水を飲む」カテゴリーアーカイブ

睡眠中も発汗なども日中と同じ発汗がある、代謝水として就寝前の水は必須

脳神経外科の医者がよく「寝る前にコップ1杯の水を飲んで」といいますが、それは非常に重要なことです。たったコップ1杯の水が脳血栓を予防するのに十分な効果があるためです。

就寝中も昼間のように発汗しますし、小水も作られています。便中にも水分が発生しています。これを全部あわせて、不感蒸泄というんですが、その分、体内の水分が失われます。朝起きたときが、1日の中で一番、血液がドロドロの状態になっているのはそのためです。

人は1日で600~800CCの水が失われるが、夜も日中と同じように水分は失われているわけです。日中であれば、水を飲んで失われた水分を補うことができますが、寝ている間は水分を補給できないために、朝、最も血液の濃度が濃くなっているのです。
脳梗塞が、起床して数時間以内に発生する確率が高いのはこのためです。

これに関連して、トイレに行く回数を減らしたいために水分を摂らないようにするのは、とても危険な行為なのです。

お小水が近くて、夜の安眠を妨げられるからと水分を摂らないようにするのは、脳血栓の原因に直結します。もし、夜トイレに行く回数がとても多いというなら、男性は前立腺肥大の可能性もありますし、女性は膀胱周辺の筋力の低下が原因ということもあります。むしろ、泌尿器科系のアプローチをするべきであって、水分を控えてはいけません。

また、高齢になると感覚が鈍ってきて、日中にでも喉が渇いたとか、汗をかいたとか、暑いなどと感じる感覚が鈍くなります。感覚が鈍っているために若い人よりも、より水分が失われた状態にならないと喉が渇いたと感じないのです。

そのため、高齢者は血液が濃縮しやすいということです。さらに本人は自覚していませんが、皮膚も乾燥しがちで、コラーゲンが減っているために若い方よりも水分が奪われやすい状態です。

つまり高齢者ほど、水分摂取を積極的に行うようにしなければいけないのです。

人間は体内で化学反応を起こす際、水を使っています。こういう水を代謝水と呼ばれます。自分が意識していなくても水は使われているというわけです。飲水制限のある病気の場合は別ですが、血液のドロドロを防ぐためにも水は摂ったほうがいいということです。

摂り過ぎた場合は尿として排出されますので、水分過剰を心配する必要はありません。

むしろ怖いのは、血液が濃縮されることによって起こる現象です。

血液はよどむと性質が変わり、赤血球が連銭形成を起こすことが考えられます。連銭形成とは5円玉を紐でつなげたような状態に、赤血球が陥ることです。血液が流れないことにより、赤血球がくっついてしまい、さらにドロドロの状態をひどくすることです。そのため血液がまっすぐ流れるべきところで渦を巻いてしまい流れにくくなる状態です。

その状態が長く続くことで血管に傷がつくこともあります。そこでまた血液が渦を巻くのですが、これを繰り返すために亀裂した内膜が剥がれてしまい、血管を塞ぎ、脳血栓を引き起こす原因になります。それを防ぐには血液濃度を高めないことが第一条件となります。水を飲んで血液をサラサラに保ち、脳血栓の予防につとめましょう!

水分摂取にはお茶やコーヒーではなくプレーンの真水がいい理由

デトックスに特化したミネラルウォーターも!インスリンの効きを改善するものも!デトックスには白金ナノコロイドがオススメ!

ここ最近のデトックスによる健康ブームで、ただの水ではないプラスアルファ効果をもったミネラルウォーターも登場しています。
水を飲むことによる解毒効果は、誰にもわかりやすくさらに、もっと効率よく解毒をサポートする水に注目するのはここ最近の特徴です。

「毒出し」に効くのは、有害金属をつかまえる成分であるキレート成分と豊富な水になります。MSM(メチルスルフォニルメタン)などの成分が、体内の有害金属をカニのはさみのように挟んでつまみだし、体外に排出します。水銀などの尿への排出も増加していることが確認されています。

便による「毒出し」を促進させるには、オリゴ糖入りの水を。腸の善玉菌を増やして腸内環境を整え排泄をスムーズにします。
オリゴ糖をたっぷり摂りたいならこちら。ラフィノース=オリゴ糖です。

微量ミネラルのバナジウムは、血液をサラサラにします。血流改善効果により腎臓を通る血液を増やすので、尿からの毒出し効果が高まります。
さらに血糖上昇の抑制効果もあり、糖尿病を患っている人にも是非飲んで欲しい水です。

体内での毒出しに効く水もあり、「白金(プラチナ)」の微粒子です。ナノコロイド入りの水です。肥満などの生活習慣病が気になる人には、体内での酸化ストレスが高いことがわかっています。白金は消化で過酸化水素水などを消去する働きもあります。

バナジウム

富士山のバナジウムウォーター

血液中のインスリンの効きを改善し、体内の糖代謝を助ける微量ミネラル。体脂肪の多い食事などをドロドロになった血液をさらさらに保つ効能がある。血糖値の上昇を抑制し、糖尿病を予防する効果、改善する効果も期待されている。高血糖の状態が長期継続する場合、糖尿病性の便秘解消にもかなり効果がある。

オリゴ糖

富士山のバナジウムウォーター

糖質の一種で、人間の消化酵素では、消化、分解されずに大腸に届き、そこではじめて腸内細胞によて分解される。この性質により腸内で善玉菌であるビフィズス菌を増やして、便通を改善。乳果オリゴ糖は、乳糖とショ糖が原料の難消化性オリゴ糖。

白金ナノコロイド

プラチナウォーター

体内で抗酸化力が長続きするという注目の成分。白金の微粒子であるナノコロイドが触媒作用で活性酸素を消去する。酸化ストレスのある人は、腸管にも活性酸素のひとつである過酸化水素が多くなる。プラチナ入りの水はこの過酸化水素を分類し、体から酸化ストレスを取り除く。

ミネラルウォーターは、軟水のおいしい飲み慣れている味のものがやっぱりいい!という方はこちら。基本的に海外製品などはミネラルがたっぷり含まれる硬水ですが、味がいまひとつです。日本人の場合、軟水になれているので硬水が口に合わない方もたくさんいます。不味くて続かないのであれば、軟水をたっぷり習慣のほうがいいでしょう。

デトックスの基本は、1日の中でこまめに水を飲む

水を飲むのはデトックスの基本中の基本

さまざまな解毒方法があり、それぞれに特徴と効果がありますが、水を飲む、というのは基本中の基本です。

すべての細胞で水と共に代謝が行われるため水不足は毒素を排出しません。逆に毒素をため込んでしまうため気をつけなくてはなりません。
つまり、水不足は「毒だし」「毒消し」のどちらも働きを鈍らせてしまうのです。
水をを飲むことが、代謝をよりスムーズにし、全身の細胞が解毒をスムーズに行うようになるのです。

汗や尿の排出を活発にし、解毒のスピードをあげることができるのもメリットです。

デトックスに、サプリが効果的なのは確認されていますが、体脂肪からつまみ出された有害金属は、尿や汗などに溶け出す仕組みで排出されますが、体内に十分な水分がなければそれもできません。さらに、有害金属を排出するためには、尿の濃度を薄く保つことで排出がスムーズに行われます。水分が少なく尿の濃度が高くなってしまうと、有害金属などが排出されないことをよく覚えておく必要があります。

さらに、水分が足りない場合、便秘にもなりやすく、毒素の排出機会を失ってしまうことになります。

喉が渇いてから飲むではなく、1日の中で定期的に水を飲む習慣をつけてしまうことがいいとされています。
1日に1.5L程度の水を複数回にわけて飲むのがデトックスを促進させるよい飲み方です。

デトックスを高める水の飲み方

  • 常温の水を1日に1.5リットル
    人の腎臓で作り出される尿は、通常1時間に120ml程度。これを目安として1時間に1回100ml、1日の総量で1.5リットル程度飲むことを習慣に。冷やさずに常温のままで飲むとさらに吸収力が高まる。
  • 喉が渇く前に補給
    喉が渇いたと自覚したときは、既に細胞は水分不足に。そうなる前に意識して水分補給することが大切。

1日の最適な水スケジュール

起床時
軟水国産の軟水一覧
起床時は、副交感神経が優位になっているため、体が活発に機能しない。そんなときは、刺激の少ない軟水がいい。睡眠中に失われた水分の分も補給し、除々に交感神経優位にしていく。
~午後
硬水国産の硬水一覧
硬水は、カルシウムやカリウムなどのミネラルが豊富に含まれる。水分補給しながら代謝をより活発にしたい。
運動・入浴後
炭酸水など炭酸水一覧
運動後、風呂上がり、疲れた時などに、水分補給が欠かせないが、炭酸水を飲むと疲労回復、食欲増進といった効果を得られる。

体に最適な水の条件

人間の体は、およそ70%が水分でできている。水のある環境がベースとなり体内で酵素反応、代謝、解毒が行われます。当然、生命活動に水は欠かせないものです。
どうせ飲む水であれば、体のいい水を飲みたいものですが、3つの条件があります。

  1. 弱アルカリ性
  2. 有害成分を含まない
  3. 味がおいしい

です。ph8前後の弱アルカリ性の水は、ミネラルが豊富でまた、そのミネラルのバランスよく含まれます。

飲むだけで便秘改善や美肌に効果があるという桜島の活泉水は、極めて高いアルカリ度を誇る温泉水で、普通の水はpH(ペーハー)が7前後の中性ですが、活泉水はpHが8.8~9.5もあります。
活泉水はこちら。