繊維質の働きは安全運転にする

血糖値の急上昇、急降下の仕組みは、車でたとえると非常にわかりやすくなります。たとえば、車を急発進させ、フルスピードで突進してから急ブレーキをかける「暴走運転」のようなものです。これでは、寿命を縮めるばかりか大事故にあう危険性もあります。
その点、繊維質のはいった食品の場合は、体の働きにちょうどいいいスピードで消化吸収を行い、血糖値もなだらかな動きをします。体への負担もごくごくわずかです。
まさに「安全運転」です。

太っている人は血糖値の上がり下がりが激しいためいわゆる「暴走運転」と同じなのです。そればかりでなく、血糖値が急に下がることは、別のトラブルも生じさせます。血糖値が下がると、大脳視床下部の中枢に「空腹だ」とというサインが送られ、急にさがると「すごく空腹だ」というサインになってしまいガツガツ食べてしまうのです。

繊維を多く含んだ食品は、この空腹感を和らげてくれる働きもあるのです。

食物繊維の王様「イサゴール」はこちら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください