太腿の内側はなかなかやせない

Questionh3>
太腿の内側はなかなかやせない

Answer

脂肪のつき方、落ちやすさは人それぞれ

気になる太腿のダイエットについて

女性でぷよぷよしていて気になる箇所といえば、「内腿と二の腕」がその代表ですね。ぷよぷよしているので、、マッサージするなどで、少しは落ちるのではと勘違いしてしまう人が意外と多いのです。

しかし、それらのことでその部分の脂肪を部分的に落とすことはできません。もし可能性があるとしたら、右内腿をマッサージしている左腕の肩まわりの脂肪なら少しは落ちるかもしれません。

少なくとも右内腿の脂肪が燃える可能性よりも、はるかに可能性があります。人間のからだはどの部分に脂肪がつきやすく、どの部分が落ちやすいのかは人それぞれ違います。

脂肪がつく部位も個性があるのです。人によっては内腿が痩せにくい人もいるかもしれませんし、そうでない人もいるかもしれません。しかし、絶対に内腿の脂肪を落とすことができないわけではありません。摂取カロリーを減らし、有酸素運動で消費カロリーを上げ、内腿だけでなく、下半身全体の筋トレを行えば、内腿の脂肪も落とすことができます。

内腿の前・裏・外側の筋肉も鍛えよう

内腿の脂肪を落としたくて、内腿の筋トレばかりに執着してしまう人もいますが、それはあまり効率的とはいえません。筋肉は、1つの筋肉だけが独立して動くものは1つもありません。すべての筋肉は、その周辺の筋肉と連動して助け合いながら、いっしょに動いています。

つまり内腿の筋肉だけでなく、その周辺の腿の前、裏、外側などの筋肉もバランスよく鍛える必要があります。そうすることで結果、内腿の筋肉が効果的に増え、内腿の脂肪が他の部位よりも、少しは燃ぇやすくなるということがいわれています。また、バランスよく周辺の筋肉を鍛えることで筋肉量も増え、基礎代謝も上がり代謝の高い体質になることも期待できます。

最も効果の出ない方法としては、摂取カロリーのコントロールはしない、消費カロリーを上げる有酸素運動を行わない、気が向いたときだけ内腿の筋トレをちよこっと行い、たまに部分痩せができるとうたっているマッサージクリームで内腿をスリスリとマッサージ、それでは決して変わることばないでしょう。

内腿を鍛えるポイント

  1. 自宅で鍛える方法 その1
    バランスボールやクッションを使って行うトレーニングです。膝立ちの体勢で足の内側にバランスボールを挟み、内腿でボールをつぶす動作をくりかえします。ボールがない場合は、立位の体勢で膝の内側にクッションを挟み、同じくつぶす動作をくりかえします。
  2. 自宅で鍛える方法 その2
    自体重で行うトレーニングもあります。横向きに寝て、上にある脚の膝を軽く曲げて前に出し、床におきます。そして、→下になっているほうの脚を上げ下げします。左右の脚を交互に行います。
  3. フィットネスクラブで鍛える方法
    フィットネスクラブなどのマシンで鍛えている人は、「インナーサイ」「アダクション」などの種目が内腿を鍛えるマシンになります。

内腿に効く簡易トレーニング

さまざまなスポーツの中で内腿を最もよく使うスポーツは何でしょうか? スキー、スケートはもちろん、一時期流行ったローラーブレードも同じです。

バランスのよいからだを作るために、私はクロストレーニングをいつもおすすめしています。1つのスポーツだけをがんばりすぎてしまうことによって、いつも同じ筋肉や関節にインパクトが与えられ、結果、障害を招く場合もあります。

健康の観点からスポーツを始めるのであれば、ぜひシーズンを通していろいろなスポーツを楽しんでみてください。今はランニングブームですが、ランニングは内腿の筋肉をまったく使っていないわけではないのですが、動きの性質上、外側の筋肉が多く使われます。時にはスキーなどにもチャレンジしてみてください。
いつもかなりの距離を走っているのにもかかわらず、自分の内腿の筋肉のなさを実感すると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください