「タイプ7」産後太り ながら主婦タイプ

妊娠で太ったまま、出産後、元にもどらない。育児や家事に追われ、運動をする時間なんてほとんどない。昼間、ぽっかりあいた時間に、ついついお菓子に辛が伸び、食べてしまう。ばたばたと1日が過ぎ、ちょっと時間があると、横になってテレビの前でうとうと寝てしまう…

こんなお母さん方はけっこういるのではないでしょうか?妊娠中から子供のために栄養をつけなければ、とたくさん食べる習慣がついてしまっている。

その後も、子供が残したおかずや賞味期限が切れそうなものでも、「もったいない」とつい食べてしまう。こんなふうに、主婦には太る原因が生活のなかにたくさんあります。

女性は妊娠中、胎児を守るため、お腹の回りの脂肪がつきやすくなっています。さらに、いったん妊娠で伸びてしまったお腹の皮は、また伸びやすいというのも太る原因です。

身についてしまった脂肪は、低GI食を食べるようにすれば徐々に減っていきます。主婦ですと、料理も自分でアレンジできるので、ぜひ、低GI値の食材をふんだんに使った料理をしてください。

繊維質の多い野菜を増やし、玄米やライ麦パンを主食にして、卵や乳製品をふんだんに使い、バラエティにとんだメニューを考えてください。家族が低GI食を食べるようになれば、ご主人やお子さんの肥満も防げますし、健康にもなれます。産後無理はできないと、あえて動かないようにしたのが習慣になり、ものぐさなべースが身についてしまってはいませんか?

すぐに横になりたくなる習慣をがまんして、夜の就寝までは、休息するときも腰かける程度にしましょう。そして、少しでも身体を動かして体力回復に励みましょう。

激しい運動は必要ありませんが、1日1回でいいので、汗をかくように動くことをおすすめします。掃除や洗濯物を干したり、買い物に行くときに、ちょっと気をつけるだけで、いい運動になります。また、テレビを見ながらでもできるエクササイズもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください