朝食の必要性

Question

朝食の必要性

Question

からだのハリを保ち若々しいからだを作るには必要不可欠

情報がたくさんありすぎて迷ってしまう

朝はフルーツがいいとか、朝だけは、好きなものを好きなだけ食べたほうがいい、朝は消化の時間だから朝食は抜いて1日2食がいいなど、さまざまな情報があるのでどれを信じてよいのか、たしかに混乱しますね。

極端な糖質カットは筋肉量を減らす原因に

なぜ、人間は朝にご飯やパンを食べるのでしょうか?昔からどの国の人も朝、炭水化物を摂ることが一般的です。これは、朝のうちにエネルギーを補給する必要があるからです。

米は高タンパクで、脳のエネルギーとなる糖質の宝庫。極端な糖質カットを長期間行うと集中力が維持できなくなるなど低血糖を起こしたり、筋肉量を減らすことにもなります。朝、糖質を摂らないで運動をする習慣が続くと、体重は落ちるかもしれませんが、引き締まらず、げっそりしていきます。そういう人が美しく見えるか、若々しく見えるかといったら、残念ながら見えません。

人体は糖からエネルギーを生み出す

人間は食事から糖質を摂り、それがエネルギーになって脳やからだを動かしています。しかし、食事から摂ったものは数時間で枯渇してしまいます。

そこで肝臓に貯蔵してあった糖を引っ張り出してエネルギーとして使います。しかしこれも少なくなってくると、今度はからだの体脂肪を分解して糖を作ります。食べる=生きる(朝食抜きは肝臓に悪影響)

それと同時にタンパク質も糖に変えてエネルギーを生み出します。朝食時にタンパク質の摂取もカットしてしまうと、タンパク質の宝庫でもある筋肉を分解して糖を生み出します。
これが「糖新生」という反応で、筋肉量を減らすリバウンドのメカニズムでもあります。

そうやって、人間のからだは絶えずエネルギー(糖)を作っているのです。朝からエネルギー源である糖質やタンパク質などの栄養素がきちんと摂取できていないと、蓄えられているものが早い段階で使われ、筋肉量を減らす原因になります。

したがって、朝はフルーツだけでよいとか、食べなくてもいいということは理にかなっていないということになります。朝食にご飯と味噌汁、焼き魚、卵焼き、海苔といった和食の定番メニューは、よく見てみるとタンパク質、糖質などもしっかり含まれていて理想的といえます。

朝食に摂りたい食品と栄養素

  1. ご飯またはパン
    糖質はエネルギー源です。米はタンパク質が含まれており、腹もちもよいのが特徴です。パンでももちろんよいですが、クロワッサンなどバターがたくさん使われているものは、オーバーカロリーになる可能性があるので注意してください。
  2. 卵または牛乳
    卵や牛乳は、アミノ酸スコア100でもある良質なタンパク質です。特に運動をする日は、筋肉を減らさないためにも摂取しましょう。この2品なら朝でも比較的摂りやすいと思います。牛乳が苦手な方は、カフェラテなどにしてもいいです。

  3. 水分補給をしましょう。睡眠中にたくさんの水分が失われています。血液の水分量が少ないと血栓の原因にもなるので、コーヒーだけでなく水を飲むこともおすすめします。
    便秘解消に効果的な水(一覧)などを朝、起床したら飲むのがおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください