投稿者「young」のアーカイブ

時間がない中でも運動できるか?何の為のトレーニングかを考える 忙しくてもできるリーマンは筋トレを欠かさない

Question

時間がない中でも運動できるか?

Answer

自分に合った方法で十分可能

忙しいので運動ができるか心配

忙しいと先送りされるのが運動です。忙しいと、つい仕事や家事を言い訳にしています。実際、今日中にこの仕事を上げなければいけない、終電まであと15分、などのように時間に迫られている環境で運動時間を確保することは難しいと思いますし、そんななか運動しなければならないとも思いません。

最近、ビジネス系の男性誌でも「忙しいなりにも時間をやりくりして運動をしでいる人が本当の仕事ができる人」と多数紹介されています。世界中を駆け回り忙しそうにしていでも、運動時間を確保している方々がいます。彼らは、どうやって時間を確保しているのでしょうか?
いい仕事のためのジム通いなんです。仕事の合間をぬってとレーニングしているわけではなく、仕事のためにトレーニング時間が大事なんです。

忙しくても運動している人の共通点

この人たちの共通点が、1つだけあります。運動すること自体を「しなければならないこと」と思っていないということです。「しなければいけない」どころか「やりたくてしようがない」と思っているということです。やりたいから何とか仕事をやりくりさせているといったところでしょう。

特に難しい仕事、出口の見えない仕事を日々行っているドクターなどは、よい仕事をするためにジムに通ったりしています。特に外科医は、夜遅く、朝、早い、そして病院での到着といったように忙しいのです。

そうなんです。いい仕事のためのジムなのです。筋力トレーニングのための筋アップのための筋力トレーニングではなく、ストレス発散のための筋力アップや、息抜きのための筋力アップ…そんな考え方に変えてみてはどうでしょうか?

今、定期的に2 つのスポーツを自分のためにやっています。ランニングとテニスです。ランニングは、週1回練習会に出てハードに自分を追い込む練習をし、そのほかは自分が気持ちよいと感じる範囲で走ります。
テニスは週1回、コーチにプライベートで教えてもらっています。原稿を書いている今日は月曜日で、いつもなら午前中テニス、夜にきついランニングの練習会です。原稿の締め切りが迫っているにもかかわらずテニスは行きましたが、練習会はさぼりました。

テニスは楽しくてたまりません。ボールを打ったときのあの感覚や、ゲームの要素がたまらなくストレス発散になります。しかし、ランニングの練習会は走力を落とさないように自分に課していることでもあります。したがって、こちらをさぼってしまうのです。

寒いときは運動したくない

Question

寒いときは運動したくない

Answer

やる気がないときは無理にやっても仕方ない

やる気がないときはどうするか

誰にでもやる気がないときはあります。特に寒い時期は、家から出たくなくなるでしょう。絶対にしなければならないということがなければ誰でもさぼりたくなります。それでOK です。

さぼった・さぼらなかったは、1日単位で考える

あのイチロー選手だって、人間ですからさぼったことは絶対あるはずです。しかし、彼は野球自体をさぼってはいないのです。1日という非常に短い単位でなら、誰でも何かしらさぼってきたと思います。したがって、あなたの意志が弱いのではないのです。「今日はさぼったかもしれないが明日はわからない」と思ってください。そうすれば、いつか自然とまたやり出す時期が来ます。そうなったらまたゆっくり始めていけばいいのです。

寒い日にやる気を出す方法

  1. 気温や天気で運動をする日を決める
    天気予報で0度以上になったら運動する0度以下になったらしなくでもよい、など自分なりのルールを決めましょう。寒いからさぼったという罪悪感をもたなくてすみます。私は、雨の日はランニングに行かなくてよいと決めています。
  2. コースを2つつくる
    ランニングの場合、いつも決まって走るコースがあると思います。そのコースよりも半分ぐらいの距離のコースも作っておきます。「10 キロはきついけど6 キロなら行こうかな? 」と思うことで、続けられています。
  3. オフ期を決めてしまう
    プロのアスリートでも、休む時期(オフ期)があります。「一番寒い2月は私のオフ期! 」と決めてもいいじゃないですか。

座禅や瞑想、呼吸法はダイエットできる?

Question

座禅や瞑想、呼吸法はダイエットできる?

Answer

ストレスで過食をしてしまう場合には効果が出ることもある

セロトニンアップのための健康法では、セロトニン神経の構造が変化してたっぷり放出される。と紹介されています。ストレスが解消されて体の余分な緊張がとければ、代謝ももとにもどって痩せることができます。二次的かもしれませんが、心身のストレスは、ダイエットの側面からみても天敵といえるでしょう。

二次的な効果に期待

最近、呼吸法のみでおなかが凹む、ダイエットできるということがいわれでいますが、、基本的には摂取カロリーを減らす、有酸素運動などで消費カロリーを上げる、筋トレで筋肉量を増やし代謝を上げる。などを実践しないと無理です。

座禅や瞑想、呼吸法は、消費カロリーだけで見ると座っている状態で消費するカロリーとほとんど同じです。つまり、「座っているだけでダイエット効果がありますか? 」といわれているのと同じことになってしまいます。

息が上がりきついと感じる呼吸法を何度くりかえしても、消費するカロリーは微量。摂取するカロリーが高いままでは、当然体脂肪量を下げることはできません。しかし、呼吸をすることで使われる筋肉があります。それらを鍛えることによってスタイルが改善できることは、若干ではありますが期待できるかもしれません。
ただし、劇的にウェストが何センチ減というのは一時的なもので、摂取カロリーと消費カロリー、筋肉量が変わらなければ難しいでしょう。

ストレスマネジメントとしては、効果が期待できる

消費カロリーの観点からは難しいですが、メンタル面ではよい働きがあるかもしれません。これはヨガなどの効果と同じで、ストレスによる過食をコントロールできることで、ダイエットが成功するかもしれません。実際にヨガの先生と話をしていても、そのような効果が出ている方が多くいらっしゃるようです。ゆっくりした動作・呼吸をすることと、自分の動作や内面に意識を向けている時間が、ストレスになる要因を一時的に忘れさせてくれるのかもしれません。

たしかにストレスがたまったり緊張したりすると肩が上がり、呼吸が浅くなります。そんなときに深呼吸をすると落ち着きます。これは誰もが経験していることです。

自分に必要なことは何か?

自分はどのようなことで体脂肪量が増えてしまっているのか、ということを客観的に判断できればダイエットに成功すると思います。

  • 明らかに筋肉量が少ないので筋トレをする
  • 筋肉はあるが消費する量が足りないので、有酸素運動をする
  • 摂取カロリーが多すぎるなら、食生活を見直す
  • 食べてしまう要因がストレスなので、座禅や瞑想、呼吸法をする

このように、自分の問題点を判断し、どれが自分に合った対処法なのかを考えてみるのはどうでしょうか?

ストレスが軽減できそうな強度の低いエクササイズ

下記で紹介するエクササイズが、ストレス軽減に有効という根拠が存在するわけではありません。個人の嗜好が大きく関係するので、参考にしてください。

  1. 太極拳
    動作がゆっくりで、想像以上に筋力を使います。飛んだり跳ねたりすることによって関節を痛めるおそれがある高齢の方にはおすすめです。ゆっくりとした動作が、自分のからだに意識を向けてくれます。
  2. ヨガ
    ヨガといっても、消費力ロリーが上がりそうなハードなものから瞑想が中心のものまで、最近はさまざまな種類のものがあります。どの種類のヨガも、呼吸をとても重要としています。誰もができる呼吸という動作を、さまざまなタイミングや使い方に変えることは、ほかの運動の動作を習得するよりも、比較的簡単にできます。
  3. ウォーキング
    ウォーキングもメンタル面に効きます。消費カロリーを考えるのでなければ、ゆっくり歩いてもよいのです。ゆっくり呼吸しながら歩いてみでください。考えごとをするとき、家でイスに座ってアイデアを放り出すよりも、歩きながら考えたほうがひらめくこともあります。「運動」と思わず、「心のリフレッシュ」または「リラクセーション」と思うと、ハードルが下がりませんか?