痩せるのは簡単」カテゴリーアーカイブ

何が何でもリバウンドはイヤ

痩せた後で注意するのはやはりリバウンドです。せっかく努力して痩せたのに、また元に戻ってしまうのはイヤです。このダイエットを3ヶ月以上続けると体質が変わってきて代謝がよくなるので痩せにくい体になります。このまま、食物繊維が豊富でバランスのいい食生活を心がけていればリバウンドは防げるでしょう。料理は薄味にしてできるだけ加工食品や精製食品を減らし、「手作り料理」を習慣にします。
こうすることで新陳代謝が活発になり、「悪い水」がたまったり、「血の滞り」があったりすることもなくなります。

さらに1日に1度は入浴し、汗をしっかり流す体質にします。たまにはサウナなどの利用もおすすめです。痩せるためのダイエットでもありますが、痩せる体質を維持する方法でもあるのです。
特別に汗の出が悪い人、尿が出にくい人、冷えや肩こり、頭痛などの症状がある人は漢方などと併用すると効果がでやすくなります。

食べることも大事ですが同時に排泄も大事

「水と脂」を排出し、痩せるためには食べることも大切ですが、同時に「出す」ことも大切です。毎日、定時に排便の習慣をもつことは、平凡そうにみえて実は痩せるための重要なキーポイントが含まれています。

トイレに入ったらすぐに排便が終わるのが一番です。快便というのは、毎日の食生活、そして食事メニューが重要です。さらに3度の食事をいつも決まった時間に摂ることも重要です。
つまり、食生活全体に関係してくるのです。よく「快食・快眠・快便」といいます。食べて、寝る、出すが健康の3大要素なのです。また、これは女性には欠かせない美容の3大要素でもあるのです。

つまり「出す」ことをヌキにして痩せることはあり得ないのです。毎日、定期的に気持ちよく出すことで「水と脂」が体にたまらないような体質をつくっていくわけです。

ストレスがたまっていたり、忙しすぎる場合には、お通じが不規則になりがちです。もちろん食生活の乱れも原因となります。
お通じをコントロールするだけでも体調はよくなります。

見直したい煮物、和え物

最近の家庭料理は、西洋料理、中華料理と非常に流行っています。ハムエッグ、ハンバーグ、野菜サラダ、スパゲッティー、シチュー、グラタン、麻婆豆腐、八宝菜など、日本料理はしめだされてしまったかのようです。これらのメニューが人気なのは、やはり食べ応えがあって、さらに栄養価も高いからでしょう。しかしl、こうした料理を食べてすらりと痩せるにちょとと無理があります。このメニューでは、食べ過ぎ、カロリーの摂りすぎになってしまいます。

ダイエットに向く料理はやはり日本料理の煮物、和え物、炒め物、おひたしなどなどダイエットには最適です。量をそんなにたくさん摂らなくても満足感が味わえるのです。これは豊富な食物繊維による効果です。