足裏が疲れたときの青竹踏みの効果は?

Question

足裏が疲れたときの青竹踏みの効果は?

Answer

ストレッチをしているのと同等

青竹踏みの効果

長時間、硬い革靴やヒールを履いているときや、夏の時期のミュールやサンダルで足裏が疲れることがあります。足裏は、縦と横の2つのアーチで土踏まずが形成されています。

このアーチが正常なことによって、地面からのインパクトを吸収し衝撃をやわらげています。シューズを履かずに歩いたり走ったり、また衝撃を吸収しにくいソールのサンダルやミュールだと負担がかかり疲れやすくなります。

そんなとき青竹踏みを行うと、疲れが軽減される場合があります。筋肉を伸ばす効果がストレッチとほぼ同じだからです。しかし、青竹踏みを行って疲労物質がどの程度、減ったなどという根拠が存在するわけではありません。

ただし、長距離のランニングなどをした直後は控えたほうがいいでしょう。ランニング後、熱をもったような感覚になることがあります。これは長時間何百回も足裏のアーチを伸び縮みさせたことによる炎症が原因なので、青竹踏みを含むストレッチやマッサージなどは逆効果です。
足底筋膜炎の原因になる場合もあるので、そのようなときはまず安静にすることとアイシング(冷却)をします。

疲れにくい足裏をつくる

  1. 扁平足を改善する
    扁平足の人は、どうしても足裏が疲れやすくなります。改善方法として、タオルギャザーというエクササイズがいいでしょう。裸足になって、床にタオルをおきます。それを足の指と足裏を使ってたぐり寄せます。
  2. ハイアーチを改善
    ハイアーチの人も足裏が疲れやすくなります。足裏の筋肉の柔軟性が下がっていることが原因なので、足裏のストレッチをするようにしましょう。
  3. ふくらはぎの筋トレをする
    下腿三頭筋といわれるふくらはぎの筋肉が、足裏のアーチ形成に関与しています。立った状態でかかとを上げ下げするカーフレイズなどが効果的です。

青竹踏みはこちら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください