解毒パワーのある食材」カテゴリーアーカイブ

たまねぎは解毒、精神安定、抗酸化作用にも優れ、夏バテ、不眠、シミ、しわにも有効

たまねぎの香り成分にはリラックス効果が含まれる

たまねぎは、さまざまな栄養を含んでいますが、世界中で研究が進むにつれて、まさに万能薬といえるほど意外な病気や症状に対しても効果を発揮することもわかってきました。

例えば、体内に鉛などの有害な金属がたまると、慢性疲労・食欲不振・不眠・肌荒れなどの不快症状を招きやすくなり、今の季節は夏パテする原因にもなりますが、たまねぎには有害な金属を取り除く解毒(デトックス) 作用が強力です。最強の解毒食材(たまねぎ)

具体的には、たまねぎに含まれているアミノ酸の一種のグルタチオンは、体の解毒器官である肝臓を強めて有害物質を体外に排出しやすくします。

また、解毒には、体内の有害物質を捕まえるキレート作用(キレートとはカニのはさみの意。体内の有害物質をはさみがつまみあげるようにして排出すること)が必要です。このキレート作用が行われるときに、たまねぎのイオウ化合物やケルセチンというフラボノイド(植物の色素化合物)が重要な役割を担うのです。

たまねぎには、精神安定作用や不眠を改善する効果もあり、これは香り成分に含まれているイオウ化合物の働きだと考えられます。ある試験で、みじん切りにしたタマネギを枕元に置いて脳波を調べたところ、リラックスした状態を示すα波が増えます。もちろん、たまねぎを食べることでもリラックス効果は得られます。

7ヶ月後に骨量が正常化

イオウ化合物とケルセチンには強力な抗酸化作用もあり、体内に発生する活性詫素(攻撃力の強い酸素)の害を防いで細胞の老化を防ぎます。シミ・シワなど肌のトラブルも、紫外線による活性酸素の発生が原因なので、日差しが強いこの時期は、素肌ケアのためにも積極的にたまねぎを摂るのがいいでしょう。その場合も1日にとるたまねぎの量は、4分の1個が目安です。

たまねぎで骨粗鬆症が回復したケースもあります。71歳のAさんは、1年前に骨粗鬆症によって左上腕部を骨折し、手術を受けていました。骨量は同年齢の平均値の70%と著しく低下していたため、その女性に濃縮たまねぎのサプリを毎日とってもらいました。すると、7ヶ月後には骨量が平均値の90% まで回復し、正常範囲の下限に達していました。

このような骨量の回復効果は、女性ホルモンを使った治療に匹敵します。おそらく、たまねぎに含まれているケルセチンが、女性ホルモンのエストロゲンに似た働きをしたため、骨量のアップにつながったのだと考えられます

濃縮たまねぎの口コミ、使用感、効能・効果一覧

1日1個で疲労回復効果(レモン)

爽やかな香りと酸味が特徴の「レモン」夏ばてで体がだるい、やる気がでない、そんなときに強い味方です。酸味成分である「クエン酸」がたまった疲れをスッキリ解消します。
さらに黄色の皮には解毒成分も含まれます。

クエン酸含有量では果物の中でナンバーワン!

レモンの酸味成分であるクエン酸がエネルギー代謝をアップして疲労回復に効果があります。
疲労回復効果だけでなく、血液をさらさらにしたり、ミネラルの吸収をアップさせたり、脂肪の吸収を抑えるなどの効果もあります。解毒効果としては、ポリフェノールや苦み成分のリモノイド、香り成分にも解毒酵素を活性化させる働きがあります。この成分は黄色の皮の部分に多く含まれます。

レモンに豊富な成分としてビタミンCもありますが、1個食べると1日の摂取量をクリアーします。レモンのポリフェノールや香り成分は肝臓で解毒酵素の働きを高めます。
1日1個食べること、疲れを感じる前に食べる、さらに疲れを感じた後に食べる、と効果的です。

外国から輸入されるグレープフルーツ、レモンなどには、防かび剤が塗られています。これらは体によくないので国産のレモンを購入するようにします。
せっかくデトックス効果をあげるためにレモンを食べているのに、防かび剤まで体内に取り込んでしまったら全く意味がないので気をつけます。
ビタミンCについては美肌による効果もあります。

ダイエットと便秘に効く成分が凝縮されているナッツ&ドライフルーツ

ナッツは脂肪が多い、ドライフルーツは糖分が多くカロリー過多にならないか?と心配される女性は多いのですが、そんな心配はいりません。最近のモデルさんなどはナッツやドライフルーツを携帯するのが当たり前になっています。

小腹がすいたときなどはナッツやドライフルーツを食べると解毒効果が高まります。

小腹がすいたらナッツ&ドライフルーツを!

太古の時代からナッツやドライフルーツは貴重な栄養源として重宝されてきました。
日本の場合、肉食文化が流入してくるまでの明治以前まで、脂肪分を補給する大切な栄養源でした。果物というと旬の時期に生で食べる方法が一般的ですが、干すことで保存期間が長くなるメリットがあります。
ナッツは脂肪分が多く、太りやすいイメージがありますが、ナッツの脂肪分はダイエット効果のある油分なのです。ナッツに含まれる脂肪分の8割以上がオレイン酸などの不飽和脂肪酸で健康にいいオリーブオイルの組成に似ています。オレイン酸には、体脂肪を溜まりにくくする働きや血液中の悪玉コレステロールを減らす作用もあるのです。

ダイエットの成功確率も高いとされ、その要因はナッツが腹持ちがよく、ストレスを感じにくいことにあります。体にはいい油で満腹になり、ストレスを感じずにダイエットを行うことができるというのです。
また、ナッツに多いマグネシウムには脂肪の吸収を抑制する作用があるのもダイエットに向いている食材といえます。

一方、ドライフルーツの良い点は、なんといってもその豊富な食物繊維の量にあります。便秘解消にはかなり期待できる食品です。
現代人は、1日平均で5~6gの食物繊維が不足しているといいますが、この銅鑼古いフルーツで補うのもベストな方法です。
ドライフルーツは、通常の生のフルーツよりも凝縮されている分、たくさんの栄養素を含みます。また、カバンやバッグの中に入れておくこともでき、持ち運べるのが便利です。

当然、食べ過ぎには気をつけなくてはなりません。失敗するダイエッターの中には、「良い」「効果がある」「最適」という説明があるとやりすぎ、食べ過ぎてしまう人が多いのも事実です。痩せたい気持ちはよくわかりますが、過ぎたるは、なお及ばざるが如しです。

ナッツのダイエット効果

太りにくい油

ナッツの油には、サラサラの血液や健康な肌を作る不飽和脂肪酸が豊富。中でもオレイン酸は体脂肪をたまりにくくする。αリノレン酸には血中の中性脂肪を下げる作用も。

ビタミン・ミネラルの宝庫

アーモンド一握り、33gには1日の所要量を超える10.3mgものビタミンEが含まれます。そのほかナッツにもカルシウム、マグネシウムなど不足しがちなミネラルが豊富。

ドライフルーツのダイエット効果

食物繊維源の王様

なんといっても食物繊維を手軽にたっぷりとれる。イチジクを200kcal分食べれば、摂取できる食物繊維量は7g以上。これはリンゴ2個分相当。

抗酸化物質が豊富

イチジクやブルーベリーには色素成分のアントシアニン、プルーンにはネオクロロゲン酸、アンズやマンゴーにはβカロチン、干して凝縮されているのでたっぷりとることができる。

いちじくの使用感、口コミ、効能、効果

ナッツ&ドライフルーツのダイエット効果

  • 腹持ちがいい
  • 無理なく食事の量を減らすことができる
  • 必要な栄養素をしっかり摂取できる

毎日食べたいナッツ類

アーモンド(22~25粒)
33g
ビタミンEや食物繊維を豊富に含み、そのほかのミネラルもバランスよく含む。ナッツの王道。脂肪の90%以上が不飽和脂肪酸でそのうちの70%がオレイン酸。
かぼちゃの種(110~120粒)
35g
中国では、日常的に食べているかぼちゃの種。マグネシウム、鉄、亜鉛が豊富。ほかのナッツ類と比較するとたんぱく質が多く炭水化物が少ない。
ピスタチオ(47~55粒)
33g
アーモンドに次ぐ食物繊維量。むくみをとるミネラルのカリウムがナッツ類の中ではだんとつ。
カシューナッツ(22~24粒)
36g
ナッツの中では、炭水化物量が多く甘みがあり、歯触りがいい。
クルミ(10~15粒)
30g
αリノレン酸が多い。血管を軟らかくする作用があり、動脈硬化防止になる。

ナッツには甘みがないのが残念。という人にはドライフルーツが最適。朝食のヨーグルトに入れるのが一番人気。ヨーグルトの便秘解消効果とドライフルーツの効果との相乗効果が便秘解消に効果を発揮します。
ドライフルーツの糖分がヨーグルトの乳酸菌の餌になり非常に相性のいいコンビとなります。

1日に食べたいドライフルーツ

イチジク(7~8粒)
68g
200kcal分に7.5gの食物繊維を含む。果肉には紫色の抗酸化物質アントシアニンも含む。
プルーン(8~11粒)
85g
200kcal分に6.1gの食物繊維を含む。プルーンに含まれる鉄が体に吸収されやすいという報告もある。
ブルーベリー
56~58g
目の健康にいい無皿黄色の色素成分、アントシアニンを含む。
アンズ
(10~12粒)
70g
200kcal分のビタミンAがここで紹介するドライフルーツの中でだんとつ。食物繊維もおよそ6.8g含む。
マンゴー
(58~62g)
アンズに次ぐビタミンAの含有量が多く最近特に人気。



朝、スプーン1杯で快便に解毒効果アップ(オリーブオイル)

少し健康や美容に関心のある人であれば、オリーブオイルの解毒効果は、有名ですが、オリーブオイルは、世界の健康食、伝統的地中海料理に油なのにダイエットや動脈硬化の予防、便秘解消にも役立つ健康食品です。
油というと「悪者」をイメージしてしまう人もたくさんいますが、オリーブオイルは特別なので勘違いしないようにしましょう。

オリーブオイルは、紀元前数千年もの昔から地中海沿岸で作られてきた世界最古の油です。オリーブの実にぎゅっと搾ったフレッシュジュースとも言えるこの油は、強力な抗酸化パワーでその地域の人々の健康を支えてきました。

最近の研究でも地中海料理を常食している人は、抗酸化力が強いことがわかっています。効果の源となるのは、オリーブオイルにたっぷりと含まれる「オレイン酸」おt「ポリフェノール」です。オレイン酸は、オリーブオイルの7割以上を占める成分で、酸化されにくいのが特徴です。善玉コレステロールを減らし、動脈硬化の原因となる悪玉コレステロールの酸化を防ぎます。

なぜ?油なのにダイエット効果があるのかと、不思議に思っている人もいると思いますが、それは、ポリフェノールが交感神経を刺激して、脂肪の燃焼を促すからなのです。
さらに、肥満ホルモンであるインスリンの効きをよくします。
脂肪をためこもうとするインスリンがたくさん出ない、太りにくい体にしてくれるのです。

酸化されにくいオレイン酸

オリーブオイルに含まれる成分の7割以上がオレイン酸。オレイン酸は、酸化されにくい脂肪酸です。またアレルギーや炎症の原因になるリノール酸が1割以下となっています。

便秘解消・解毒

下剤の一種であるヒマシ油と同じように腸管を刺激し、排便を促す作用があります。便秘を解消し、腸内にたまった毒素を排出。

ダイエット効果・糖尿病を抑制

血液中の糖分を細胞に取り込ませる働きをするインスリンの効きを良くし、体脂肪をたまりにくくします。糖尿病の予防、抑制にも効果があります。

悪玉コレステロールを減らす

善玉コレステロールを減らさず、悪玉コレステロールを減らす。悪玉コレステロールの酸化も防ぎます。

酸化を防ぐポリフェノール

オリーブオイルの苦みや渋みの正体は、ポリフェノール。オリーブには、実に含まれる油を酸化させないために抗酸化物質であるポリフェノールが豊富に含まれます。

脂肪を燃焼・冷え改善

アドレナリンの分泌を高め、交感神経を刺激して脂肪の燃焼を促します。体熱産生を高め冷えも改善します。

アレルギー、ガン予防

アレルギーや炎症を起こす物質が作られるのを抑えます。炎症が続くと発生しやすいガンの予防にもなります。

悪玉コレステロールの酸化予防

オレイン酸同様、悪玉コレステロールの酸化を防ぎます。動脈硬化も予防します。
こまめにとり抗酸化パワーを維持しながら便秘解消には朝食時にスプーン1杯のが効果的です。

調味料としてオリーブオイルを食卓に置く

ポリフェノールの効果を存分に発揮するには、毎食時にこまめにとることです。
絞りたてのエキストラバージンオリーブオイルほどポリフェノールがたくさん含まれます。保存時に光にあてないようにすると、ポリフェノールも減りません。
腸ストレスから自分の腸を守るために効果的なエキストラバージンオリーブオイル

野菜の中で毒消し効果はトップ(わさび)

日本古来からの解毒パワーを持つ国産ハーブ

そばの解毒力については、玄米を越える解毒力ということで説明しましたが、そばの薬味といったら「わさび」ですが、このわさびには、肝臓を元気にする働きがあり注目されています。
わさびは1300年も前から人々の生活に根付いており、解毒パワーが優れています。

わさびは、静岡県中伊豆の天城山麓で湧き水を利用して段々畑のようにいく層も広がっています。中伊豆地方は、日本随一のわさび産地です。

わさびは栽培方法によって

  • 沢わさび
  • 畑わさび

の2種類に分類されます。この地方は、渓流や豊富な湧き水を利用する沢わさびで有名です。
もうひとつの畑わさびは「陸わさび」とも呼ばれ冷涼で湿度の高い山間部で栽培されます。

わさびは、んほん原産の植物でその歴史は古く、1300年以上も前からわさびは日本人の暮らしに根付いています。
わさびというと、刺身や御寿司の薬味のイメージですが、こうした薬味として利用されはじめたのは、江戸時代からです。
その江戸の町で、一大ブームを巻き起こしたと言い伝えられています。それは、魚の生臭さを消し、食欲を増進させるだけでなく、細菌の増殖も抑制、つまり毒消し効果があることがわかりました。

有名な日本各地のわさび栽培

北海道網走 西洋わさびの栽培で有名。冷涼な気候がヨーロッパ原産の西洋わさび栽培んに最適。
岩手県岩泉 日本三大鍾乳洞のひとつ龍泉洞があり、清水が方法。水の循環がよい土壌で「林間栽培」を行っている。
静岡県有東木 安部川上流の「わさび栽培発祥の地」約400年前渓流に自生していたわさびを植えたのがはじまり。
長野県安曇野市 河川に沿って平坦地を掘り下げ、畦を作って植え付ける。北アルプスの伏流水を利用して栽培。
静岡県中伊豆 傾斜地を棚田にする「畳石式」生育ムラが少ない最も進化した栽培様式で「伊豆式」とも呼ばれる。
島根県匹見 自然の渓流に砂を敷いて、わさび田を作り、大石で苗を抑える「渓流式」。

1日5gのさわさびで解毒効果が

絶えず、体に入ってくる有害物質は、酵素によって代謝され、発ガン物質などの毒に変化します。
そして、肝臓がこの毒を無害化するために働きます。肝臓の酵素によって無害化されるのです。その酵素がGST(グルタチオン-S-トランスフェラーゼです。
わさびは、野菜の中でもかなりこの働きが強いことがわかっています。また、ブロッコリーにも同様の働きがあることがわかっています。

わさびの毒消し作用は、野菜の中でもずば抜けているだけでなう、活性酸素を消す際にも役立つのです。

わさびスルフィニルの効果

  • 解毒酵素の活性化
  • 活性酸素除去
  • 血栓予防
  • ガン細胞増殖抑制
  • 抗菌作用
  • ピロリ菌作用

わさびのおいしい食べ方

わさびは、すりおろした時のあの独特な香りが特徴ですが、すりおろして10分以内がベストです。
これらの成分は、揮発性なので短時間で消えてしまいます。すりおろしたらすぐに小皿に入れて成分の揮発性を防ぐために蓋をしておくといいでしょう。
辛味が減ってきてしまった場合には、レモン汁を数滴加えると、香りが回復します。
わさびは年中、収穫されますが、季節ごとに辛さが違います。
●春~夏は少ない●秋~冬に多いのが特徴です。

チューブ入りのわさびは効果あるの?

便利なチューブ入りのわさびですが、わさびの解毒効果はあるのでしょうか?こうしたチューブ入りの製品の大半は、本当のわさびではりません。常温で長期間、品質(香りや辛味)を保持するために様々な添加物が使われています。西洋わさびが使われ、わさびの使用量は少ないため、生のわさびを購入してすりおろすのがいいでしょう。
生わさびはこちら。

生わさびの香り成分6-MITCが肺にガン細胞が移転するのを抑制ということまでわかっています。食卓にわさびを意識してみると毒消し効果が高まることは間違いないようです。

そばは玄米のパワーを越える健康パワーをもつ

そばの解毒力

「そば」というと、大晦日に食べる「年越しそば」をイメージする人も多いのですが、アンチエイジングやデトックスによる美肌効果や美容効果を求めて食べる人が増えています。
普段、自宅では、玄米などを食べることを習慣にしている人も外食は、玄米を選べないのが一般的です。最近は、割と増えてきましたがまだまだ少ないのが実状です。
そこでおそば屋さんでそばをたべるというわけです。

その解毒力の高さで注目されている点は

  1. 1食分で赤ワイン1杯分のポリフェノールを含む
  2. そばのたんぱく質で便秘解消効果
  3. 玄米以上のミネラル、食物繊維を含む

といっった3点です。
ポリフェノールの含有量においては、穀物の中でもダントツ1位でそば粉100g中におよそ300~400mg含み、小麦や大麦のおよそ10倍、赤ワインのグラス1杯分と同量になります。非常に強力な抗酸化力があり、生活習慣病までを予防します。

次にそばのたんぱく質についてですが、そば粉におよそ10%含まれるたんぱく質は、食物繊維に非常に似た働きをもっているようです。これによりお通じの改善効果、コレステロール値の抑制効果、大腸ガンの予防効果が確認されています。

最後の3つ目の玄米をしのぐ豊富なミネラル、食物繊維ということですが、そばの実を胚芽から甘皮まで丸ごと焼いた「全層粉」のそば粉100%をゆでた場合、と玄米の栄養成分を比較してみると一目瞭然です。

  玄米ごはん(200g) ゆでそば(100g)
マグネシウム 98mg 150mg
1.2mg 2.8mg
亜鉛 1.6mg 1.8mg
ビタミンB1 0.32g 0.23mg
食物繊維 2.8g 4.3g

そばの解毒力をさらに高める食べ方

そばの解毒力には驚かされましたが、さらに健康パワーをあげる食べ方があります。
ゆで汁をつゆに使う「そば湯そば」です。
ゆでている間にお湯の中に溶け出したルチンやミネラルなどの栄養成分までしっかり逃がさずに食べる方法です。
便秘気味であれば、キノコなどもプラスするとさらに効果的です。食べ過ぎなどで胃腸が疲れている場合には、消化を助けるおろしやとろろ芋などもいいでしょう。
そばは、長野県、信州が有名ですので、ご当地通販などでさがしてみるといいでしょう。
そばは、ルチンも豊富ですので、血管を強くする作用もあります。

ちなみに通販で信州そばセット
を購入する場合、そば通の人は10割(そば粉の割合です)そばがおすすめですが、そばは年越しそば程度しか食べないという人は7~8割そばがおすすめです。10割は本格的なそばを楽しみたい場合におすすめです。ゆでる時間、ゆで方はそばによって異なるので説明書を読みましょう。信州のおそばなら戸隠、安曇野などがおすすめです。

解毒効果の高い食材を積極的に

こんな食材を意識してとる

体の毒素をしっかり外に出すためにやっぱり大切なことは、解毒効果のある食材をとるということです。
解毒に役立つ有効成分を多く含む食材は、果物や野菜です。

毒を捕まえる、解毒パワーを高める、毒を体外へ排出するというデトックスの基本3ステップがポイントになります。毒を血中で捕まえて排出に導くケルセチン、解毒の要となる肝臓をパワーアップさせるグルタチオンやポリフェノール、硫化化合物、腸内で毒を捕まえてだす、リンゴ糖を含むものなどになります。

食物繊維、カリウムなども重要です。基本的に解毒力のある食材として知っておいてほしいものベスト3は、ほうれん草、たまねぎ、トマトです。

解毒の基本3ステップのための食材一覧

毒をつかまえる
ケルセチン 抗酸化力が強いポリフェノール類。血中で重金属を捕まえる。
(ほうれんそう、たまねぎ、りんご)
グルタチオン 含硫アミノ酸を含む。ペプチド。毒を捕まえる。肝機能アップ効果も。
(ほうれん草、トマト)
解毒力アップ
ポリフェノール、ビタミンC・E 抗酸化パワーで解毒の過程で生じる酸化物の害を防ぐ。
(ほうれん草、たまねぎ、トマト)
硫黄化合物 毒出しをからめとって便にて排出。
(たまねぎ、にんにく)
毒出し
食物繊維 毒をからめとって便にて排出。便のかさを増やしきれいに。
(ほうれん草、とまと、りんご、あぼがど)
オリゴ糖 善玉菌の餌となり腸内環境を整える。
(たまねぎ、りんご、にんにく)
カリウム 利尿作用のあるミネラル。尿を排出して代謝アップ。
(ほうれん草、トマト、りんご)
クロロフィル 野菜の葉緑素部分。ダイオキシンを体外に排出。
(ほうれん草、海藻、青じそ、アスパラガス)