通常の食事をしていたら糖尿病になってしまう

特定健診で検出される血糖値の基準は、ヘモグロビンA1C 5.2% です。この数値、いくら予防のためとはいえ厳しすぎると思いませんか。私は、各地の自治体から依頼されて、特定健診のデータをとりまとめています。

そのたくさんのデータを見ると、受診者のヘモグロビンA1C の平均値は5.2% 前後の地域が多いのです。つまり、健診を受けた人の約半数は、ヘモグロビンA1Cが5.2 %を超えているのです。これではいくらなんでも、基準として厳しすぎるのではないか。当初私は、勝手にそう思い込んでいました。しかし、尊敬する糖尿病専門のある医師のひと言で、目が覚めました。

「よけいに食べたり飲んだりせず、腹八分目にご飯を食べていたら、ヘモグロビンA1Cが5.0% を超えることはないでしょう! 5.0% を超えるような食生活をするから、超えるんだよ」、

うろこ目から鱗の落ちる思いでした。5%を超えるような食生活をするから、超える…。私自身を振り返ると、酒をやめ、野菜から食べる植物性食品中心の食生活に変えて11.1% あったH b A I Cが、4.2~4.7% に下がりました。

しかし、もしいままでどおりの食事をしていたらどうなったでしょう?

そういえば、こんなエピソードがありました。とある60代の男性が、糖尿病、高血圧症、脂質異常症があるということで私を訪ねてきました。血縁者でもあり、尿タンパクの数値が3+を示していたので非常に危険と考え、私(の家にしばらく泊まり込んで治療をすることにしました。

1日に2回薬を飲み、1日3回食事をとります。そして午後に散歩をします。さらにかなり多量の降圧剤、、そして特効性インスリンを投与します。食事は1日3回でトータル1700kcalですが、必ず1 日あたり700~800gの山盛りの野菜がつきます。

脂肪は1日30g、タンパク質は体重1kgあたり1gを当初の目標にしました。すると、ものの10日間で3kgほど体重が減り、ヘモグロビンA1Cも9.0% から7.5% に下がり、食後2時間の血糖値も350mg/dlから160mg/dlまで下がってきました。それから約3ヶ月たったある日のこと、私の家での生活について、自分の息子や親戚に話しているのを偶然聞いてしまいました。「おまえよりひどい食い物だった」「おまえのほうがまだましだ」

正直ショックでした。彼にしてみれば、私たちよりひどい食べ物かもしれませんが、私たち家族は毎日おいしくいただいています。私たちの食生活は、そんなに世間離れしているのでしょうか?ショックである半面、「なるほどな」と感じることもありました。

それは、世間の人の普通の食事が本当に危ういということです。生活習慣痛は生活習慣の乱れで起こるといわれて久しいですが、「現代では糖尿病をはじめとする生活習慣病は、人並みの食事をし、普通に暮らしていたら必ず起こる」これが新しい常識です。「いま、日本人はみんなで赤信号を渡っているんだ」この頃、真剣にそう感じ始めました。

生命の危機(糖尿病)はこうして脱した

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です