桜島 活泉水で脱水から身体を守る

人間の身体は半分以上が水分でできている

私たち人間の身体にはたくさんの水分が含まれていて、赤ちゃん(新生児)のときは体重のおよそ80%、成人の場合では体重のおよそ55~60%が「体液」といわれる水分で占められています。まさに人間は水分でできている、といえるでしょう。 しかし、年齢を重ねるに連れて身体の水分量は減少していき、65歳以上の高齢者では、水分量がおよそ50%まで低下すると考えられています。

水分(体液)の大切な役割

体液はおもに水分と電解質(水に溶けた塩分)で構成されていて、私たちの生命に必要な大切なはたらきをしています。それは、栄養素や酸素を運んだり、老廃物の排泄をおこなったり、体温を調節することです。また、新陳代謝がスムーズにおこなわれるように、一定の環境を維持しています。体液には血液をはじめ、リンパ液や消化液などがありますが、体液が失われると、全身に栄養が行き届かずに、老廃物が蓄積され、やがては脱水状態に陥ります。

高齢者は特にかくれ脱水に注意する

汗を大量にかく夏には、たくさんの水分が身体から失われていきます。体内の水分量が低下しているシニア世代の人は特に、かくれ脱水の危険が高くなります。高齢者の場合、家の中で生活していて脱水症になることが多くなっています。高齢になると身体を占める体液(水分)の割合が低下していて、暑さを感じにくいこともあるため、屋内でも日常的にかくれ脱水の状態になりやすく、脱水症状も進行しやすいのです。

夏場は食欲が落ちる、若い頃と比べると食事量が減った、という人は、食事から摂取する水分や塩分の量も低下しているので、注意が必要です。

熱中症対策には水分と塩分を摂るのが大切ですが、脱水の恐ろしいところは、熱中症の原因となるだけでなく、脳や臓器にもダメージを及ぼすことです。

脱水が脳梗塞を引きおこす

脱水になると身体に異変が起こります。体液が多い脳、消化器や筋肉などには特に異変があらわれやすくなります。症状として、頭痛、めまいや立ちくらみ、吐き気、食欲の低下、足がつる、集中力や記憶力の低下などがあり、ひどくなると、けいれんが起きたり、意識を失うこともあります。

そして、最も危険なのが脳梗塞を起こすことです。体内の水分不足によって血液がドロドロになることが大きな原因です。血液の濃度には、気温の変化も深く関係しています。気温が高い時は体内の熱を発散しようと血管が拡張することで血圧が低下しますが、汗をかくことで水分と電解質が失われて血液が濃くなり、血管が詰まりやすくなるのです。ですから、炎天下での農作業やスポーツにはじゅうぶん注意が必要です。

また、気温が低くても注意しなければなりません。寒さが刺激となって血管が縮みやすく、血液の粘度も上昇するため、血液中の水分不足でドロドロの状態だと脳梗塞や心筋梗塞のリスクが高まります。冬場は、インフルエンザやノロウイルスといったウイルス感染による脱水(大量発汗、嘔吐や下痢)に気をつけましょう。

桜島 活泉水で身体を健康にする

私たちの身体は加齢とともに体内の水分量が減り、さまざまな機能が衰えていきます。年齢を重ねるに伴い、健康を維持するために、水分補給を真剣に考えて良い水を摂取したいものです。

九州 桜島の水 活泉水は、体液に近いミネラルバランスをもった天然温泉水です。また、油脂と混ざる珍しい性質をもっています。血管の内側に付着した脂肪を溶かし、血液をサラサラの状態にするのに期待できます。

桜島 活泉水について詳しくはこちら