ダイエット効果」カテゴリーアーカイブ

代謝アップで脂肪が燃焼しやすくなる

糖からのエネルギー生産を促進

ダイエットのために食事でカロリーを調整し、一端は痩せてもその後にリバウンドしてしまったり元の体重以上に太ってしまった経験は多くの人が経験しています。
αリポ酸ダイエットなら、そのような心配が無用です。αリポ酸をとると、食べた物や余分な脂肪がエネルギーとして消費されるので無理な運動や食事制限をしなくても太りにくく、脂肪が燃焼しやすい体質にかえるのです。代謝アップすることによるダイエット効果といえます。

なぜ?そのように代謝がアップするのかといえば、体の中で使われるエネルギーの生産を助けるという働きによるものです。人間が活動するためには、エネルギーが必須です。そのエネルギーのもととなるのが細胞から生成されるATP(アデノシン三リン酸)という物質です。ATPは、主にごはんやパン、うどん、パスタといった炭水化物や体脂肪が分解されることによってつくられます。つまり、この物質が増えれば増えるほど、食べ物のカロリーや脂肪が消費されやすい仕組みです。

食べた物は消化され「解糖系」「TCA(クエン酸回路」「電子伝達系」などの細胞内のエネルギー工場へとすすみ、ATPが生成されます。
αリポ酸は、この工場の中でピルビン酸という物質がアセチルCOAという物質に変換される反応を助けるなどの重要な働きをします。さらにTCA回路でもその反応がスムーズに進むように働きます。
αリポ酸の働きによってエネルギーが次々と生み出されるようになれば、基礎代謝がアップします。こうなると痩せやすい体質に変わっていきます。