朝、スプーン1杯で快便に解毒効果アップ(オリーブオイル)

少し健康や美容に関心のある人であれば、オリーブオイルの解毒効果は、有名ですが、オリーブオイルは、世界の健康食、伝統的地中海料理に油なのにダイエットや動脈硬化の予防、便秘解消にも役立つ健康食品です。
油というと「悪者」をイメージしてしまう人もたくさんいますが、オリーブオイルは特別なので勘違いしないようにしましょう。

オリーブオイルは、紀元前数千年もの昔から地中海沿岸で作られてきた世界最古の油です。オリーブの実にぎゅっと搾ったフレッシュジュースとも言えるこの油は、強力な抗酸化パワーでその地域の人々の健康を支えてきました。

最近の研究でも地中海料理を常食している人は、抗酸化力が強いことがわかっています。効果の源となるのは、オリーブオイルにたっぷりと含まれる「オレイン酸」おt「ポリフェノール」です。オレイン酸は、オリーブオイルの7割以上を占める成分で、酸化されにくいのが特徴です。善玉コレステロールを減らし、動脈硬化の原因となる悪玉コレステロールの酸化を防ぎます。

なぜ?油なのにダイエット効果があるのかと、不思議に思っている人もいると思いますが、それは、ポリフェノールが交感神経を刺激して、脂肪の燃焼を促すからなのです。
さらに、肥満ホルモンであるインスリンの効きをよくします。
脂肪をためこもうとするインスリンがたくさん出ない、太りにくい体にしてくれるのです。

酸化されにくいオレイン酸

オリーブオイルに含まれる成分の7割以上がオレイン酸。オレイン酸は、酸化されにくい脂肪酸です。またアレルギーや炎症の原因になるリノール酸が1割以下となっています。

便秘解消・解毒

下剤の一種であるヒマシ油と同じように腸管を刺激し、排便を促す作用があります。便秘を解消し、腸内にたまった毒素を排出。

ダイエット効果・糖尿病を抑制

血液中の糖分を細胞に取り込ませる働きをするインスリンの効きを良くし、体脂肪をたまりにくくします。糖尿病の予防、抑制にも効果があります。

悪玉コレステロールを減らすh4>善玉コレステロールを減らさず、悪玉コレステロールを減らす。悪玉コレステロールの酸化も防ぎます。

酸化を防ぐポリフェノール

オリーブオイルの苦みや渋みの正体は、ポリフェノール。オリーブには、実に含まれる油を酸化させないために抗酸化物質であるポリフェノールが豊富に含まれます。

脂肪を燃焼・冷え改善

アドレナリンの分泌を高め、交感神経を刺激して脂肪の燃焼を促します。体熱産生を高め冷えも改善します。

アレルギー、ガン予防

アレルギーや炎症を起こす物質が作られるのを抑えます。炎症が続くと発生しやすいガンの予防にもなります。

悪玉コレステロールの酸化予防

オレイン酸同様、悪玉コレステロールの酸化を防ぎます。動脈硬化も予防します。
こまめにとり抗酸化パワーを維持しながら便秘解消には朝食時にスプーン1杯のが効果的です。

調味料としてオリーブオイルを食卓に置く

ポリフェノールの効果を存分に発揮するには、毎食時にこまめにとることです。
絞りたてのエキストラバージンオリーブオイルほどポリフェノールがたくさん含まれます。保存時に光にあてないようにすると、ポリフェノールも減りません。
腸ストレスから自分の腸を守るために効果的なエキストラバージンオリーブオイル

朝、スプーン1杯で快便に解毒効果アップ(オリーブオイル)」への2件のフィードバック

  1. ピンバック: ダイエットと便秘に効く成分が凝縮されているナッツ&ドライフルーツ | デトックスで代謝アップ

  2. ピンバック: 解毒に効果的な成分たっぷり(アボガド) | 便秘解消で解毒

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です