ウーロン茶で痩せられるの?

現在のようなダイエットブームが巻き起こる前のことですが、健康ブーム・ダイエットブームの走りとなったのが、ウーロン茶の存在です。

その当時から、「飲むだけでやせる」という噂が流れ、ウーロン茶の認知度は一気に高まりました。今ではすっかりお馴染みになったウーロン茶ですが、肝心のやせる効果についてはどうなのでしょうか?

最近の研究によると、ウーロン茶にはポリフェノールが含まれ、その成分が肥滴予防に効果があることがわかってきました。ポリフェノールというと、赤ワインやチョコレートを思い浮かべるかもしれませんが、実際には植物の多くに含まれています。ただし、人間の体に有効なのはごく一部。ウーロン茶ポリフェノールは、「半発酵」というウーロン茶独自の製法によって生まれるため、緑茶や紅茶にはない効果があるといわれています。

では、ウーロン茶ポリフェノールを摂取すると、どんな効果があるのでしょうか。まずひとつは、食べ物の脂肪分を吸着して、体外へ排出する働きです。

高脂肪のエサを与えたラットにウーロン茶を飲ませた実験では、水を飲ませたラットよりも、脂肪の排泄量がおよそ30%多かったという結果が出ているそうです。

もうひとつ、血液中の中性脂肪の量を減らす働きもあります。ウ一口ン茶ポリフェノールによって、脂肪分解酵素の「リパーゼ」という物質が活性化されると、中性脂肪は「遊離脂肪酸」に分解されます。

実は、これがダイエットによいといわれているのです。とはいえ、ウーロン茶を飲むだけではやせられません。遊離脂肪酸は筋肉のエネルギー源となる物質ですから、燃焼させるためには身体を動かす必要があるのです。何もしないままでいると、遊離脂肪酸はまた元の皮下脂肪に戻ってしまいます。ですから、ウ一口ン茶で皮下脂肪を減らしたい場合は、身体を動かす前にウーロン茶を飲み、有酸素運動を行うことがポイントになります。

実際にウーロン茶のポリフェノールを使ったダイエットのレビューがあります。ウーロン茶特有の重合ポリフェノールが含まれたサプリの使用感