解毒パワーのある食材」カテゴリーアーカイブ

たまねぎは解毒、精神安定、抗酸化作用にも優れ、夏バテ、不眠、シミ、しわにも有効

たまねぎの香り成分にはリラックス効果が含まれる

たまねぎは、さまざまな栄養を含んでいますが、世界中で研究が進むにつれて、まさに万能薬といえるほど意外な病気や症状に対しても効果を発揮することもわかってきました。

例えば、体内に鉛などの有害な金属がたまると、慢性疲労・食欲不振・不眠・肌荒れなどの不快症状を招きやすくなり、今の季節は夏パテする原因にもなりますが、たまねぎには有害な金属を取り除く解毒(デトックス) 作用が強力です。最強の解毒食材(たまねぎ)

具体的には、たまねぎに含まれているアミノ酸の一種のグルタチオンは、体の解毒器官である肝臓を強めて有害物質を体外に排出しやすくします。

また、解毒には、体内の有害物質を捕まえるキレート作用(キレートとはカニのはさみの意。体内の有害物質をはさみがつまみあげるようにして排出すること)が必要です。このキレート作用が行われるときに、たまねぎのイオウ化合物やケルセチンというフラボノイド(植物の色素化合物)が重要な役割を担うのです。

たまねぎには、精神安定作用や不眠を改善する効果もあり、これは香り成分に含まれているイオウ化合物の働きだと考えられます。ある試験で、みじん切りにしたタマネギを枕元に置いて脳波を調べたところ、リラックスした状態を示すα波が増えます。もちろん、たまねぎを食べることでもリラックス効果は得られます。

7ヶ月後に骨量が正常化

イオウ化合物とケルセチンには強力な抗酸化作用もあり、体内に発生する活性詫素(攻撃力の強い酸素)の害を防いで細胞の老化を防ぎます。シミ・シワなど肌のトラブルも、紫外線による活性酸素の発生が原因なので、日差しが強いこの時期は、素肌ケアのためにも積極的にたまねぎを摂るのがいいでしょう。その場合も1日にとるたまねぎの量は、4分の1個が目安です。

たまねぎで骨粗鬆症が回復したケースもあります。71歳のAさんは、1年前に骨粗鬆症によって左上腕部を骨折し、手術を受けていました。骨量は同年齢の平均値の70%と著しく低下していたため、その女性に濃縮たまねぎのサプリを毎日とってもらいました。すると、7ヶ月後には骨量が平均値の90% まで回復し、正常範囲の下限に達していました。

このような骨量の回復効果は、女性ホルモンを使った治療に匹敵します。おそらく、たまねぎに含まれているケルセチンが、女性ホルモンのエストロゲンに似た働きをしたため、骨量のアップにつながったのだと考えられます

濃縮たまねぎの口コミ、使用感、効能・効果一覧

1日1個で疲労回復効果(レモン)

爽やかな香りと酸味が特徴の「レモン」夏ばてで体がだるい、やる気がでない、そんなときに強い味方です。酸味成分である「クエン酸」がたまった疲れをスッキリ解消します。
さらに黄色の皮には解毒成分も含まれます。

クエン酸含有量では果物の中でナンバーワン!

レモンの酸味成分であるクエン酸がエネルギー代謝をアップして疲労回復に効果があります。
疲労回復効果だけでなく、血液をさらさらにしたり、ミネラルの吸収をアップさせたり、脂肪の吸収を抑えるなどの効果もあります。解毒効果としては、ポリフェノールや苦み成分のリモノイド、香り成分にも解毒酵素を活性化させる働きがあります。この成分は黄色の皮の部分に多く含まれます。

レモンに豊富な成分としてビタミンCもありますが、1個食べると1日の摂取量をクリアーします。レモンのポリフェノールや香り成分は肝臓で解毒酵素の働きを高めます。
1日1個食べること、疲れを感じる前に食べる、さらに疲れを感じた後に食べる、と効果的です。

外国から輸入されるグレープフルーツ、レモンなどには、防かび剤が塗られています。これらは体によくないので国産のレモンを購入するようにします。
せっかくデトックス効果をあげるためにレモンを食べているのに、防かび剤まで体内に取り込んでしまったら全く意味がないので気をつけます。
ビタミンCについては美肌による効果もあります。

ダイエットと便秘に効く成分が凝縮されているナッツ&ドライフルーツ

ナッツは脂肪が多い、ドライフルーツは糖分が多くカロリー過多にならないか?と心配される女性は多いのですが、そんな心配はいりません。最近のモデルさんなどはナッツやドライフルーツを携帯するのが当たり前になっています。

小腹がすいたときなどはナッツやドライフルーツを食べると解毒効果が高まります。

小腹がすいたらナッツ&ドライフルーツを!

太古の時代からナッツやドライフルーツは貴重な栄養源として重宝されてきました。
日本の場合、肉食文化が流入してくるまでの明治以前まで、脂肪分を補給する大切な栄養源でした。果物というと旬の時期に生で食べる方法が一般的ですが、干すことで保存期間が長くなるメリットがあります。
ナッツは脂肪分が多く、太りやすいイメージがありますが、ナッツの脂肪分はダイエット効果のある油分なのです。ナッツに含まれる脂肪分の8割以上がオレイン酸などの不飽和脂肪酸で健康にいいオリーブオイルの組成に似ています。オレイン酸には、体脂肪を溜まりにくくする働きや血液中の悪玉コレステロールを減らす作用もあるのです。

ダイエットの成功確率も高いとされ、その要因はナッツが腹持ちがよく、ストレスを感じにくいことにあります。体にはいい油で満腹になり、ストレスを感じずにダイエットを行うことができるというのです。
また、ナッツに多いマグネシウムには脂肪の吸収を抑制する作用があるのもダイエットに向いている食材といえます。

一方、ドライフルーツの良い点は、なんといってもその豊富な食物繊維の量にあります。便秘解消にはかなり期待できる食品です。
現代人は、1日平均で5~6gの食物繊維が不足しているといいますが、この銅鑼古いフルーツで補うのもベストな方法です。
ドライフルーツは、通常の生のフルーツよりも凝縮されている分、たくさんの栄養素を含みます。また、カバンやバッグの中に入れておくこともでき、持ち運べるのが便利です。

当然、食べ過ぎには気をつけなくてはなりません。失敗するダイエッターの中には、「良い」「効果がある」「最適」という説明があるとやりすぎ、食べ過ぎてしまう人が多いのも事実です。痩せたい気持ちはよくわかりますが、過ぎたるは、なお及ばざるが如しです。

ナッツのダイエット効果

太りにくい油

ナッツの油には、サラサラの血液や健康な肌を作る不飽和脂肪酸が豊富。中でもオレイン酸は体脂肪をたまりにくくする。αリノレン酸には血中の中性脂肪を下げる作用も。

ビタミン・ミネラルの宝庫

アーモンド一握り、33gには1日の所要量を超える10.3mgものビタミンEが含まれます。そのほかナッツにもカルシウム、マグネシウムなど不足しがちなミネラルが豊富。

ドライフルーツのダイエット効果

食物繊維源の王様

なんといっても食物繊維を手軽にたっぷりとれる。イチジクを200kcal分食べれば、摂取できる食物繊維量は7g以上。これはリンゴ2個分相当。

抗酸化物質が豊富

イチジクやブルーベリーには色素成分のアントシアニン、プルーンにはネオクロロゲン酸、アンズやマンゴーにはβカロチン、干して凝縮されているのでたっぷりとることができる。

いちじくの使用感、口コミ、効能、効果

ナッツ&ドライフルーツのダイエット効果

  • 腹持ちがいい
  • 無理なく食事の量を減らすことができる
  • 必要な栄養素をしっかり摂取できる

毎日食べたいナッツ類

アーモンド(22~25粒)
33g
ビタミンEや食物繊維を豊富に含み、そのほかのミネラルもバランスよく含む。ナッツの王道。脂肪の90%以上が不飽和脂肪酸でそのうちの70%がオレイン酸。
かぼちゃの種(110~120粒)
35g
中国では、日常的に食べているかぼちゃの種。マグネシウム、鉄、亜鉛が豊富。ほかのナッツ類と比較するとたんぱく質が多く炭水化物が少ない。
ピスタチオ(47~55粒)
33g
アーモンドに次ぐ食物繊維量。むくみをとるミネラルのカリウムがナッツ類の中ではだんとつ。
カシューナッツ(22~24粒)
36g
ナッツの中では、炭水化物量が多く甘みがあり、歯触りがいい。
クルミ(10~15粒)
30g
αリノレン酸が多い。血管を軟らかくする作用があり、動脈硬化防止になる。

ナッツには甘みがないのが残念。という人にはドライフルーツが最適。朝食のヨーグルトに入れるのが一番人気。ヨーグルトの便秘解消効果とドライフルーツの効果との相乗効果が便秘解消に効果を発揮します。
ドライフルーツの糖分がヨーグルトの乳酸菌の餌になり非常に相性のいいコンビとなります。

1日に食べたいドライフルーツ

イチジク(7~8粒)
68g
200kcal分に7.5gの食物繊維を含む。果肉には紫色の抗酸化物質アントシアニンも含む。
プルーン(8~11粒)
85g
200kcal分に6.1gの食物繊維を含む。プルーンに含まれる鉄が体に吸収されやすいという報告もある。
ブルーベリー
56~58g
目の健康にいい無皿黄色の色素成分、アントシアニンを含む。
アンズ
(10~12粒)
70g
200kcal分のビタミンAがここで紹介するドライフルーツの中でだんとつ。食物繊維もおよそ6.8g含む。
マンゴー
(58~62g)
アンズに次ぐビタミンAの含有量が多く最近特に人気。