ストレスと運動の関係性

Question

ストレスと運動の関係性

Answer

ストレスはからだに生じた「歪み」のこと

ストレスについて

ストレスと運動」は、とても密接な関係にあります。ストレスとは生体側、私たちのからだに生じた「歪み」のことをいい、逆に歪みを起こした刺激、ストレスを作った原因側をストレッサーといいます。さらに、ストレスをうまく処理することをストレスマネジメントといいます。「あの人は私にとってストレスー・」は、まちがった使い方になり、「あの人は私にとってストレッサー。(結果私がストレスを受けた)」が正しい使い方になります。

ストレスをマネジメントする3 つの方法

  1. ストレッサーを軽減・除去・回避・l時避難・距離を変える
    あなたにとってストレッサーになっているものが過剰になると、ストレスとしでさまざまな形でからだに現れます。そうなる前に、あなたはそのストレッサーからの距離を変える必要が出てきます。仕事の場合だと、ストレッサーと距離を置いたり(席替えや部署替えをしてもらう)、一時避難したり(休暇をもらう)、回避(転職、退社、休職) することは、決して人生から逃げていることではないのです。してもいいことなのです。人間の本能でもある自己防衛の一つだと思ってください。
  2. ストレスの処理能力を高める
    前述のように回避することはまちがっていませんが、その前に処理能力を高めることもできるかもしれません。たとえば、パソコンスキルが低く今の部署での仕事がストレッサーになっているのであれば、回避する前にパソコン教室に通うなどしてスキルを上げることで解決できることもあります。一度ストレスへの処理能力を高めてみてから、回避・一時避難しても決して遅くはありません。
  3. ストレッサーの心理的意味を考える
    ストレッサーは、その人の受け止め方で変わってきます。それを過剰ととるか通常のことととるかは、あなた次第です。過剰にとってしまう状況が、見方によっては通常な刺激である場合もあります。
  4. ランニングをする
    単純な動作のくりかえし、適度な高揚感、距離に対する達成感、仲間ができるなど。私にとっては走ることがストレス発散になっています。落ち込んでいるときは、走りに行く気にもなりません。しかしそう思っても、必ず重い腰を持ち上げてとりあえず短い距離でもいいので行ってみます。やっでみて後悔したことは一度もありません。それよりも「行ってよかった! 」と思えることのほうが、はるかに多いです。
  5. 読書
    今までは仕事に関連する書籍ばかり読んでいましたが、最近は仕事とは全くく関係のない本を読むことがリラックスになっています。

現代人のストレスについてはこちら。

ストレスと運動の関係性」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 心臓病の主な原因は運動不足で頻繁に歩く習慣のある人は悪玉コレステロールが少ない | 心臓病の基礎知識

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください