ウーロン茶で痩せられるの?

現在のようなダイエットブームが巻き起こる前のことですが、健康ブーム・ダイエットブームの走りとなったのが、ウーロン茶の存在です。

その当時から、「飲むだけでやせる」という噂が流れ、ウーロン茶の認知度は一気に高まりました。今ではすっかりお馴染みになったウーロン茶ですが、肝心のやせる効果についてはどうなのでしょうか?

最近の研究によると、ウーロン茶にはポリフェノールが含まれ、その成分が肥滴予防に効果があることがわかってきました。ポリフェノールというと、赤ワインやチョコレートを思い浮かべるかもしれませんが、実際には植物の多くに含まれています。ただし、人間の体に有効なのはごく一部。ウーロン茶ポリフェノールは、「半発酵」というウーロン茶独自の製法によって生まれるため、緑茶や紅茶にはない効果があるといわれています。

では、ウーロン茶ポリフェノールを摂取すると、どんな効果があるのでしょうか。まずひとつは、食べ物の脂肪分を吸着して、体外へ排出する働きです。

高脂肪のエサを与えたラットにウーロン茶を飲ませた実験では、水を飲ませたラットよりも、脂肪の排泄量がおよそ30%多かったという結果が出ているそうです。

もうひとつ、血液中の中性脂肪の量を減らす働きもあります。ウ一口ン茶ポリフェノールによって、脂肪分解酵素の「リパーゼ」という物質が活性化されると、中性脂肪は「遊離脂肪酸」に分解されます。

実は、これがダイエットによいといわれているのです。とはいえ、ウーロン茶を飲むだけではやせられません。遊離脂肪酸は筋肉のエネルギー源となる物質ですから、燃焼させるためには身体を動かす必要があるのです。何もしないままでいると、遊離脂肪酸はまた元の皮下脂肪に戻ってしまいます。ですから、ウ一口ン茶で皮下脂肪を減らしたい場合は、身体を動かす前にウーロン茶を飲み、有酸素運動を行うことがポイントになります。

実際にウーロン茶のポリフェノールを使ったダイエットのレビューがあります。ウーロン茶特有の重合ポリフェノールが含まれたサプリの使用感

香りの効果でも痩せられる?

美容に興味をお持ちの方なら、大手化粧品メーカーから、「香りでやせられる」と評判のボディ用美容液が発売されたのはご存知でしょう。

発売当初、香りでダイエットできるなら使ってみたいという人が多く、大変な反響を呼びました。やせる香りとは、グレープフルーツやフェンネル、コショウなどの香りで、化粧品メーカーでは、これらの香りには、交感神経を活性化させ、中性脂肪が分解して生じる「遊離脂肪酸」という物質を燃やしてエネルギーに変化させる効果があるとしています。

しかし、肝心のダイエット効果はというと、その製品を使って劇的にやせたという話は聞いたことがなく、香りを喚いだり、皮膚から成分を浸透させるだけでは、みるみる脂肪を燃やすという「奇跡″」は起きないのが現実です。

ただし、やせるかやせないかは別としても、「香り」が人間の体や心に何らかの形で作用するのは事実です。アロマテラピーの作用を例にして説明しましょう。

エッセンシャルオイルの匂いは、まず、鼻の奥にある喚細胞と呼ばれるところへ届きます。その後、匂いは電気信号に変換され、嘆神経を介して「大脳辺練糸」へ送られます。ここは快・不快といった感情や、食欲などを司る器官ですから、香りの刺激によって、精神をリラックスさせたり、元気を出したりするという効果が得られます。

さらにその後、香りの刺激は2つのルートを辿ります。そのひとつは、脳の視床下部。ここは、体温や血圧などの調節、内臓の働きを調整する器官ですから、香りの刺激によって体に生理反応が起こります。また、もうひとつのルートでは、香りは大脳新皮質に伝えられ、「匂い」として認識されるという仕組みです。

さすがに匂いを喚ぐだけではやせることはできませんが、ダイエットに香りを利用するのは悪いことではありません。好きな香りを喚ぐことで、ダイエット中のストレスを緩和したり、マッサージオイルに使うなど、自分なりに工夫するといいでしょう。

ちなみに、グレープフルーツの香りは、アロマテラピーでは、気分をリフレッシュさせたり、リンパの流れを改善して、老廃物を体外へ排出する作用があるといわれています。

体の調子を整えるマッサージ

プチ断食はダイエットに有効か?

多くの宗教では、祈願や抗議、修行などを目的として、古くから断食を行ってきました。その歴史からみても、断食そのものは、特に健康を害する行為とはいえません。

とはいえ、ダイエットを目的とした断食と、宗教活動としての断食ではそもそも意味合いが違います。まして、断食に慣れていない日本人が、いきなり行うのは危険。それで、これまで「断食ダイエット」というのは、タブーとされてきました。

ところが最近では、本格的な断食ではなく、「プチ断食」というものが登場し、ブームを呼んでいます。そこで気になるのがダイエット効果ですが、これは専門家の間でも意見が分かれるところです。

効果があるという人もいますし、「ダイエットは長続けてゆっくり脂肪を落としていくのが基本」「プチであっても、断食は危険」と否定する意見もあります。

両者の意見は相反するように聞こえますが、ようするにこういうことです。「正しい知識を持って行えば、プチ断食はダイエットにもある程度効果を発揮する。ただし、劇的な体重の変化はのぞめない」と。では、プチ断食にはどのようなダイエット効果があるのでしょうか。

消費されずに余ったエネルギーは、脂肪細胞の中に蓄えられます。これが肥満の原因となりますが、人間の体は、それ以外にも肝臓や筋肉にグリコーゲンとしてエネルギーを蓄え、栄養が足りなくなると、こちらのほうを優先的に使います。

ということは、断食をして、肝臓や筋肉に備蓄されたエネルギーを先に使い切ってしまえば、脂肪を効率よく減らすことができるという理論なのです。

ただし、長期の断食はタブーです。脂肪だけではエネルギー源が足りなくなって、筋肉まで使われてしまうため、体力が落ちてしまいます。2日以上何も食べないような断食法は、絶対に行ってはいけません。

プチ断食の場合は、予備断食、本断食、復帰の3段階を3日間かけて行うソフトな方法ですが、知識のない人は専門家のもとで行うようにしてください。

なお、人によっては一度のプチ断食で体重がグッと減ることもあるようですが、それは体の水分が排出されて減っただけ。体脂肪がそんなに簡単に落ちることはありえません。いずれにしても、チャレンジしてみたい人は、ムリをしないように注意しましょう。

BOOCS ダイエットとは?

ダイエット中の最大の敵は、食べたいものを我慢するというストレスでしょう。ストレスがたまってくると、精神的なイライラから甘いものが無性に欲しくなったり、ちょっとしたことが引き金になって、ドカ食いを招いたりすることもあります。

そんなストレスとは一切無縁、好きなだけ食べてカロリー計算も不要という驚きのダイエットが、「BOOCS ダイエット」です。もちろん、「好きなだけ食べてやせられる」というのは単なる宣伝文旬で、実際にはそんなことはありません。

ただ、「あれもダメ、これもダメ」というダイエットではとても我慢できない人や、これまで何度もダイエットにチャレンジしたものの、リバウンドを繰り返している人の場合は、試してみる価値はあるでしょう。

BOOCS ダイエットには、天ぶらはダメとかケーキは禁止という厳しい規則はありません。そのかわり、「1日1食」を満足いくまで食べるというのが基本。食べるタイミングは、朝、昼、夜のどれでもかまわないようですが、落ち着いて食事ができる夕食がおすすめという点も、このダイエットのユニークなところといえます。

なお、他の二食についても絶食するのではなく、軽いもので済ませます。また、BOOCS ダイエットには三原則というものがあり、これもまたユニークです。

たとえば、たとえ健康によいこと(運動など)や、よい食べものでも、嫌ならけっしてしない(食べない)。嫌いな運動を始めたり、おいしいと思えないものは食べない。また、お酒やタバコなど、健康によくないといわれるものでも無理にやめることはない。

つまり、BOOCS ダイエットで禁止しているのは「我慢すること」だけ。すると、精神的なストレスが解消され、自然に脂っこいものや甘いものに手がのびることが減り、自ずと体重も減っていくという理論です。

一見、いいことづくしのダイエットのように感じるかもしれませんが、自己流で行うには危険が多すぎます。1日1食だけに比重を置いた場合、ほかの2食では、バランスのよい食事はとることができません。

また、「好きなものを食べていい」という部分を拡大解釈して、毎晩トンカツにステーキにフランス料理…などとやっていれば、ダイエット前より太ってしまいます。

そういう意味で、BOOCS ダイエットは、ある程度栄養素に関する知識を持っていて、バランスのよいメニューを組み立てられる人向きの方法といえるでしょう。

低インシュリンダイエットとは?

数あるダイエット法のなかでも、テレビや雑誌に取り上げられて脚光を浴びたのが、「低インシュリンダイエット」です。

ダイエットに興味のない人でも、一度くらいは耳にしたことがあるのではないでしょうか。この方法は、一言でいえば、「インシュリン」というホルモンの大量分泌を防ぐことを目的としたダイエットです。

人間は、食べ物や飲み物から砂糖や炭水化物を摂取すると、血液の中の糖分が増えて、血糖値が上がります。すると、血糖の急激な上昇を防ぐために、膵臓からインシュリンが大量に分泌されます。実は、このインシュリンが、脂肪をため込む原因となります。

分泌されたインシュリンは、まずは糖をエネルギーとして筋肉へ送りますが、それでも血糖値が高いと、脂肪はもちろん、余っている糖も脂肪に変えて体内にため込んでしまいます。つまり、このインシュリンの分泌を少なくすれば、余分な糖が脂肪になりにくく、食べても太りにくい状況をつくることができるというわけです。

インシュリンは血糖値が高いほどたくさん分泌されますから、血糖値を上げにくい食品を選んで食べること。これが、「低インシュリンダイエット」の方法です。

では、具体的に、どんな食べ物が血糖値が上がりにくいのでしょうか。それを見分ける手がかりとなるのが、食品ごとの血糖値の上がりやすさを表すGI値です。

これは、ブドウ糖100ccを飲んだときの血糖値の上昇を100として、さまざまな食品100g に対しての値を示したもの。

このGI値の低いものは血糖値が上がりにくい、つまりインシュリンが分泌されにくい食品ということになります。低インシュリンダイエットでは、GI値が60以下の食品を選んで食べるのが基本となっています。

たとえば、ジャガイモやカボチャなどはGI値が高く、大豆やトマトなどはGI 値の低い食べ物。また、主食でいうと、米よりパスタ(デュラム小麦)のほうがGI値は低いとされています。

では、GI値の低い食べ物を食べるだけでやせられるのかというと、そうとは言い切れません。雑誌やテレビでは、低インシュリンダイエットを、「ダイエットの常識をくつがえす方法」「カロリーを気にしなくてもやせられる」などと盛んに謳っていますが、GI値が低いものでも食べすぎれば太るのは当然の話。

また、低インシュリンダイエットが主に問題にしているのは炭水化物ですが、現在の日本人の肥満の原因は脂肪のとり過ぎにあります。炭水化物のとり過ぎで肥満になった人など、もともとそんなにいません。低インシュリンダイエットに関しては、えて、ダイエットに上手に取り入れるといいでしょう。

にがりを使ったダイエットとは?

「飲みつづけただけで便秘が治った」「食事制限なしにやせられた」など、その手軽さで一大ブームを巻き起こしている「にがりダイエット」。

しかし、人気ばかりが先行して、なぜにがり水がダイエットにいいといわれているのか、そのメカニズムについてはあまり知られていないようです。

にがりは、海水から塩を取り出したあとに残る液体のことです。漢字で「苦汁」と書くように、そのままなめると非常に苦く、塩辛い味がします。
その苦味のもとになっているのが、にがりに含まれるミネラル分。マグネシウムを筆頭に、カルシウム、亜鉛、鉄など、体に必要なミネラル成分が豊富に含まれています。

にがりダイエットは、にがりをミネラルウォーターで薄めて飲んだり、料理に入れたりして摂取するという方法で、1日150ml~1 000mlを摂取すると、太りにくくなり、ダイエットに効果があるといわれています。

では、にがりが肥満解消にいいといわれるのはなぜでしょうか。肥満をつくる主な原因は糖質と脂質です。しかし、問題となるのはその摂取量よりも、体内へ吸収される速度。にがりにはこれらの消化吸収を遅らせる働きがあるため、同じ量を食べても太りにくく、ムリなくやせられるという理屈です。

もう少し具体的に説明しましょう。まず、糖質の消化吸収についてですが、炭水化物など糖質の食物を短時間で食べると、血糖値の急上昇を防ぐために、インシュリンという物質が大量に分泌されます。このインシュリンの大量分泌が、肥瀞のモト。糖分が体脂肪として蓄えられやすくなってしまうのです。

にがりには、糖質が血液に吸収される速度を遅くする働きがあります。そのため、インシュリンの上昇速度がゆるやかになり、太りにくくなるというわけです。

一方、ダイエットの大敵である脂質も、にがりに含まれるマグネシウムの働きによって、脂肪細胞に取り込まれる速度がゆるやかになります。

さて、肝心のダイエット効果ですが、これには個人差が大きく、一概にやせる、やせないとはいえません。第一、にがりの成分が脂質や糖質の消化吸収を遅らせるといっても、食べすぎればまったく効果はありません。

ただし、にがりの主成分であるマグネシウムには緩下作用があるので、頑固な便秘に悩んでいる人にはおすすめです。飲みつづけると排便がスムーズになり、便秘太りの解消には役立つでしょう。

マグネフォース 濃縮されたミネラル液でマグネシウムを摂取する | 便秘を解消しよう!

朝食を食べないと太る理由

これまで、「朝食を食べないと太る」というのがダイエットの常識でした。ところが、最近ではそれとまったく逆のアプローチでやせる方法、「朝食抜きダイエット」が登場して話題を呼んでいます。

このダイエットは、朝起きたら1杯の水を飲み、基本的に朝食は食べません。普段の食生活では生野菜を多くとり、間食はしないという方法です。

手軽にできることから人気を集めていますが、この方法でやせた人もいれば、逆にお腹がすいて食べすぎてしまったという人もいるようです。

そこで気になるのは、「結局、やせるには朝食は食べたほうがいいの、抜いたほうがいいの?ということですが、これは個人の生活サイクルによって変わってきます。

「朝食を食べないと太る」といわれるのは、朝起きて、夜に眠るという人間の基本的な生活サイクルを軸とした考え方です。人間の体は、食事と食事の間を長くあけると本能的に「飢餓状態」に入る準備をはじめ、脂肪をため込もうとする働きが強くなります。

朝食を抜くと、前の晩から翌日の昼まで長時間、何も食べないことになりますから、脂肪がため込まれやすくなる→太るという理屈なのです。

ところが、今は生活サイクルが多様化している時代。ですから、「朝食を抜くと太る」「夜遅い時間に食べると太る」という従来の説は、夜遅くまで仕事をして、朝の10時過ぎに起きるような「夜型人間」の人に、そのまま当てはめることはできません。

夜型の人は、夕食を食べる時間も必然的に遅くなります。が、生活のパターンが規則正しく夜型であれば、「夜遅く食べると太る」の理屈は当てはまりませんし、夜の1時頃に夕食を食べるなら、翌日の朝食はランチの時間にとればいいのです。

一方、夜の10時に寝て、朝4時頃日を覚ます人が朝食を抜くと、昼食の時間までにだいぶ時間があきますから、体は飢餓状態になってしまいます。

ようするに、食事と食事の間隔が極端にあかなければ、朝食をとる「時間」には、さほどこだわらなくていいということです。

ただし、朝食は1日をスタートさせるための活力源ですから、朝食をすっかり抜いてしまう方法はおすすめしません。脳のエネルギーとなるのはブドウ糖です。身体を目覚めさせるためにも、ごはんやパンなどの炭水化物を中心に低カロリーメニューを考えるといいでしょう。

また、睡眠中は発汗によって水分も失われていますから、水分は必ずとるようにしましょう。

大学の研究で実証された、高アルカリ天然温泉水 桜島 活泉水で体内の毒素を排出

有酸素運動は20分以上続けないと効果がないは本当?

これまで、「やせるための運動は、20分以上続けて行わないと効果がない」といわれてきました。運動をはじめると、まずは糖質から先に燃焼され、脂肪が燃えはじめるのはその後。

だからダイエット効果をあげるためには、20分以上継続して運動をしないと意味がないというのが、かつての考え方の主流でした。
この「20 分連続で運動する」という「縛り」があったために、「20分も続けて運動するのはムリ」「長く運動しなければ効果がないなら、やらないほうがマシ」と考えて、体を動かすことを思いとどまっていた人も少なくないでしょう。

ところが最近の研究では、運動をはじめた直後から、脂肪は燃焼されることが明らかになってきました。さらに、運動をこま切れに行った場合でも脂肪は燃焼し、ダイエットに効果があることもわかっています。

実験によると、30分の連続運動と、10 分×3回の運動では、消費されるカロリーにはほとんど差がなかったそうです。ダイエットに効果的といわれるのは、酸素をたっぷり取り込みながら行うジョギングやウォーキング、水泳などの有酸素運動です。

全速力で走りつづけるようなハードな運動のほうが、消費カロリーは高そうに見えますが、実は逆。

ハードな運動は、脂肪よりも糖質の燃焼率のほうが高くなります。ですから、ダイエットに運動を取り入れるときは、お金がかからず、誰でも気軽にはじめられるウォーキングがベスト。歩くときは、普段より心持ち大きな歩幅で歩きましょう。シェイプアップ効果を高めるには、歩くときの姿勢も大切です。背筋をピンと伸ばし、お腹を引っ込めて、お尻の筋肉をキュツと引き締めます。

この姿勢を意識しながらウオーキングをすれば、ダラダラ歩きをするよりも消費カロリーがグンとアップします。スーパーへの買い物の往復でも立派なエクササイズになるのですから、積極的に歩きたいですね。

10分×3回ウォーキング ダイエット

油脂類を摂った方がスムーズにダイエットできる?

天ぶらやトンカツなどの揚げ物や、生クリームたっぷりのケーキ、バターこってりのフランス料理などは、ダイエットの敵といわれています。

その理由はいわずもがなですが、油脂がたっぷり使われていて高カロリーだからです。油脂類のとりすぎは、肥満を招く原因になります。

しかし、カロリーが高いからといって油脂を毛嫌いする必要はありません。むしろ、適度に油脂をとりながらダイエットしたほうが、スムーズにやせられるのです。

人間に必要な栄養素は、「三大栄養素」といわれる蚤自質、脂質、炭水化物の3つと、その働きを助けるビタミンやミネラルなどがあります。毎日の食事では、これらの栄養素をバランスよくとることが何よりも重要。栄養バランスが整うと、それぞれの栄養素が本来の役割を果たせますから、自然にやせやすい身体になるのです。

たとえば、脂質と野菜を一緒に食べると、野菜に含まれる食物繊維が脂肪分を包み込み、一緒に排出してくれるので、体内に蓄積される量は少なくなります。また、海藻には塩分を排出する働きがあるので、むくみがとれてスッキリします。もうひとつ、油脂は他の食品に比べ腹持ちがよいという点でも、ダイエッターの味方といえるでしょう。

油脂は胃では消化吸収されず、そのまま十二指腸に送られます。その後、胆汁の分泌によって4時間もかけてゆっくり分解されるのです。一方、糖質の消化には、その半分くらいの時間しかかかりません。つまり、油脂をとるとグンと腹持ちがよくなりますから、空腹感に負けてついつまみ食いをしてしまった…という危険も減るというわけです。ただし、1日に必要な油脂の量は、15g程度です(成人女性の場合。くれぐれもとりすぎには注意しましょう。

油を味方にする、現代人はオメガ9 系を積極的に摂ることで効率よく健康的に痩せる オメガ3、6、9について

耳ツボの刺激で痩せるか?

耳のツボを刺激するだけでやせられると聞けば、誰でも、「そんなに都合よくやせられるハズがない」と思うでしょう。しかし、東洋医学では、古くから耳ツボを刺激するさまざまな治療法が行われてきました。

まるで根拠のないダイエット法とは言い切れないでしょう。耳には全身に通じるツボが集中していますが、なかでもダイエットに効果があるといわれているのは、胃、食道のツボや、便秘を改善するツボ、ホルモン分泌をよくするツボなどです。

  • 神門
    ストレスやイライラを取り除き、精神を安定させるツボ。

  • 胃の働きを正常にし、ストレス性胃炎や胃腸の働きを改善するツボ。
  • 食道
    消化器系全体の働きを正常にして、消化吸収力を高めるツボ。
  • 噴門
    胃腸の働きを正常にして、消化吸収力を高めるツボ。

  • 食欲中枢のある悩の視床下部に働きかけ、食欲を抑えるツボ。
  • 内分泌
    ホルモンバランスを安定させ、生理不順を改善するツボ。これらのツボを、食事の前に刺激することによって食欲が自然にセーブされ、やせやすい体質に改善される

というのが耳ツボダイエットの理論です。食べたいものをムリに我慢することもなく、運動も必要なしという手軽さから人気を集めていますが、その効果には個人差があり、本当にやせたという人もいれば、まったく効果がない人もいます。当たり前のことですが、耳ツボを刺激しただけで、食欲が極端に抑えられるはずはありません。

食欲は、脳にある「食欲中枢」でコントロールされていますが、それ以外にも、視覚、喚覚、聴覚、精神状態によっても左右されます。

たとえば、お腹いっぱいごはんを食べた後でも、大好物のケーキなら食べられるという人がいるでしょう。脳は「満腹だ」というサインを出しているのに、大好物と問いただけで食欲がわいてくるのですから、その欲求を耳ツボへの刺激だけでセーブするのは不可能です。

もっとも、「やせたい。そのためには食べる量を減らさなければ」という強い意志を持っている人には、耳ツボダイエットは効果的といえます。食事前に耳ツボを刺激いましすることが〝戒め〞となって、食べすぎを防ぐことができるでしょう。

サルバチアダイエットhttp://saruba.blog.jp/