睡眠中も発汗なども日中と同じ発汗がある、代謝水として就寝前の水は必須

脳神経外科の医者がよく「寝る前にコップ1杯の水を飲んで」といいますが、それは非常に重要なことです。たったコップ1杯の水が脳血栓を予防するのに十分な効果があるためです。

就寝中も昼間のように発汗しますし、小水も作られています。便中にも水分が発生しています。これを全部あわせて、不感蒸泄というんですが、その分、体内の水分が失われます。朝起きたときが、1日の中で一番、血液がドロドロの状態になっているのはそのためです。

人は1日で600~800CCの水が失われるが、夜も日中と同じように水分は失われているわけです。日中であれば、水を飲んで失われた水分を補うことができますが、寝ている間は水分を補給できないために、朝、最も血液の濃度が濃くなっているのです。
脳梗塞が、起床して数時間以内に発生する確率が高いのはこのためです。

これに関連して、トイレに行く回数を減らしたいために水分を摂らないようにするのは、とても危険な行為なのです。

お小水が近くて、夜の安眠を妨げられるからと水分を摂らないようにするのは、脳血栓の原因に直結します。もし、夜トイレに行く回数がとても多いというなら、男性は前立腺肥大の可能性もありますし、女性は膀胱周辺の筋力の低下が原因ということもあります。むしろ、泌尿器科系のアプローチをするべきであって、水分を控えてはいけません。

また、高齢になると感覚が鈍ってきて、日中にでも喉が渇いたとか、汗をかいたとか、暑いなどと感じる感覚が鈍くなります。感覚が鈍っているために若い人よりも、より水分が失われた状態にならないと喉が渇いたと感じないのです。

そのため、高齢者は血液が濃縮しやすいということです。さらに本人は自覚していませんが、皮膚も乾燥しがちで、コラーゲンが減っているために若い方よりも水分が奪われやすい状態です。

つまり高齢者ほど、水分摂取を積極的に行うようにしなければいけないのです。

人間は体内で化学反応を起こす際、水を使っています。こういう水を代謝水と呼ばれます。自分が意識していなくても水は使われているというわけです。飲水制限のある病気の場合は別ですが、血液のドロドロを防ぐためにも水は摂ったほうがいいということです。

摂り過ぎた場合は尿として排出されますので、水分過剰を心配する必要はありません。

むしろ怖いのは、血液が濃縮されることによって起こる現象です。

血液はよどむと性質が変わり、赤血球が連銭形成を起こすことが考えられます。連銭形成とは5円玉を紐でつなげたような状態に、赤血球が陥ることです。血液が流れないことにより、赤血球がくっついてしまい、さらにドロドロの状態をひどくすることです。そのため血液がまっすぐ流れるべきところで渦を巻いてしまい流れにくくなる状態です。

その状態が長く続くことで血管に傷がつくこともあります。そこでまた血液が渦を巻くのですが、これを繰り返すために亀裂した内膜が剥がれてしまい、血管を塞ぎ、脳血栓を引き起こす原因になります。それを防ぐには血液濃度を高めないことが第一条件となります。水を飲んで血液をサラサラに保ち、脳血栓の予防につとめましょう!

水分摂取にはお茶やコーヒーではなくプレーンの真水がいい理由