脂肪の揉み出しマッサージは「部分やせ」は可能?

エステティックサロンなどで行っている「揉み出しマッサージ」「低周波」による「部分やせ」については、雑誌などで「可能」といっている記事もあれば、「不可能だ」と断言している記事もあります。

実際のところはどうなの??と思っている人も少なくないでしょう。医学的に見た場合、特定の部分の脂肪だけを取り除くことは不可能です。エステテイツクサロンの理屈では、「やせたい部分にマッサージや低周波の刺激を与えると、その部分の交感神経が活発になって、ノルアドレナリンというホルモンが分泌される。

それが脂肪細胞に働きかけ、中性脂肪を分解することができる」としています。たしかに、ノルアドレナリンは、脂肪を分解する酵素「リパーゼ」を活性化させる働きを持っていますが、ホルモン分泌の命令を出しているのは脳。ですから、マッサージの刺激に反応して、その部分だけ局所的にホルモンの分泌が高まるということはありません。

もっとも、マッサージをすることによって、一時的にサイズダウンすることは可能です。ただし、それは脂肪が分解されたのではなく、一時的にぜい肉が移動したり、むくみがとれただけのこと。時間が経てば元に戻ってしまいます。

では、揉みだしマッサージは、ダイエットにまったく無意味かといえば、そんなことはありません。マッサージを行うと新陳代謝が活発になりますから、エクササイズやストレッチの効果が出やすく、脂肪が燃えやすくなるのは事実です。

代謝がよくなたところでサルバチアダイエットなどを実施すればより効果的でしょう。

アミノ酸ダイエットの実力

ペットボトル入り清涼飲料水の爆発的なブームで、一躍脚光を浴びたアミノ酸。ダイエットにも効果があるといわれ、せっせと清涼飲料水を飲んでいる人がいるようですが、本当にアミノ酸をとるだけでやせられるのでしょうか。

アミノ酸は、蛋白質をつくつている最小の成分です。私たちの身体の細胞や、遺伝子情報のDNA も、すべてアミノ酸からつくられています。

このうち、人体の中で合成できないアミノ酸を「必須アミノ酸」と呼び、食事などで補給する必要がありますが、現代の食生活では不足しがちだといわれています。
アミノ酸不足が慢性化すると、筋肉の発育不足を招き、脂肪代謝が低下して、血中コレステロールの増加や肥満の原因になります。

そこで、アミノ酸を補給することによって基礎代謝を活発にし、体脂肪を分解しようというのが「アミノ酸ダイエット」です。
十種類の必須アミノ酸のうち、特にダイエットに密接なかかわりのあるものは、アルギニン、リジン、プロリン、フェニルアラニンの4 種類。

これらを摂取すると、体脂肪を燃やす「リパーゼ」という脂肪分解酵素の働きを助け、効率よくやせられるというのが、アミノ酸ダイエットのメカニズムです。

しかし、アミノ酸を摂取するだけでは、やせることはできません。アミノ酸ダイエットは、運動とセットで行わなければほとんど意味がありません。アミノ酸を摂取して、リパーゼの働きを活発化しても、その後で運動をしなければ、分解された脂肪は元に戻ってしまいます。

アミノ酸ダイエットに効果的だといわれている運動は、ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動です。アミノ酸は体内への吸収が遅く、30分ほどかかりますから、運動開始の30分前くらいにアミノ酸を飲むと効率的でしょう。

なお、アミノ酸飲料ではダイエット効果は期待できません。一般に、コンビニなどで売られているアミノ酸飲料は糖分が高いものが多いので、飲みすぎには十分注意しましょう。

体の組織づくりに必要なアミノ酸

ダイエットをしていても生理で体重が増える

女性の体重は、生理の周期に関係して、1ヶ月のうちにかなり変動しています。体重のもっとも低い時期は、生理のはじまる1週間くらい前で、そこから徐々に増えはじめ、生理が始まる頃に体重の増加はピークを迎えます。

このとき、多い人では体重が2~3kgも増えることがあります。その原因は、ホルモンバランスの変化。排卵後には、「プロゲステロン」というホルモンが多くなり、その分泌量が一定以上になると、体に脂肪や水分がたまりやすくなります。

そのせいで体重が増えるのです。といっても、この場合の体重の増加は、ほとんどが水分ですから、体脂肪が増加しているわけではありません。

時期が過ぎれば、体重は元に戻ります。一方、生理の前になると、やたらと食欲がわいて食べ物を我慢できないという女性もいます。「普段は食べないチョコレートやケーキなどの甘いものが無性に欲しくなる」という人も少なくありませんが、これは身体の正常な反応。実は、女性の場合、食欲も生理の周期によって左右されるのです。

では、生理前になると食欲がわくのはどうしてでしょうか。それは、生理前のイライラが原因と考えられています。糖質性の食べ物を摂取すると、脳の中にセロトニンという物質の分泌が増えます。この物質には気持ちをホッとさせる働きがありますから、生理前でイライラしているときは、甘いものが欲しくなるのです。

ダイエット中は、ただでさえ空腹でイライラしやすくなっていますが、特に生理のはじまる1週間前は「PMS(月経前症候群)」といって、だるさやむくみが生じたり、便秘になりやすく、神経も非常にビリビリしています。そんなときに、ムリなダイエットは逆効果。ドカ食いを招く原因になってしまいます。この時期は「ダイエットは小休止」くらいに考えて、ハードな食事制限は避けたほうがいいでしょう。

ノンカロリー食品をたらふく食べても満腹にならないのは?

人間は食べすぎれば太りますし、食べなければやせます。むろん、ダイエットに挑戦しようという人は、そんなことは百も承知でしょうが、食べられないストレスに負けて、ダイエットに挫折する人が多いのも事実です。

そこで、空腹感を我慢せずにラクにやせられる方法として、コンニャクや海藻など、ノンカロリー食品をたくさん食べてやせるというダイエット法があります。

しかし、ノンカロリー食品をたらふく食べても、なかなか満腹感を得ることができません。たしかに、ボウルに山盛り一杯のコンニャクや海藻を食べれば、お腹はパンパンに膨れますが、普段の食事のときに感じるような滴足感は得られないはずです。

それでストレスがたまり、つまみ食いをしたり、ドカ食いに走ったりして、ダイエットに失敗する人が多いのです。これはどうしてでしょうか。

脳の視床下部には、食欲をコントロールしている、「摂食中枢」と「満腹中枢」の2つがあり、それを総称して「食欲中枢」と呼びます。
そして、この食欲中枢は、血液中のいくつかの物質の濃度をつねに監視しているのです。食事をしてから時間が経つと、ブドウ糖濃度(血糖値)が下がってきます。すると、摂食中枢はこれをキャッチして「空腹だ」という信号を脳に送ります。

一方、食べ物を食べた時は血液中のブドウ糖濃度が上がり、今度は満腹中枢がそれをキャッチして「もう満腹だ」という信号を脳に送ります。しかし、ノンカロリー食品にはブドウ糖は含まれませんから満腹感を得にくいのです。とはいえ、コンニャクや海藻がダイエット食として不向きかというと、そんなことはありません。

海藻は食物繊維やミネラルが豊富に含まれている健康食品です。また、コンニャクの主成分であるグルコマンナンは、水を含むと大きくふくれる性質を持っています。

食事のときに汁ものやお茶と一緒にとるとふくらんで胃が膨張しますから、それが満腹感をもたらしてくれるのも事実です。ダイエットに効果的な食べ方としては、先に海藻やコンニャクを食べて胃を膨らませておき、あとで糖質やたんばく質など他の栄養素をとること。こうすれば食べ過ぎを予防し、総摂取カロリーを減らすことができます。

サルバチアダイエットの感想サルバチア(チアシード)の原料は南米産シソ科植物の種子で、古来アステカ族が狩猟・紛争時に水分と栄養分を補給するために摂取していました。
サルバチアと水だけで1日中走り回れることからサルバチアは「ランニングフード」と呼ばれ、また、効きめの高さから薬用植物としても珍重されてきました。
最近は、便秘解消、ダイエットなどに活用する人が増えています。

リバウンドを繰り返すとやせにくくなってしまう?

ハードな食事制限で体重を減らすことには成功したけれど、ちょっと気を緩めたとたん、すぐに元に戻ってしまった…。
このように、いったんやせたのに、また元に戻ってしまったり、ダイエット前より体重が増えてしまう現象を「リバウンド」といいます。

この言葉は、みなさんも聞いたことがあるでしょう。ところが、リバウンドという言葉は知っていても、「何度もリバウンドを繰り返すと、やせにくい身体になってしまう」という事実はあまり知られていないようです。

なぜ、リバウンドを繰り返すとやせにくくなるのでしょうか。これは、飢えから生命を守ろうとする人間の防衛本能が関わっています。今は飽食の時代といわれ、食べたいものがすぐに食べられますが、文明国でも飢える心配がなくなったのは、ごく最近のこと。

それまでの長い期間は、いつ飢饉に見舞われるかもしれない時代でしたから、人の身体には飢餓に対抗して生命を維持する仕組みがいろいろとできているのです。

たとえば、ダイエットで急激に食事量を減らした場合、身体は「飢餓状態」に陥ったと勘違いして、少ないエネルギーでも現状の体脂肪率を維持しょうと働きます。

すると、まずは胃腸のエネルギー吸収率が向上し、それと同時に基礎代謝量(日を覚ました状態で、じつとしていても消費されるエネルギ⊥ が低下してきます。

つまり、人の身体は飢餓から身を守るために、「省エネモード」に切り替わるわけです。この状態で、ダイエットをする前と同じカロリーの食事に戻したらどうなるでしょぅ。

基礎代謝として使用するエネルギーが減っている分、余ったエネルギーが脂肪として蓄えられてしまいます。そして、この飢餓状態を何度も経験するうちに、すっかりダイエットに抵抗性ができて、やせにくい身体になってしまうというわけです。

よく、「リバウンドしちやったけど、またダイエットすればいいや」と安易に考えて、何度もダイエットしては失敗を繰り返す人がいますが、これではやせるどころか、逆に太りやすい身体をつくつているようなもの。リバウンドなしに、健康的にやせるためには、ムリのない目標を設定して、ゆっくりと時間をかけて脂肪を落としていくことが大切です。

油を味方にする、現代人はオメガ9 系を積極的に摂ることで効率よく健康的に痩せる オメガ3、6、9について

ダイエット系サプリの効果

ここ数年の間に、サプリメントはとても身近な存在になりました。薬局や健康食品店だけでなく、コンビニでもサプリメントを置いていますし、最近ではダイエットに効果があるといわれるものも数多く発売されています。

品揃えが豊富になったせいか、「つらい運動や食事制限をしなくてもやせられる!」とサプリメントに頼りきっている八も多いようですが、これはちょっと考えものです。

体脂肪を落とすには、あくまでも食事によるカロリー調整と、適度な運動が基本です。サプリメントは、運動時の脂肪の燃焼率をアップさせたり、食べすぎたときの失敗をカバーしてくれる、いわばダイエットの「サポート役」。

サプリメントだけ飲めばやせられるとか、大量に飲めばやせられるというものではありませんから、それを踏まえた上で、賢く活用しましょう。

では、ダイエットに効果のあるサプリメントには、どんなものがあるでしょうか。これは、大きく分けて2つに分類することができます。
ひとつは、脂質や糖質の吸収を抑える「カロリーカット系」のサプリメント。

もうひとつは、脂肪の燃焼を助ける「代謝アップ系」 のサプリメントです。

たとえば、脂質の吸収を抑えるサプリメントの代表には、エビやカニなどの甲殻類に含まれる動物性食物繊維の「キチンキトサン」があります。これは、食べた脂を包み込んで便と一緒に排泄する働きがありますから、揚げ物やマヨネーズなど、脂っこい食事が好きでやめられない人におすすめといえます。

コレステロール値の低下、便秘にキトサン | 100種類のサプリメントの効能と効果
https://more-supplement.info/use/archives/84

また、糖質の吸収を抑えるものの代表といえば、「ギムネマ」です。小腸の粘膜からブドウ糖が吸収されるのを抑制し、脂肪が蓄積しないようにする働きがあり、こちらは、ごはんやパン、パスタ、甘いものがやめられない人向きといえそうです。

血糖値の上昇を抑えるギムネマ・シルベスタ | 100種類のサプリメントの効能と効果
https://more-supplement.info/use/archives/90

一方、代謝アップ系のサプリメントには、アミノ酸の一種「L-カルニチン」や、トウガラシの辛み成分「カブサイシン」などがあります。代謝アップ系のサプリメントには、運動と組み合わせなければ、ほとんど効果のないものもありますから、使用する前に、そのサプリメントの特性をよく知っておくことが大切です。

カルニチンは脂肪酸を燃やすカギ | ビタミンの効能を利用してダイエット
https://www.vitamindiet.biz/%e3%82%ab%e3%83%ab%e3%83%8b%e3%83%81%e3%83%b3%e3%81%af%e8%84%82%e8%82%aa%e9%85%b8%e3%82%92%e7%87%83%e3%82%84%e3%81%99%e3%82%ab%e3%82%ae/

腸内洗洗浄で宿便をとると痩せるというのは本当?

最近、便秘に悩む女性たちの間で話題になっているのが、「腸内洗浄ダイエット」です。これは、温水を入れたり出したりして、腸内にたまった宿便を取り除き、お腹の環境を整えるというもの。ですから、この方法には、脂肪そのものを燃焼させる効果は期待できません。

といっても、腸内洗浄がダイエットにまったく無意味かというと、そうではありません。昔からいわれている通り、便秘は美容の大敵です。便秘を解消して、腸内の環境が整えば、やせやすい身体になることは間違いありません。

もうひとつ、便秘というと、下腹がポッコリ出る、吹き出物が出やすくなるなど、美容面のマイナスばかりがクローズアップされていますが、健康面からいっても、大きな害があるのをご存知でしょうか。

便秘の便は長く腸にとどまると発酵しはじめ、人間の身体に有害な物質を発生させることがわかっています。そして、この有害物質は便の水分とともに腸壁から吸収さとどこおれ、血液にとけ込んで体内を巡るのです。それが原因で、血液循環が滞ったり、体のむくみや頭痛、イライラを引き起こすこともあります。ひどい便秘に悩まされている人は、自力では正常に排泄できない状態に陥っている場合もありますから、腸内洗浄で便秘を解消するというのも、ひとつの方法といえるでしょう。

ただし、腸の内容物を大量に排出すると、血圧が下がってしまうことがあるので、重い心臓病や高血圧の人は、クリニックで診察を受けてから行うようにしてください。むろん、妊娠中の方もよくありません。いずれにしても、便秘を解消するには、毎日の食事から食物繊維をたっぷりとるなど、便通のよくなるものを摂取することが第一。現在では家庭用でも手軽に購入できますが、安易に飛びつくのは考えものです。

腸内洗浄まで大げさに考えなくてもイサゴールなどを使えば腸内はきれいになります。

水をたくさん飲むとダイエットできる?

何年か前、スーパーモデルが実践している方法として、水(ミネラルウォーター)をたくさん飲むだけでやせられるというダイエットが大流行したことがありました。その影響からか、今でも若い女性の間では、「ダイエット中は、水をたくさん飲んだほうがいい」という「信仰」が根付いているようです。ミネラルウォーター・ダイエットでやせられるメカニズムは、

  1. 水を飲むと満腹感が得られることから食べすぎを防ぐ。
  2. 発汗・利尿作用によって、体内の老廃物の排出を促す。
  3. 便秘の解消に役立つ。
  4. 基礎代謝が上がりやせやすい体質になる。
  5. ミネラルを摂取することで、バランスよくやせられる。

また、水を飲むと体温が下がるため、身体は体温を元に戻そうとします。その際にカロリーを消費する効果があるともいわれています。

しかし、水を飲むだけで、本当にやせられるかといえば、答えはNo!です。肥満は、摂取エネルギーと消費エネルギーのバランスが崩れたときに起きる現象。

ですから、消費エネルギーよりもたくさんのカロリーをとれば、その分のエネルギーは脂肪として蓄積されることになってしまいます。とはいえ、ダイエット中に水をたっぷり飲むこと自体は、けっして悪いことではありません。

カロリー制限している間は、食べる量が減る分、食べ物からとる水分も減ることになります。体内の水分が減ると脱水症状を起こしたり、血液の濃度が濃くなって、いわゆる「ドロドロ血」になりやすいのです。それが脳梗塞や心筋梗塞の引き金になることもありますから、ダイエット中は、普段よりやや多めに水分をとることを心がけるといいでしょう。

なお、1日中、デスクワークをしている人や、むくみの出やすい人は、水分のとり方にも注意が必要です。冷たい水ばかりを大量に飲んでいると、身体が冷えて、水分がうまく体外に排出されず、むくみの原因になってしまいます。空調のきついオフィスなどでは、真夏でも身体を温めるホットドリンクを飲むようにしましょう。

大学の研究で実証された、高アルカリ天然温泉水 桜島 活泉水で体内の毒素を排出 | 今さら聞けないミネラルウォーターの知識
https://mineralwater-guide.net/contents/archives/1879

ダイエットに成功すると胃が小さくなるの?

ダイエットに成功した人がよく口にするセリフ、「胃が小さくなって、以前ほど食べられなくなった」。これは、「もののたとえ」としては当たっています。

やせると本当に胃が小さくなって、その分、食べ物が入らなくなると思っている人がいますが、実はそれは違います。レントゲンを撮ってみればわかりますが、胃が物理的に小さくなるということはありません。やせる前とやせた後の胃の大きさを比べても、変わっていないのです。

また、年齢とともに食欲がなくなって、胃が小さくなったと感じる人もいるでしょうが、これも胃が小さくなったように感じているだけです。

一方、「胃拡張」のほうはどうでしょう。胃拡張は、食べすぎなどで胃が大きくなった状態のことをいいますが、これも、胃そのものがびっくりするほど肥大化するわけではなく、胃がかなり拡がらないと、脳が満腹感を得られなくなってしまっている状態のことをいいます。

なお、一般に出産を経験した女性の胃は大きいといわれています。だからといって、経産婦に肥満の人が多い′わけでも、大食いの人が多いわけでもありません。胃袋の大きい人が大食い= 肥満というわけではないのです。

肥満は遺伝するの?

世の中には、「やせの大食い」タイプの人もいますし、ダイエットをしてもなかなかやせられない人もいます。結論からいいますと、最近の研究では、肥満になるひとつの原因として「肥満遺伝子」の存在が関係していることがわかってきました。

現在では、440以上もの肥満にかかわる遺伝子が発見されているそうです。といっても、「太った体型」が遺伝するわけではありません。

「体脂肪を蓄えやすい」とか、「エネルギーの消雪が少ない」といった「太りやすい性質・体質」が遺伝するのです。肥満遺伝子の代表的なものとしては、「ベータ3アドレナリン受容体遺伝子」と呼ばれるものがあります。この遺伝子には、体脂肪の蓄積を抑え、脂肪を燃焼させる働きがありますが、太りやすくやせにくいタイプの人は、この遺伝子が一部分変異しています。そのため、脂肪の燃焼が悪くなり、太りやすくなってしまうのです。

この遺伝子が正常な人と変異している人とを比べると、1日に消費されるエネルギーに平均200kcalの違いがあるといわれています。

つまり、ベータ3アドレナリン受容体遺伝子に変異のある人は、正常な人と比べ、1日にごはん1杯分ほどよけいに食べている計算になるというわけです。

また、この遺伝子の異常はほとんどの人種に見られますが、特に日本人に多いといわれていますから、気になる人は、肥満外来で遺伝子を調べてみるといいかもしれません。では、肥満はどの程度遺伝するものなのでしょうか。ある研究によれば、両親とも肥満の場合は約70% 、片方の親が肥満の場合でも40~50% の子供が肥満になるという報告があるそうです。

しかし、自分が太っているのは遺伝だから仕方がないと決めつけてはいけません。肥満になる要因は「遺伝3、環境7」といい、食習慣による影響のほうが大きいからです。

たとえば、血のつながっていない養子でも、両親が肥満の家庭では、子供も肥満になったり、ペットの犬まで肥満犬になるという例も報告されています。バランスのよい食事をとり、腹8分目を守ること。これが肥満予防の基本と心得ましょう。