桜島 活泉水で脱水から身体を守る

人間の身体は半分以上が水分でできている

私たち人間の身体にはたくさんの水分が含まれていて、赤ちゃん(新生児)のときは体重のおよそ80%、成人の場合では体重のおよそ55~60%が「体液」といわれる水分で占められています。まさに人間は水分でできている、といえるでしょう。 しかし、年齢を重ねるに連れて身体の水分量は減少していき、65歳以上の高齢者では、水分量がおよそ50%まで低下すると考えられています。

水分(体液)の大切な役割

体液はおもに水分と電解質(水に溶けた塩分)で構成されていて、私たちの生命に必要な大切なはたらきをしています。それは、栄養素や酸素を運んだり、老廃物の排泄をおこなったり、体温を調節することです。また、新陳代謝がスムーズにおこなわれるように、一定の環境を維持しています。体液には血液をはじめ、リンパ液や消化液などがありますが、体液が失われると、全身に栄養が行き届かずに、老廃物が蓄積され、やがては脱水状態に陥ります。

高齢者は特にかくれ脱水に注意する

汗を大量にかく夏には、たくさんの水分が身体から失われていきます。体内の水分量が低下しているシニア世代の人は特に、かくれ脱水の危険が高くなります。高齢者の場合、家の中で生活していて脱水症になることが多くなっています。高齢になると身体を占める体液(水分)の割合が低下していて、暑さを感じにくいこともあるため、屋内でも日常的にかくれ脱水の状態になりやすく、脱水症状も進行しやすいのです。

夏場は食欲が落ちる、若い頃と比べると食事量が減った、という人は、食事から摂取する水分や塩分の量も低下しているので、注意が必要です。

熱中症対策には水分と塩分を摂るのが大切ですが、脱水の恐ろしいところは、熱中症の原因となるだけでなく、脳や臓器にもダメージを及ぼすことです。

脱水が脳梗塞を引きおこす

脱水になると身体に異変が起こります。体液が多い脳、消化器や筋肉などには特に異変があらわれやすくなります。症状として、頭痛、めまいや立ちくらみ、吐き気、食欲の低下、足がつる、集中力や記憶力の低下などがあり、ひどくなると、けいれんが起きたり、意識を失うこともあります。

そして、最も危険なのが脳梗塞を起こすことです。体内の水分不足によって血液がドロドロになることが大きな原因です。血液の濃度には、気温の変化も深く関係しています。気温が高い時は体内の熱を発散しようと血管が拡張することで血圧が低下しますが、汗をかくことで水分と電解質が失われて血液が濃くなり、血管が詰まりやすくなるのです。ですから、炎天下での農作業やスポーツにはじゅうぶん注意が必要です。

また、気温が低くても注意しなければなりません。寒さが刺激となって血管が縮みやすく、血液の粘度も上昇するため、血液中の水分不足でドロドロの状態だと脳梗塞や心筋梗塞のリスクが高まります。冬場は、インフルエンザやノロウイルスといったウイルス感染による脱水(大量発汗、嘔吐や下痢)に気をつけましょう。

桜島 活泉水で身体を健康にする

私たちの身体は加齢とともに体内の水分量が減り、さまざまな機能が衰えていきます。年齢を重ねるに伴い、健康を維持するために、水分補給を真剣に考えて良い水を摂取したいものです。

九州 桜島の水 活泉水は、体液に近いミネラルバランスをもった天然温泉水です。また、油脂と混ざる珍しい性質をもっています。血管の内側に付着した脂肪を溶かし、血液をサラサラの状態にするのに期待できます。

桜島 活泉水について詳しくはこちら

高麗人参は水太りの人には欠かせない(効能一覧)

一般的に水太りの人は冷え症体質です。これは細胞の中や細胞と細胞の間に悪い余分な水ががたまっているせいです。これが原因で食べてもそれが正常な「代謝サイクル」に乗りきれずに空回りしてしまうのです。そうすると消費するカロリーが減ってためこむカロリーのほうが多くなり、だんだん体に脂肪がついて太ってしまうのです。この状態は当然に水分もたまっています。こうした水太りの人が痩せるためには、血液の流れをよくし、体を温めて冷えをとらなければなりません。体が温まってくれば体内のわるい余分な水が排出されはじめ、新陳代謝が活発になって「代謝サイクル」にのれるようになります。こうなると消費カロリーが増加し意外に簡単に痩せるのです。代謝サイクルにのせるために高麗人参が必要になってくるのです。

高麗人参は主に北方中国や韓国の山岳地方に自生しているものです。中国の薬の本にはすでに2千年も前から高麗人参が長生きによい、薬として書かれていました。
腎臓、肺などに作用してその働きを活発にすると書かれています。すばらしい働きがもう2千年も前から知られていたのです。
貧血を改善する
冷えは心臓の働きを弱めて、血圧を低くします。高麗人参には心臓の働きを強くし、血圧を正常にし、血液の流れを改善する働きがあります。もともと水ぶとりの人は胃腸や肝臓の働きがだんだんに悪くなり疲労感、便秘、下痢などの症状があらわれます。体が冷えているために貧血になってしまうのです。高麗人参は悪い水をとりながら、胃腸の働きを改善し、血をつくる鉄やたんぱく質、ビタミンなどが充分に吸収されて利用されるようになる一方、骨髄の中の血液をつくる細胞を刺激して働きを活発にします。
副作用がない
心の沈静作用効果もあるので、ノイローゼ気味、自律神経失調症などの人によく効きます。ストレスからくる胃腸の痛みや不快感などにも効果があります。糖尿病などの人の喉の渇きを鎮める作用もあります。このほかにも手術で大病をして体力が衰えてしまった人にも効果があります。当然、副作用もなく広範囲に様々な効果を発揮します。

はとむぎの効能(強力な利尿作用)現代人に多い痔の悩みも改善

はとむぎは、古くから生薬として利用されてきました。主な働きは、皮膚や粘膜の血流を改善し、便秘も解消してくれます。
はとむぎで予防、改善が期待できる代表的な症状は

  • シミ
  • ニキビ
  • いぼ、水いぼ
  • 尖圭コンジローマ
  • インフルエンザ
  • ガン(肺ガン、皮膚ガンなど)
  • ポリープ
  • リウマチ、神経痛
  • アトピー性皮膚炎
  • 糖尿病
  • 脂質異常症
  • 便秘、痔
  • 肥満
  • むくみ
  • 肩こり
  • 冷え性
  • 五十肩
  • 生理痛
  • 不妊症

など多種多様です。

はとむぎには様々な効能がありますがそれをひとつひとつ見ていきます。

歴史

はとむぎは、イネ科の1年草で、麦ではなくトウモロコシの近縁にあたります。原産地は、インドネシア半島と推定され、中国では古くから食用として栽培されてきました。
後漢(西暦100~200年)の頃、はとむぎを栽培したとされる馬援将軍は、ハトムギを食べていたおかげで70歳を超える老齢でも遠征から問題なく帰還できたと伝えられています。また、その昔、不妊に効果があったという伝承もあります。

日本では、江戸時代に小石川薬園において、徳川八代将軍・吉宗によって栽培が奨励されていました。

構造

はとむぎの構造は、外側から外殻、薄皮、渋皮、子実の4層になっています。このうち最も内側の子実は「ヨクイニン」という漢方薬の生薬としても利用されており耳にしたことがある人も多いと思います。中国最古の「神農本草経」では、ヨクイニンは上薬(身体を快調にして不老長寿に効果がある薬)に分類されています。

そして、現代では、はとむぎについては美容から病気の予防、改善まで多岐にわたる薬理作用が報告されています。これまでに報告されてきたはとむぎの機能性は、子実(ヨクイニン)に関するものがほとんどでしたが、実は、殻や皮の食効にも注目が集まっているのです。
最近では、子実以外の殻や皮の部分にも多くの有用成分があることがわかってきました。

元来、植物は外敵から自分の身を守るために外側に多くの防御物質を備えているものです。ただ、はとむぎの外側、特に外殻はかなりかたく食用には不向きでした。最近は、吸収されやすい加工技術も発達してきてはとむぎの効能を余すことなく吸収できるようになったのです。

利尿作用の効果で「悪い水」をどんどん排出する

はとむぎには利尿作用があります。これは昔から有名です。これははとむぎが体の中のいらなくなった老廃物をどんどん排出し、新陳代謝を活発にするためです。
このおかげで水分代謝もよくなり「悪い水」をどんどん排出するのです。はとむぎが便秘に効果があるのもこの新陳代謝アップの効果のためです。現代人は、味の濃いもの、添加物や化学調味料を口にする機会が多く、むくみやすい食習慣になっていますので、はとむぎ茶を飲むと余分な水分を排泄してくれます。

女性が喜ぶ美肌効果

はとむぎの美肌効果はとても有名です。手の荒れがなくなったり、にきびがでなくなったり、シミ、そばかすがなくなった、という例が数え切れないほど報告されています。体の中が活発化してくると肌にも影響しキレイになるのです。

現代医療においても皮膚科では「ヨクイニン=はとむぎ」の粉末が処方されるケースが多々あります。

病気も予防 肛門の病気に最適

どんな病気に効果があるかというと、シミ、いぼ、肌あれ、肩こり、痛み、化膿症、発熱、神経痛、リウマチ、関節炎、腫瘍、内臓疾患などです。はとむぎの腫瘍に対する効果が高いことから、抗ガン作用にも使われるようになっています。これらも大事なことですが、病気を予防する効果には期待が寄せられています。

また、現代人の悩みである痔の悩みが血流と便通を促すはとむぎで回復
日本人の約3分の1が肛門の病気「痔」を患っています。製薬会社が成人男女に対面アンケート調査を行った結果、約36% の人が「自分は痔である」と答えました。

しかし、実際には、自分が痔であることに気づいていない人のほうが多いのです。痔を大別すると、痔核(いぼ痔)・裂肛(切れ痔)・痔療(あな痔)の3種類があります。

日本人の痔で一番多いのは痔核で、男女ともに約6割が痔核です。
痔核は一種の動静脈瘤で肛門の構造が招く病気です。

肛門は、筋肉(内肛門括約筋・外肛門括約筋)と粘膜だけではピタリと閉じることができず、約1ミリ程度のすき問ができてしまいます。

そのすき問をふさぐため、肛門の粘膜の下には、動脈や静脈の細い血管が草むらのようそうに集まった動静脈叢・平滑筋(意思に問係なく滑らかに運動する筋肉)・弾性線維でできた結合組織があって、クッションの役割を果たしています。とが、肛門のクッションをつなぎ合わせている部分が、30歳を過ぎるころから老化して崩れ、断裂し始めるのです。

排便時に強くいきむと、腹庄によって肛門のクッション部に約200 mmHGの圧力がかかります。200 mmHGというのは、脳の血管ならば破裂してもおかしくないほどの高い圧力です。

肛門の粘膜下にある細い動静脈は、約200 mmHGもの圧力によってコブ状に盛り上がり、結合組織の断裂した部分から突出して垂れ下がります。これが「痔核」で、形がイボに似ているため「イボ痔」と呼ばれているのです。

1時間座ったら10メートル歩く

便秘のほかに、血流不足も痔の大きな原因です。イスに座ってパソコン操作や書類作成などを行っていると、上半身の体重が腰や肛門に集中してかかるため、その部分の血流が不足し、うっ血を起こします。

薄着や冷房のかけすぎなどによる体の冷えも、肛門周囲の血管にうっ血を招く要因です。うっ血を防ぐには、1時間座ったら、一度、席を立って10メートルほど部屋を歩くことをおすすめします。用がなくても、トイレまで行って帰ってくるだけでもよいのです。

痔は男性の病気とというイメージが強いのですが、最近は、女性の方が多くなっています。女性の社会進出に伴ってストレスが増加したり、朝のお通じの調子が悪く便秘体質の人が増えているせいです。

女性は、仕事中や外出中に便意を催しても、トイレに行くのを我慢することが多くなります。また、ダイエットや偏食によって、腸の蠕動運動(便を先送りする運動)を助ける食物繊維やビタミン、ミネラル(無機栄養素)なども不足しがち。さらに、女性は生理前にホルモンの作用で腸の働きが鈍くなて、蠕動運動が弱まります。

女性の場合、こうした要因が重なって便秘になり、硬い便をいきんで出すうちに痔になる人が多いと思われます。つらい痔を予防・改善するゝうえで最も重要なのは、便秘をしないことと、血流不足を招かないこと。普段飲んでいるコーヒーや紅茶をはとむぎ茶に変えるだけでも効果があります。

はとむぎがイボ痔にいいのは、ハトムギに優れたイボ取り作用があるためと思われがちですが、実は、イボとイボ痔は性質が全く異-なります。

イボは、表皮の角質細胞が変化してできた腫瘍の一種。対して、イボ痔は、肛門周辺に血液がたまって血管が膨らんでいる状態です。

ハトムギの多彩な働きのうち、イボ取りに働くのは抗腫瘍作用であり、イボ痔には、便通や血流を促す働きが役立ちます。

また、切れ痔の場合は、便が硬くならないよう注意するとともに、裂傷ができた部分を1日も早く回復させるため、肛門付近の血流をよくして、皮膚の新陳代謝を高めることが大切です。

これにも、はとむぎに含まれる食物繊維やビタミン・ミネラルなどの成分が、大いに役立つと考えられます。

痔のせいで体力を消耗した人に、はとむぎ茶は特におすすめです。はとむぎ茶には、たんばく.質やビタミン、ミネラルが豊富に含まれているので、多めに取れば体力増進にも役立ちます。

はとむぎの粉末は、においや味にクセがないので、さまざまなとり方を楽しめます。コーヒーや紅茶をはとむぎ茶に切り替えるといいことばかりです。

過去に痔を経験している人も、便通や血流が良好な状態に保てるように、ふだんからはとむぎ茶をとるといいでしょう。

インフルエンザのウィルスが減ると判明

はとむぎが持つたくさんの機能のなかでも最近、特に注目が集まっているのが、抗腫瘍作用です。中国では、はとむぎの子実から抗ガン剤が作られていて、肺ガンをはじめとする進行ガンの患者数百万人に使われています。ロシアでもこの薬がすでに認可されています。アメリカでも臨床試験中です。

子実だけでなくはとむぎの殻や皮にも同様の働きが隠れています。例えば、リンパ球(免疫細胞)が活性化することによる抗ウィルス作用や抗腫瘍作用は、子実だけより殻や皮も利用したほうが数十倍も高いのです。
抗ウィルス作用や抗腫瘍作用があるということは、尖圭コンジローマや子宮頸がんなどのウィルス感染による病気にも効くということなります。
さらにはとむぎには、抗紫外線作用というメカニズムが報告され、近年、増えつつある皮膚ガンの予防にも期待大です。

最近の研究では、インフルエンザへの効果が明かにされました。動物実験ではありますが、はとむぎエキスがヒH1N1型インフルエンザを減少させることがわかりました。ウィルスを減少させることが確認できたのです。予防のみならず、感染してからでもウィルスを減らす可能性がでてきました。

痛みやアレルギーにも

はとむぎはその昔からさまざまな痛みに効くといわれていて神経痛や生理痛、リウマチの症状にも効果アリだというのです。これは、抗炎症作用によるものです。リウマチの方がはとむぎご飯を毎日茶碗1杯食べていたら症状が軽減した例もあります。補助療法としてはとむぎを利用するのもひとつの方法です。

そして現代人に増えているアレルギー症状です。はとむぎは、抗アレルギー作用もあり、軽症のアトピー性皮膚炎にも有効です。はとむぎ茶を飲めば、肌質の改善効果が期待できます。アトピー症状がひどい患者さんにヨクイニンを処方する皮膚科医が増加しているのもこうした作用からでしょう。

いくら食べても太らないのに栄養価が高い

はとむぎは、高カロリーです。たんぱく質は玄米の約2倍、脂肪も2倍以上あります。それなのに太らないというのは、どういうことでしょう?

これは、はとむぎに含まれている食物繊維の多さのおかげで体内での新陳代謝がよくなるためです。排泄される際には、水分や脂肪分を一緒にだきこんで排出するのです。はとむぎの栄養価の高さは、繊維質やたんぱく質や脂肪だけでなくビタミンB1、B2など非常にバランスが整っています。満腹感は、食べ過ぎを防ぐのでダイエット食品としても活躍してくれそうです。

中国書には「身体を軽くし元気をあふれさせる」と書かれています。身体を軽くする、というくらいですのでダイエットにはピッタリです。

糖尿病にも

はとむぎは、食後の血糖値を急上昇させにくい食品(低GI食品)です。つまり、膵臓への負担が少なく血糖値が高い糖尿病の方にはオススメです。

肩こり、腰痛、50肩

はとむぎの有効成分の1つであるコイキノールには筋肉の緊張を抑え、痛みを緩和する筋弛緩作用があります。肩、首のコリ、五十肩を和らげることができるのです。

ヨクイニンは体を冷やすというデメリットがあるの?

古くからはとむぎの子実には体を冷やす作用があると言われてきました。しかし、外皮には血管を拡張させて血流を改善する作用が確認されています。子実だけでなく外側成分を含むはとむぎ茶ならこうしたデメリットも気になりません。

はとむぎについての注意

はとむぎのすばらしい効能、効果にもデメリットがあります。それは妊娠しているとき、妊娠しそうな時は、はとむぎを食べてはいけません。妊娠初期に食べてしまうとせっかくのはとむぎの効能が逆にでてしまい、流産してしまうのです。

このようにはとむぎは、食用に薬用に世界中で用いられてきたわけです。言い換えれば歴史と伝統をもった健康食品ということになります。



100%鳥取県産の素材
【森下薬農園の鳥取はとむぎ茶】

イサゴールは40倍にもふくらむ

ダイエットは「お腹がすく」と思っている人は多いものです。これは先入観ですが、これを機会に「食べながら痩せる」ダイエット方法が増えました。
「お腹がすく」という生理現象を我慢するのがやはり大きなストレスになってしまうのです。これはどんな人も同じです。結局、これが原因で痩せることまでを諦めてしまう人が多いのです。イサゴールは胃の中に入ると水分を吸収してふくらむ性質があります。胃の中では40倍にも膨らむ性質があるのです。これが空腹感を感じることなく痩せることができるのです。そして一番は副作用もなく体に害を与えることがありません。それどころかかなりの効用があります。インドで何千年も愛用されてきた理由がわかります。

イサゴールは現代型栄養失調の日本人に最適なダイエット方法

最近の日本人の食生活はとにもかくにも欧米化が進んでしまい、どんどん変わっていきました。日本では、動物性たんぱく質や脂質が増え、逆に炭水化物や食物繊維の摂取量が減少しました。そのために繊維分が不足してきました。現代のこうした欧米化してしまった食事の中で十分な食物繊維を摂取するには、少し無理があります。特に若い世代は不足が顕著です。

これまで理想のバランス食と言われ、世界のお手本だった「和食」は崩れ、豊かさの中での現代型栄養失調を懸念しなければいけない状況になっているのです。今こそ各世代の人々が健康長寿のための食生活を考える必要があります。質素な粗食がいいことは頭でわかっていても舌が肥えてしまった現代人にそうした粗食に戻れるか?というと戻れないのです。

戟時中の食生活も栄養失調ですが、現在の食生活栄養失調であることに変わりはないのです。

石炭ストーブを例にとるとわかりやすいのですが、私たち日本人を石炭ストーブにたとえるなら、燃料としては石炭が最良であるはずです。そして、私たち日本人にとっての石炭とは、穀類やいも類を主食として、季節の野菜や豆類、海草類、魚介類を中心としたものになります。

しかし、戦後の栄養教育は、欧米の石油ストーブやガスストーブの真似をして、石炭ストーブに石油やガスを入れることをすすめてきたのです。
当然、不完全燃焼になりますし、火災の危険性さえあります。実際、現在の日本人は、石炭ストーブに石炭だけでなく、石油やガスなどの燃料をどんどん入れています。入れすぎるくらい入れています。燃料を入れすぎたために、今度は、空気(酸素) がうまく入らなくなっているのです。

空気が不足しているために、不完全燃焼のような状態になっています。つまり、火は消えてはいないが、完全燃焼しないくすぶった状態〜私たちの食生活は、このよぅな状態にたとえることができるのではないでしょうか。
これが、正しい表現かはわかりませんが、「現代型栄養失調」なのです。

そこで健康のためにもダイエットにも効果的な食物繊維はないだろうか?というところで行き着いたのがインドのイサゴールです。

健康に関心のある人であれば、食物繊維の重要性はわかっています。そこで食物繊維がたくさん含まれている食品として玄米がいいことはわかっているのですが、やはり味がいまひとつ、ということで食べることができない人が多いのです。

現代人は口あたりのいいもの、やわらかいもの、甘い味を好むので玄米などは口に合わないことが多いのです。これではダイエットは成功しません。その点でもイサゴールは条件が揃った食品といえます。口当たりがよく、淡泊な味なのです。料理に混ぜても不味くならないのはダイエットには最適だといえます。

何千年前から愛用されてきたイサゴール

「悪い水」を排出してむくみをとり、スリムになるためのイサゴール高麗人参、そしてはとむぎについて詳しく見ていきます。

5キロから10キロを目標に確実に痩せるためには、「悪い水」を取り去ることが必要でした。イサゴール高麗人参そしてはとむぎは、この目的にかない、また体の新陳代謝を活発にするために驚くほどの効果を発揮します。
また、現代には食物繊維が不足していてこれが「太る原因・痩せない原因」になっているのは解説したとおりです。
イサゴールは「食物繊維の王様」といわれるくらい繊維分を多く含んでいます。また、はとむぎは栄養価が高いことでも知られていますが、繊維分の多く含んでいます。玄米の3.2倍、白米の10倍です。ここ最近の医学の研究では、繊維分は、たんぱく質、炭水化物、脂肪、ビタミン、ミネラル、水に続く「第7の栄養素」として脚光を浴びているほどです。
これらの3つの食品はそれぞれ「何千年も前から愛用されてきた自然食品」なのです当然、副作用などはありません。代謝をあげるためには必須の食品なのです。。

続けて食べていると、自然に体力がつき、体の働きを活発にし、痩せているというものです。

イサゴール週末ダイエットの7日間

第1日目
いよいよイサゴールダイエットです。夕食は6時までにすませる。腹八分目までにします。代謝をあげるために体をお風呂で温めます。半身浴がいいでしょう。39度のお風呂にみぞおちくらいまでのお湯を入れて30分程度入ります。食後にイサゴールも飲みます。
第2日目
第2日目から痩せるための体質用の食事をします。りんごを3回食べます。それ以外水分やお茶だけです。
第3日目
この日も絶食です。水分やお茶のみです。朝、大量の便が出れば成功です。
第4日目
この日からの食事が大切です。塩分を減らし、おかゆを食べます。おかゆは3回食です。水分、お茶は欠かさずにとります。
第5日目
通常食が食べられますが、量を気をつけます。また脂っぽいもの、塩分については極力避けます。
第6日目
体重計に乗ると嬉しさがこみあげてきます。5日目と同様です。
第7日目
最終日です。この日ぐらいから軽い運動をはじめるといいでしょう。薄味、少食に慣れてくる頃です。

はとむぎ

はと麦(ハトムギ)は中国南部から東南アジアを原産地とするイネ科の一年生作物。種実は古くから健康、美容のために用いられてきました。たんぱく質、カルシウム、カリウム、ビタミンB2などを豊富に含みます。
やせた土地でも育ち、病害虫にも強い植物です。昔から多彩な薬効に注目されており、肌を白くすることや、くすみをとることは有名ですが、それ以外にもガンや腎臓病、アトピー性皮膚炎、リウマチ、肩こり、便秘など現代人が悩む病気や症状に効くことが明らかにされてきました。
はとむぎ茶を飲むもよし、はとむぎをご飯やおかずに加えて少量食べるもよし、はとむぎを食べて元気で若々しい体を維持しましょう。

ある婦人科の医師は、はとむぎの研究のきっかけをこう話しています。

ある患者さんが外陰部に「尖圭コンジローム」というウィルス性のいぼができて手術予定だったのですが、いざ手術を行う日になっていぼがキレイに治っていたというのです。話を聞くと「おばあちゃんが作ってくれたはとむぎを食べた」というのです。

患者さんの祖母に話しを聞き、ほかの患者さんにも食べてもらったところ、「尖圭コンジローム」が次々に改善していったのです。これがきっかけではとむぎの研究がはじまりました。

ガン、アトピー、糖尿病、婦人科系の病気、痛み、肥満を撃退する薬効に満ちあふれるはとむぎのチカラはこちら。です。

高麗人参

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

高麗人参 粒タイプ(紅参) 『神秘の健康力』90粒入り
価格:7560円(税込、送料別) (2017/11/4時点)

高麗人参はウコギ科の植物です。朝鮮人参、オタネニンジンともいいます。根の先が二股あるいはいくつかの股に分かれているのが特徴です。その形が人に似ているために「人参」と名付けられました。

年齢に負けない元気と若々しさを!

二千年に渡って愛されてきた「高級和漢素材」、 それが高麗人参。昔から「いい!」と言われているものにはワケがあります。
『神秘の健康力』は、高麗人参の中でも特に珍重される「紅参」を原料に、有用成分をギューっと凝縮した粒タイプ。 風味や苦味が抑えられ、飲みやすく、吸収性が高いのが特長です。

  「グッタリ感が気になる」「最近、健康に自信が持てない」「ゆっくり休めない」 「年齢を気にせずに、若々しくいたい」そんなあなたに、ぜひともおすすめします。

「朝からどんより…な毎日が劇的に変わった!」
「色々試したけど、こいつは違う」
ご愛用者様から喜びの声が続々。 さあ、今度はあなたが実感する番です。

『神秘の健康力』は、厳選された材料だけを使った健康食品。 高い基準をクリアした日本国内の工場で、厳重な品質管理の下、製造された安心・安全なサプリメントです。

高麗人参の仲間、紅参の効能効果ならこちらです。

特定保健用食品のイサゴール(成分、飲み方、効能、効果、味など)

食物繊維たっぷりのイサゴールはこちら

イサゴールとは

イサゴールの主成分の「サイリウムハスク」は保水性と膨張性が高い食物繊維で、お腹の調子を整える、コレステロールを下げるという2つの働きが認められています。特定保健食品に認定されています。
「サイリウムハスク」はインドでは古くから食用とされているオオバコ科の植物、プランタゴ・オバタの種を包んでいる種皮です。成分の80%が食物繊維で、水溶性と非水溶性の食物繊維をバランスよく含んでいます。

特定保健用食品(トクホ)とは

○食生活において特定の保健の目的で摂取する者に対し、その摂取により当該特定の保健の目的が期待できる旨の表示を行うもの。平成30年9月3日現在、1,053件の食品が特定保健用食品の許可を受けている。

特徴

  • 植物せんい(プランタゴ・オバタ種皮)の膨潤作用で自然な排便リズム
  • センナエキスは腸のぜん動運動高め,弱った大腸の働きを活発に促す。
  • 飲みやすい細粒
  • 携帯しやすい分包包装

成分(2包(5g)中)

  • プランタゴ・オバタ種皮末 3.965g
  • センナ実末 0.5g
  • センナエキス 0.3g
  • センナ 6g

飲み方

お召し上がり方は簡単!
冷たい水に溶かすだけ。ストローで混ぜながら飲むと最後まできれいに飲めます。ストレスで夜、寝付きが悪いなどの症状がある人は冷たい水を避けたほうがいいでしょう。
常温のほうが効果的です。

イサゴールを飲んだ後は、水分を少し多めにとる(コップ1杯程度)とより効果的です。

イサゴールの味

「イサゴール青りんご味」は本当に味もよく苦味がなく続けられます。
京都 山田園茶舗の厳選された上質な抹茶を使用した抹茶味もあります。

効能、効果

便秘。便秘に伴う次の症状の緩和:頭重,のぼせ,肌あれ、吹出物、食欲不振(食欲減退)、腹部膨満,腸内異常醗酵、痔
普段から食べ過ぎ傾向にある人にも最適です。

効きすぎなどで下痢になってしまった場合は、量を調節して減量(1包を半分にするなど)するといいでしょう。逆に効きが悪いときは少しずつ増量します。

体に負担をかけずに快便を促す方法がベストです。

イサゴール

イサゴール