油やガスなどの燃料をどんどん入れています。入れすぎるくらい入れています。燃料を入れすぎたために、今度は、空気(酸素) がうまく入らなくなっているのです。

空気が不足しているために、不完全燃焼のような状態になっています。つまり、火は消えてはいないが、完全燃焼しないくすぶった状態〜私たちの食生活は、このよぅな状態にたとえることができるのではないでしょうか。
これが、正しい表現かはわかりませんが、「現代型栄養失調」なのです。

そこで健康のためにもダイエットにも効果的な食物繊維はないだろうか?というところで行き着いたのがインドのイサゴールです。

健康に関心のある人であれば、食物繊維の重要性はわかっています。そこで食物繊維がたくさん含まれている食品として玄米がいいことはわかっているのですが、やはり味がいまひとつ、ということで食べることができない人が多いのです。

現代人は口あたりのいいもの、やわらかいもの、甘い味を好むので玄米などは口に合わないことが多いのです。これではダイエットは成功しません。その点でもイサゴールは条件が揃った食品といえます。口当たりがよく、淡泊な味なのです。料理に混ぜても不味くならないのはダイエットには最適だといえます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください