セレン」タグアーカイブ

セレン濃度が低い地域で1日200㎍摂ったらガン発症率、死亡率ともに低下した

セレンのガン予防効果

セレンを多めに摂ると、がんの発症率が下がるは、さまざまな研究でも確認されています。アメリカ、アリゾナ大学のクラーク氏らは、土壌中のセレン濃度が最も低いアメリカ南東の居住者1312人に、セレンを1日200㎍ 投与しました。その結果、セレンの投与によって、すべてのがんの発症率が25%下がり、前立腺がんは42%、結腸・直腸がんは54%と減少し、すベてのがんの死亡率を51%減少させたことが確認されました。

その後もクラークらは、皮膚がん患者1300人以上を対象に、臨床試験を行いました。被験者をセレンを1 日200㎍与えた群と、偽薬を与えた群に分け、これを約7年間続けました。

その結果、セレン群は偽薬群と比べて、がんの発症率が42%に減少し、がん死亡率は50%以下になったことを報告しています。この結果から、がんの抑制には、セレン1日200㎍がすすめられます。
さらに1日300㎍のセレンの摂取で、肺がん、大腸がん、前立腺がんの発症率が大幅に減少したと報告しました。

中国の幽氏らは、セレン欠乏と慢性B型肝炎が風土病である中国青海省で、2万947人の住民にセレンを毎日30~50㎍与える大規模な臨床試験を行いました。
その結果、初期の肝がんの発症率が50%低下しました。また初期の肝がんになる危険性の高い集団の家族にセレンを1日20㎍または偽薬を与えました。その結果、セレンをとった群は、初期の肝臓がんが35%減少したと報告しています。

がん死亡率とセレンの血清中濃度は逆相関する

これも中国の研究ですが、李氏らは食道がんの死亡率が世界一高い中国良郷で、抗酸化食品として、毎日βカロテン、ビタミンEおよびセレン50㎍を5年間とってもらいました。

この研究期間で胃がんと食道がんを合わせた死亡率を調べたところ、セレンなどをとらない群の死亡率は32%でしたが、とった群の死亡率は13%に減少しました。

また李氏らは、中国での追跡調査で、食道扇平上皮がんと胃噴門部がんの死亡率と血清中のセレン濃度との間に逆相関があることを発見しました。それによって、がんにかかりやすい人の血清中のセレン含有量は78 ㎍/L以下の含有量であると定義されました。

多くの研究で、セレンを多めにとることで、乳がん、食道がん、胃がん、前立腺がん、肝臓がん、膀胱がんなどに効果があったことが報告されています。

セレンが、がんを抑制するのは、その強力な抗酸化作用によって、体内の活性酸素に細胞が傷つけられないよう保護するからです。
またセレンは免疫細胞の働きを強化することで、がんができるのを抑制し、同時にがん細胞の増殖を遅らせます。さらに、セレンには有機セレンと無機セレンがありますが、有機セレン(セレノメチオニン) は、がん細胞にアポトーシス(細胞死)を促す働きがあります。
また、がんは増殖するために、自ら新しい血管(新生血管)を作つて、栄養補給を行います。有機セレンは、がんの血管新生を阻害する作用があることも、よく知られています。

セレンはリンパ球などの免疫細胞を活性化させ細胞のがん化を防ぐ

免疫力が低下するとガンになりやすい

放射線被曝で最も恐ろしいのは、がの発症率が高くなることです。がんを防ぐには、セレンを含む食事などで、体内に取り込まれた放射性物質を除去することと、免疫力を高めておくことが大切です。また、ある程度の症状や病気は自分の免疫力で治すことができます。
こちらにもガンを撃退する方法が少ないですが紹介されていますが、「卵巣ガン・子宮体ガン」袋状の臓器である卵巣や子宮は体温が低下しやすくガンが発生しやすいのように冷えと体にたまる毒素が大きく影響していることがわかってきました。これらが体の免疫力を低下させてしまうからです。

免疫というのは、人体にもともと備わっている病気と闘うシステムです。ウィルスや細菌に感染したとき、これらは免疫によって排除されます。

また、がん化する恐れのある変異細胞を見つけて、排除するのも免疫が働いているからです。放射線の影響が少ない場合でも、免疫力が低下していると、がんになりやすくなります。
免疫システムを担っているのは、白血球の免疫細胞です。

とくに、がんの予防においては、リンパ球が重要な役割を果たします。免疫システムが正常に働くためには、セレンが不可欠です。セレンによって、GPX(グルタチオンペルオキシダーゼ) が働くようになると、免疫と抗炎症作用が向上します。

GPXは、リンパ球のヘルパーT細胞を刺激して活性化させます。するとヘルパーT細胞はサイトカインという免疫物質を産生し、B細胞の「抗体」を作る働きを活性化させます。

病原菌やウイルス、がん細胞などのことを「抗原」といいます。これに対し抗体は、抗原につけられた日印です。抗体があると、マクロファージ、キラーT細胞、NK細胞などが、闘うべき抗原を見?けやすくなります。さらに、キラーT細胞は、ヘルパーT細胞が作り出したサイトカインの刺激が性化され、ウイルス感染細胞やがん細胞を攻撃します。

セレン不足はT細胞を作る胸腺の成長を阻害

しかしセレン欠乏すると、T細胞を作り出す胸腺の成長が阻害されるため、T細胞の数が減少してしまいます。つまり、免疫力を高めるためには、セレンを十分摂取する必要があるのです。

次のような臨床研究があります。2つのグループのうち、一方はセレン剤を1日200㎍飲ませます。もう一方は同じ形状をした偽薬を与えます(対照群)。これを8週間続けた後、すべての被験者の効果を、年齢、性別、体重、身長、栄養状態および生活習慣などに関係なく無作為に選んで調査。

その結果、セレンを補ったグループは、キラーT細胞が118%に増加し、NK細胞が82.3%増加しました。この結果を受けて、免疫向上のために、通常の食事のほかに、サプリメントなどでセレンを補給することをすすめています。

動物実験では、一貫してセレンを多量に与えると、がん予防に有益な結果が出ています。乳がん、肝がん、膵臓がん、皮膚がん、食道がん、直腸がんにおいて、明らかな抗腫瘍作用、がん予防効果が示されています。一方、人間の場合は、セレンを十分に含んだ食事と通常摂取量の2倍以上のセレン投与によって、50%以上の腫瘍が縮小すると報告されています。

原発事故の影響を減らすにはセレンの摂取が必要

東日本大震災と福島原発事故は東北以外の地域の人にも大きなしこりを残し、鮮魚や野菜が東北地方でないものを選んでしまいます。そして「安心・安全」ということをアピールすることも大切ですが、やはり体に入ってしまった物質をしっかり排泄することに目を向けなくてはなりません。

セレンには放射線被曝の影響から人体を守る働きがあります。原発事故が起こってから4年も経過したのに、放射能汚染は収束していません。今年に入ってからも、福島県の新築マンションのコンクリートから、高線量の放射線が検出されました。
セレンについてはこちらの健康のカギを握る抗酸化ミネラル「セレン」
https://full-power.info/archives/766

スギ花粉の飛散が始まると、スギに付着した放射性物質のセシウムが、花粉とともに大気中にまき散らされるのでないかという不安も耳にします。人が住む場所の除染は進んでいますが、森林などは手つかずの状態です。

つまり、今の日本人は大気や土壌、地下水などが放射線で汚染されたところで生活しているのです。食品を選び、外出をなるべく避ける生活をしていても、汚染された空気を吸い、汚染された食品を知らず知らずのうちに食べている可能性があります。

事故当時、ニュースなどで報道されていた放射線量とういのは、l時間あたりの放射線量です。しかし、本来、健康にとって大事なのは、累積被曝線量です。1日は24時間ですから、同じ場所に住んでいると、人体への被曝量は24倍、1ヶ月なら720倍になる計算になります。

とはいえ、大気中の放射線量は変化しますし、住居が放射線を通しやすいかどうかでも異なります。食品に含まれる放射線畳も累積でどのくらいになるのかはわかりません。したがって、自分の被曝量は、報道よりも高めに見て対策を考えるべきです。さらに放射線量の影響が現れるのには、時間がかかります。

たとばえ放射線の影響でがんになるのは10年、20年先のことです。その間も、半減期の長い放射性物質の影響は消えません。半減期とは、その放射性物質の量が半分になるまでの時間です。たとえば、セシウム137の半減期は約30年です。

30年たっても、人体に与える影響が半分にしかならないということです。私たちは放射線の影響から逃れることはできません。しかし、人間の体には、放射線の影響を減らす機能が備わっています。その機能は、食べ物で活性化させることができます。セレンはその中心的な存在ですが、それ以外にも大切な栄養素があります。