これまでのカロリー式の減量では減らさなくてもいい「血と肉」まで減らしてしまう

アメリカ式ダイエットのカロリーのみを減らす方法では、日本人には合わない点がいくつもあります。アメリカ人は体全体が太っているのに対して、日本人は主に肩と下腹部、腰まわり、太股に水っぽい脂肪がついて太っています。この日本的な太り方を解消するには、「悪い水」をとり「冷え」と「血の滞り」をとることが最適です。それにこれが一番美容的にも美しく痩せる方法なのです。ところがこれをカロリー式ダイエットのみで行うとどうなるでしょう。まず体力が落ちてきます。そして減らす必要のない「血と肉」までも減らしてしまうのです。当然こうなると、血液は薄くなり、生理不順などにもなります。体調が全くアンバランスになるため結果的には痩せても醜く痩せてしまうのです。これでは苦労したダイエットも「失敗」となってしまうのです。日本人の水太り体質をしっかり理解した上で体質に合ったダイエットをしなくてはいけません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください