食べないはじつは肥満につながる、少量でも食べれば脂肪を燃焼するきっかけに

少量しか食べていないのに、少しも減量できず、かえって体重が増える傾向があるという人もいます。これはその人の基礎代謝が低下しているためです。

その原因は、基礎代謝を維持するのに十分な食事をしていないことが原因ということになります。この基礎代謝というのは、生命維持に必要なエネルギーのことです。

人間は生きていくために必要となる最低のエネルギーを毎日とることが必要です。これは、眠っていない状態で、静かに横になって心を落ち着け、興奮しない状況のもとで、24四時間で消費されるエネルギーの量です。

つまり、生きていく上にこれだけのエネルギーは絶対に必要だというのが基礎代謝ということです。この基礎代謝は、その人にとってほぼ一定であるが、基礎代謝を維持するための食べ物が十分に食べられない状況のもとでは、これを低下させて身を守る働きが起きます。

基礎代謝が下がる場合として一番多いのが、減食しすぎのケースです。これは、飢餓の状態と同等です。しかし、体は生命を守るためにいろいろな努力ををします。

たとえば、高齢者で、ただじっとテレビを見るくらいでほとんど動かない人の場合です。このような人の食事の量を見ると非常に少なく、これでよく生きていけると思うほどです。食事の量が少なくなるのは、1人でいるためにあまり食欲が進まず、食べる気がしないというのが原因ですだ。

しかし、こういう人は、基礎代謝に必要なエネルギーを割っているにもかかわらず、とにかく生きています。この場合、基礎代謝は本能的にかなり低下し、低い基礎代謝でも生命が維持できるようにコントロールされているということです。

このような状態では、余分に活動すれば、エネルギー源になる体に蓄えてある栄養成分がたちまち減少して、生きていくことができません。

そのために、できるだけ動かない、活動しないという状態にして身を守ります。これは必ずしも高齢者だけではありません。若い人でも起こり得ます。

その原因としてはダイエットのために極端な減食をした場合です。ダイエットしてエネルギーが供給されないので、体は基礎代謝を低下させ、エネルギーの消費を抑えるために食べたものを消費せずに体にためていくのです。

基礎代謝が低下している人は、体温を計ると低体温です。これは、体から発散する熱が少なくなっているということです。

しかし、肥満を防止するためには、体から十分に熱が発散し、逃げていくことが必要です。たとえば、電気でいえば、モーターを勢いよく回転させるためにはそんなに大きな電力は不要です。
ところが、同じ電力量でヒーターをつけたとすると、暖かさを感じられるほどの熱は出せません。

つまり、エネルギーは動力として使う場合には少なくてすむが、熱として使う場合には多量に必要になるのです。そこで、肥満を防止し、また、減量を促進させようと思うならば、できるだけエネルギーを熟にして体から発散させることが必要なのです。

ところがものを食べずに基礎代謝が低下してしまえば、体から出る熱が下がるので、当然であるが、あまり食べないのに、肥満していくことになります。
そこで、肥満しないように食べるためには、熱として消費されるエネルギーの比率を高くすることである。それには基礎代謝を上げることです。

そのために大切なのは、糖質や脂質は基礎代謝を上昇させるのにあまりプラスになりませんが、タンパク質は基礎代謝を上昇させる大きな力です。したがって、食事を少なくしてもタンパク質を多く含むものを十分に食べることが必要です。また、食事を抜かないで、再々食べることも必要です。

たとえば冬の寒い日、体が震えているような状態でも、冷えたご飯を食べただけで、30分もすると、体が暖かくなってきます。これは「特異動的作用」と呼ばれているもので、食べ物が消化器に入ると、基礎代謝が上昇し、余分な熱が発散していくためです。

このように、空腹の状態が長く続くと、基礎代謝は低下しますが、食事がきちんととられていれば、その量は少なくても体から発散する熱は大きなものとなっていきます。それだけ消費エネルギーが増加し、肥満にはつながらないということです。

動かないから食べない、というのは大きな間違いで、食べて動くということが必要なのです。
また、食事を抜いて、その結果、まとめ食いをすると、養鶏や養豚の例でもわかるように、少量の飼料で、短期間に太ってしまうことになります。

これも、体を守ろうとする本能によるものでする。餓えは命に関わるから、できるだけエネルギーを体に蓄えようとします。そのため、体は代謝を低下させて、エネルギーを消費しないようにコントロールします。

エネルギーを貯蔵するには、脂肪にしておくことがもっとも安定しているのです。それが肥満につながるのでする。そのため、食事を抜くという方法は、減量どころか、逆に食事を減らしたために肥満するという結果につながることになってしまいのです。食事は、少なくとも1日に3回以上必要である。1回に食べる量を少なくし総量でエネルギー摂取量を制限すると、代謝も低下せず、体に脂肪をためようとする働きも起こらないから肥満にはなりません。

つまり、食べ方がポイントなのです。なお、効率のよいエネルギー減らしには、水泳が適しています。泳げなくてもいいのです。水の中に入っているだけで多量のエネルギーが消費されます。
それは、水に体の熱がどんどん取られていくからですだ。水は熱の効率のいいものです。

料理で茹でたり、煮たりするのも、水が熱の熱媒体として適しているからで、逆に、茹でたものを急速に冷やすのに水が用いられるのも同じです。

体が水に浸っているだけで熱が多量に奪われるし、寒ければ、水の中を歩くことで、より多くの熱が発散されて、ダイエットにつながるという仕組みです。
ダイエット中は炭水化物は「米」を選ぶも大切です。