冷え症解消が痩せる第一歩

日本人に多い水太り体質には、次のような特徴と症状があります。

  • 低血圧で疲れやすい
  • 肩凝り
  • 頭痛
  • 手足の冷え
  • 頭痛
  • しびれ
  • 生理不順
  • 寝起きが悪い

などこうしたいくつかの症状を複合的にもっている人が多いのが特徴です。
そして、主に太ももや下腹部といった下半身にいわゆる「悪い水」と「脂肪」と「血の滞り」があるのが特徴です。悪い水、脂肪については、いずれも新陳代謝のうち水分代謝とホルモン代謝がうまくいっていないことから起きます。女性の下半身というのは、温めていなければならない仕組みになっていて、脂肪をつけて冷やさないようになっています。一種の自衛反応です。
ところがここに悪い水や血の滞りがあると、冷え症になってしまうのです。そしてこれを自衛するために下半身にさらに水っぽい脂肪がついてしまい、太ってしまうというわけです。この悪循環をストップさせ、健康体をもとにもどすには、様々な方法で冷えを取る必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください