デトックスの基本は、1日の中でこまめに水を飲む

水を飲むのはデトックスの基本中の基本

さまざまな解毒方法があり、それぞれに特徴と効果がありますが、水を飲む、というのは基本中の基本です。

すべての細胞で水と共に代謝が行われるため水不足は毒素を排出しません。逆に毒素をため込んでしまうため気をつけなくてはなりません。
つまり、水不足は「毒だし」「毒消し」のどちらも働きを鈍らせてしまうのです。
水をを飲むことが、代謝をよりスムーズにし、全身の細胞が解毒をスムーズに行うようになるのです。

汗や尿の排出を活発にし、解毒のスピードをあげることができるのもメリットです。

デトックスに、サプリが効果的なのは確認されていますが、体脂肪からつまみ出された有害金属は、尿や汗などに溶け出す仕組みで排出されますが、体内に十分な水分がなければそれもできません。さらに、有害金属を排出するためには、尿の濃度を薄く保つことで排出がスムーズに行われます。水分が少なく尿の濃度が高くなってしまうと、有害金属などが排出されないことをよく覚えておく必要があります。

さらに、水分が足りない場合、便秘にもなりやすく、毒素の排出機会を失ってしまうことになります。

喉が渇いてから飲むではなく、1日の中で定期的に水を飲む習慣をつけてしまうことがいいとされています。
1日に1.5L程度の水を複数回にわけて飲むのがデトックスを促進させるよい飲み方です。

デトックスを高める水の飲み方

  • 常温の水を1日に1.5リットル
    人の腎臓で作り出される尿は、通常1時間に120ml程度。これを目安として1時間に1回100ml、1日の総量で1.5リットル程度飲むことを習慣に。冷やさずに常温のままで飲むとさらに吸収力が高まる。
  • 喉が渇く前に補給
    喉が渇いたと自覚したときは、既に細胞は水分不足に。そうなる前に意識して水分補給することが大切。

1日の最適な水スケジュール

起床時
軟水国産の軟水一覧
起床時は、副交感神経が優位になっているため、体が活発に機能しない。そんなときは、刺激の少ない軟水がいい。睡眠中に失われた水分の分も補給し、除々に交感神経優位にしていく。
~午後
硬水国産の硬水一覧
硬水は、カルシウムやカリウムなどのミネラルが豊富に含まれる。水分補給しながら代謝をより活発にしたい。
運動・入浴後
炭酸水など炭酸水一覧
運動後、風呂上がり、疲れた時などに、水分補給が欠かせないが、炭酸水を飲むと疲労回復、食欲増進といった効果を得られる。

体に最適な水の条件

人間の体は、およそ70%が水分でできている。水のある環境がベースとなり体内で酵素反応、代謝、解毒が行われます。当然、生命活動に水は欠かせないものです。
どうせ飲む水であれば、体のいい水を飲みたいものですが、3つの条件があります。

  1. 弱アルカリ性
  2. 有害成分を含まない
  3. 味がおいしい

です。ph8前後の弱アルカリ性の水は、ミネラルが豊富でまた、そのミネラルのバランスよく含まれます。

飲むだけで便秘改善や美肌に効果があるという桜島の活泉水は、極めて高いアルカリ度を誇る温泉水で、普通の水はpH(ペーハー)が7前後の中性ですが、活泉水はpHが8.8~9.5もあります。
活泉水はこちら。

デトックスの基本は、1日の中でこまめに水を飲む」への5件のフィードバック

  1. ピンバック: デトックスに特化したミネラルウォーターも | デトックスで代謝アップ

  2. ピンバック: 腸の解毒力をより高く | デトックスで代謝アップ

  3. ピンバック: 週末ににジュースを使った断食で毒素を排出 | デトックスで代謝アップ

  4. ピンバック: 血圧上昇、くも膜下出血、心筋梗塞予防 | 今さら聞けないミネラルウォーターの知識

  5. ピンバック: 血圧上昇、くも膜下出血、心筋梗塞予防 | 今さら聞けないミネラルウォーターの知識

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください