はとむぎと高麗人参で「悪い水」を排泄

体の中の「悪い水」を排泄するにはどうしたらいいでしょう?まず2日間の減食により塩ヌキをすることです。この後からは薄味嗜好になりますが、意識して薄味の料理をつくるようにします。そしてカリウムの多い有色野菜をたくさん摂るようにします。また、小魚やシジミなどのマグネシウムやカルシウムの多いものを食べます。こうすると体内のミネラルバランスが改善され体内の浸透圧が調整され「悪い水」が除々に排出されていきます。次にハトムギを摂取すると、利尿作用で尿が出て「悪い水」がとれ、この「悪い水」がとれると新陳代謝が活発になります。その作用をより一層高めるために、体を温める高麗人参を使うとますます尿が出て引き締まった体になります。このように、食べ物を選びながらもっとも基本的に体を太らせている原因を取り除いていくのです。
こうした食事方法と合わせて適度な運動をして汗をかくようにすることです。これで「悪い水」は汗腺から出ていきますからさらに効果的です。これを平均で3ヶ月以上継続するとたとえ喉が渇いて水をガブ飲みしてしまっても余分な水分はきちんと排出されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください