香りの効果でも痩せられる?

美容に興味をお持ちの方なら、大手化粧品メーカーから、「香りでやせられる」と評判のボディ用美容液が発売されたのはご存知でしょう。

発売当初、香りでダイエットできるなら使ってみたいという人が多く、大変な反響を呼びました。やせる香りとは、グレープフルーツやフェンネル、コショウなどの香りで、化粧品メーカーでは、これらの香りには、交感神経を活性化させ、中性脂肪が分解して生じる「遊離脂肪酸」という物質を燃やしてエネルギーに変化させる効果があるとしています。

しかし、肝心のダイエット効果はというと、その製品を使って劇的にやせたという話は聞いたことがなく、香りを喚いだり、皮膚から成分を浸透させるだけでは、みるみる脂肪を燃やすという「奇跡″」は起きないのが現実です。

ただし、やせるかやせないかは別としても、「香り」が人間の体や心に何らかの形で作用するのは事実です。アロマテラピーの作用を例にして説明しましょう。

エッセンシャルオイルの匂いは、まず、鼻の奥にある喚細胞と呼ばれるところへ届きます。その後、匂いは電気信号に変換され、嘆神経を介して「大脳辺練糸」へ送られます。ここは快・不快といった感情や、食欲などを司る器官ですから、香りの刺激によって、精神をリラックスさせたり、元気を出したりするという効果が得られます。

さらにその後、香りの刺激は2つのルートを辿ります。そのひとつは、脳の視床下部。ここは、体温や血圧などの調節、内臓の働きを調整する器官ですから、香りの刺激によって体に生理反応が起こります。また、もうひとつのルートでは、香りは大脳新皮質に伝えられ、「匂い」として認識されるという仕組みです。

さすがに匂いを喚ぐだけではやせることはできませんが、ダイエットに香りを利用するのは悪いことではありません。好きな香りを喚ぐことで、ダイエット中のストレスを緩和したり、マッサージオイルに使うなど、自分なりに工夫するといいでしょう。

ちなみに、グレープフルーツの香りは、アロマテラピーでは、気分をリフレッシュさせたり、リンパの流れを改善して、老廃物を体外へ排出する作用があるといわれています。

体の調子を整えるマッサージ