やせの糖尿病のほうが大変でも紹介たように、デブにも、1つくらいはいいことがあります。やせれば、それだけで糖尿病やその他の血液検査の数値が改善するからです。痩せる= 数値が改善するということです。" />

糖尿病 メタボなら治療しやすい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
糖尿病 メタボ

糖尿病 メタボなら治療しやすいについて書いてみようと思います。やせの糖尿病のほうが大変でも紹介たように、デブにも、1つくらいはいいことがあります。やせれば、それだけで糖尿病やその他の血液検査の数値が改善するからです。痩せる= 数値が改善するということです。

5kg以上のダイエットに成功した43名の血液データの変化を調べてみました。すると、ヘモグロビンA1C、空腹時血糖値、平均血圧、中性脂肪とも、大きく改善しました。つまり太った人は、糖尿病も高血圧症も脂質異常症も、やせればよくなる可能性が大きいのです。

糖尿病 メタボなら治療しやすい

私の場合、体重 122 kg ヘモグロビンA1C が 11.1 % でしたが、体重の減少にともなつてヘモグロビンA1Cは下がり続け、42 kg 減量してからはインスリン注射は必要なくなりました。糖尿病の薬をまったく使うことがなくなったいまもずっと、ヘモグロビンA1Cは 4 ~ 5 %を維持しています。

しかしやせている人は、こういうわけにはいきません。とくに糖尿病の場合は、肥満かどうかで運命が大きく分かれるようです。なぜ肥満の人の糖尿病はコントロールしやすいのに、やせた人の糖尿病はコントロールしにくいのでしょうか。

それを車に例えると、こういうことになります。糖尿病にとって、エンジンにあたる部分を膵臓と考えてください。太っている人の糖尿病は、車体がトラックでエンジンが軽トラック用です。やせている人の糖尿病は、車体は軽トラックでエンジンが壊れている状態です。

ですから、太っている人はやせて車体を軽トラックの大きさにすれば、軽トラックのエンジンで動けます。ところがやせた人、あるいは何を食べても太れない人は、ガソリンを入れようがアクセルを目いっぱい踏もうが動かない。エンジンが壊れているからです。これこそ日本人らしい脆弱な膵臓の持ち主で、薬を使おうが何をしようが、勝臓はインスリンを出しにくいのです。やせた人の糖尿病は、それだけ深刻なのです。

体重を減らすことは糖尿病の管理において非常に重要です。体重を減らすことで、インスリンの効果が改善され、血糖値のコントロールが容易になる場合があります。特に、過体重や肥満が2型糖尿病のリスク因子の一つであるため、体重を減らすことで糖尿病の進行を遅らせたり、逆転させたりすることができます。

しかし、痩せることができたなら 体重を減らすだけでなく、バランスの取れた食事、適度な運動、ストレス管理なども重要です。医師や栄養士と相談しながら、健康的な方法で体重を減らすことが大切です。また、糖尿病の治療は個々の状況に応じて異なるため、必ず医師の指示に従って行うようにしましょう。

野草酵素を飲んだらたったの4ヶ月ででヘモグロビンA1Cが8.9から6.0%に

糖尿病

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください