座禅や瞑想、呼吸法はダイエットできる?

Question

座禅や瞑想、呼吸法はダイエットできる?

Answer

ストレスで過食をしてしまう場合には効果が出ることもある

セロトニンアップのための健康法では、セロトニン神経の構造が変化してたっぷり放出される。と紹介されています。ストレスが解消されて体の余分な緊張がとければ、代謝ももとにもどって痩せることができます。二次的かもしれませんが、心身のストレスは、ダイエットの側面からみても天敵といえるでしょう。

二次的な効果に期待

最近、呼吸法のみでおなかが凹む、ダイエットできるということがいわれでいますが、、基本的には摂取カロリーを減らす、有酸素運動などで消費カロリーを上げる、筋トレで筋肉量を増やし代謝を上げる。などを実践しないと無理です。

座禅や瞑想、呼吸法は、消費カロリーだけで見ると座っている状態で消費するカロリーとほとんど同じです。つまり、「座っているだけでダイエット効果がありますか? 」といわれているのと同じことになってしまいます。

息が上がりきついと感じる呼吸法を何度くりかえしても、消費するカロリーは微量。摂取するカロリーが高いままでは、当然体脂肪量を下げることはできません。しかし、呼吸をすることで使われる筋肉があります。それらを鍛えることによってスタイルが改善できることは、若干ではありますが期待できるかもしれません。
ただし、劇的にウェストが何センチ減というのは一時的なもので、摂取カロリーと消費カロリー、筋肉量が変わらなければ難しいでしょう。

ストレスマネジメントとしては、効果が期待できる

消費カロリーの観点からは難しいですが、メンタル面ではよい働きがあるかもしれません。これはヨガなどの効果と同じで、ストレスによる過食をコントロールできることで、ダイエットが成功するかもしれません。実際にヨガの先生と話をしていても、そのような効果が出ている方が多くいらっしゃるようです。ゆっくりした動作・呼吸をすることと、自分の動作や内面に意識を向けている時間が、ストレスになる要因を一時的に忘れさせてくれるのかもしれません。

たしかにストレスがたまったり緊張したりすると肩が上がり、呼吸が浅くなります。そんなときに深呼吸をすると落ち着きます。これは誰もが経験していることです。

自分に必要なことは何か?

自分はどのようなことで体脂肪量が増えてしまっているのか、ということを客観的に判断できればダイエットに成功すると思います。

  • 明らかに筋肉量が少ないので筋トレをする
  • 筋肉はあるが消費する量が足りないので、有酸素運動をする
  • 摂取カロリーが多すぎるなら、食生活を見直す
  • 食べてしまう要因がストレスなので、座禅や瞑想、呼吸法をする

このように、自分の問題点を判断し、どれが自分に合った対処法なのかを考えてみるのはどうでしょうか?

ストレスが軽減できそうな強度の低いエクササイズ

下記で紹介するエクササイズが、ストレス軽減に有効という根拠が存在するわけではありません。個人の嗜好が大きく関係するので、参考にしてください。

  1. 太極拳
    動作がゆっくりで、想像以上に筋力を使います。飛んだり跳ねたりすることによって関節を痛めるおそれがある高齢の方にはおすすめです。ゆっくりとした動作が、自分のからだに意識を向けてくれます。
  2. ヨガ
    ヨガといっても、消費力ロリーが上がりそうなハードなものから瞑想が中心のものまで、最近はさまざまな種類のものがあります。どの種類のヨガも、呼吸をとても重要としています。誰もができる呼吸という動作を、さまざまなタイミングや使い方に変えることは、ほかの運動の動作を習得するよりも、比較的簡単にできます。
  3. ウォーキング
    ウォーキングもメンタル面に効きます。消費カロリーを考えるのでなければ、ゆっくり歩いてもよいのです。ゆっくり呼吸しながら歩いてみでください。考えごとをするとき、家でイスに座ってアイデアを放り出すよりも、歩きながら考えたほうがひらめくこともあります。「運動」と思わず、「心のリフレッシュ」または「リラクセーション」と思うと、ハードルが下がりませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください