女性の皮下脂肪はなかなか減らない

Question

女性の皮下脂肪はなかなか減らない

Answer

女性ホルモンの影響で蓄積されやすいのは間違いないが、有酸素運動で解消できる

女性の皮下脂肪について

女性と男性の体型の違いは、丸みのあるからだとゴツゴツしたからだ。女性特有の丸みのあるからだを作ってくれでいるのが皮下脂肪です。つまり女性らしさというのは皮下脂肪のおかげでもあるのです。

摂取カロリーよりも消費カロリーが下回り、余ったカロリーは体内で体脂肪として蓄積されます。その際に男性は主に内臓脂肪として蓄積されるのに対し、女性は主に皮下脂肪として蓄積されます。
これは、女性ホルモンが関与していると考えられています。

したがって、女性は皮下脂肪がつきやすいのはふつうのことなのです。有酸素運動をしたり摂取カロリーをコントロールするようにすると、最初に内臓脂肪が使われます。皮下脂肪はエネルギーとして使われる優先順位が低いのです。

これが、皮下脂肪が落ちにくいといわれる理由です。そして、この作用は人間の生命にも関係する重要な作用でもあるのです。内臓脂肪が多いと生活習慣病のリスクは高くなりますが、皮下脂肪はいくら多くても生活習慣病には直結しません。

つまり、病気になるリスクのある脂肪は先にエネルギーとして使ってしまうという、人間のとても重要な作用でもあるのです。体脂肪率の高い男性が健康診断でチェックされることは多いですが、女性は高い体脂肪率でも健康体といわれる人も多いのです。しかし生活習慣病になりにくいといわれても、見た目としては落としたいものですよね。

長期にわたって継続できる有酸素運動

皮下脂肪だけを部分的に落とすことは、ほぼ不可能です。ただ、皮下脂肪がついていると思うところの筋肉を鍛え、筋肉量を増やすことで他の部分よりは若干、皮下脂肪を落としやすくなるとはいわれています。

ただし内臓脂肪がある程度減ってから皮下脂肪が落ちるので、短い期間で考えず、ある程度長期で取り組むことが必要です。

ぽっこり体型を改善したい場合、男性は内臓脂肪型なので、短期集中的に有酸素運動を行うとすぐにすっきりしてきますが、女性は皮下脂肪の厚さでおなかがぽっこりしているのですから、男性に比べたら時間がかかります。だからこそ自分に合った、楽しめて長期間継続できる有酸素運動に出合えるかがとても重要なのです。

最近では、やはりランニングが人気です。また、コアリズムやZUMBAなど、家でもできるノリのよい曲を使ったDVD系有酸素エクササイズでもいいと思います。「おもしろい」と思える有酸素運動に出合えた人は、本当に変わります。

二の腕の皮下脂肪を落とす

  1. 二の腕に筋肉をつける
    腕立て伏せは主に大胸筋のトレーニングですが、その動かし方の特徴から二の腕のトレーニングにも十分になります。男性は、よく自宅トレーニングの種目として取り入れているようです。
  2. より二の腕に効く腕立て伏せ
    通常の腕立て伏せは脇を空けたまま行いますが、大胸筋よりも二の腕に効かせたいのであれば脇を締めるとよいでしょう。ちょっときついトレーニングですが、胸よりもしっかりと二の腕に効きます。
  3. 筋力がなくても腕立て伏せはできる
    足を伸ばさなくてもいいのです。膝をついたままでもいいですし、床ではなくて机などに手をついて行ってもかまいません。15回ぐらいが限界だと感じる強度に設定して、2~3セットを週3、3ヶ月続けてみてください。

女性は筋トレしても見た目にごつくならない

気になる二の腕や内腿、おなかまわりの皮下脂肪。その部分にクリームを塗ってマッサージしたり、電気で刺激したり、ラップを巻いたり、または租塩でこすってみたり…。ダイエット商品が溢れています。

しかし、それらを行っても画期的にその部分の皮下脂肪だけが減少するようなことは科学的に証明されていません。「摂取カロリーのコントロールなし。有酸素運動なし。筋トレ不要。
これさえ使えば皮下脂肪は減る」といったものはありません。自分で体を動かして運動する以外には方法はありません。

また「筋トレをしたら、ごつくなりそう」という女性も多いのですが、もともと組織が違うので、脂肪が筋肉に変わることはあり得ません。女性は男性ホルモンが少ないので、ムキムキになることもないので安心して筋トレをしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください