塩分の過剰摂取も太る原因になる?

「わるい水」と「脂肪」というのは、なぜ溜まるのでしょうか?大きな原因のひとつに塩分の摂りすぎがあります。そしてさらにこの過剰な塩分摂取が太る原因になることを知らない人がほとんどです。ケーキや甘いお菓子類はあまり食べないのになぜ痩せないのでしょうか?こんな質問をしてくる女性は意外にも多いのです。そんな人に「漬け物や塩辛、たらこなどは好きか?」と聞いてみると、大抵の人が「塩からいものと太る原因とは関係があるんですか?」と聞いてきます。こういう人達は、「おいしい漬け物さえあればご飯は何杯でもいける」という人たちです。

塩辛いものを多くとると、自然とごはんを多食したり、水やジュースなどを摂りすぎてしまいます。そのため「水太り」タイプの肥満になってしまい「悪い水」と「脂肪」をためてしまうのです。ではなぜ塩分が「水太り」を作ってしまうのでしょうか?人間の細胞のうち、細胞外液ではおもにナトリウムが多く、細胞内液は主にカリウムが多く含まれています。この間は、生体膜という膜で仕切られています。また、このナトリウムとカリウムは一定の比率で常にバランスを保っています。この状態に塩分のナトリウムが送り込まれると、細胞外液のナトリウムが濃くなります。すると生体膜を通して細胞内液の水分が細胞外液のほうにうつってきます。このときカリウムも一緒にうつってしまいます。こうしてカリウム不足になると心臓の機能が悪くなります。充分な血液を全身に循環させられなくなると、腎臓の働きが悪化し、悪い水が溜まる結果になるのです。
インスタント食品などを多食してしまうと味付けが濃いため塩分の過剰摂取になります。インスタント食品だけでなく加工食品にも塩分の多いものはたくさんあります。
言うまでもなく塩分は人間にとって必須ミネラルですが、多食は痩せにくい体にしてしまうのです。

塩分の過剰摂取も太る原因になる?」への2件のフィードバック

  1. ピンバック: 塩辛いものばかりを食べていると太りやすい | αリポ酸ダイエット

  2. ピンバック: 塩辛いものばかりを食べていると太りやすい | αリポ酸 ダイエット

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください