放射線は実年齢よりも老化を早める。セレンなど抗酸化食品は放射線から身を守ると同時に老化も抑える

セレンはアンチエイジング(抗老化)作用があり、多くの実験などで確認されています。セレンとアンチエイジングに関する文献を調べているうちに、放射線障害と老化が非常に似ていることを突き止めました。

というのは、放射線障害になつた人は、実年齢よりも20~60年老化が早まるのと同じ現象が多く見られるからです。そこから、セレンで放射線障害が治せるのではないかと思うようになり、さらに多くの文献を調べ、放射線障害には抗酸化物質が有効であること、とりわけセレンが効果的であることを確信しました。

火事で家が燃えていくように、放射性物質は人間の細胞にやけどを負わせます。体内に入った放射性物質は、毒性が強い活性酸素を作り出し、それが活性化すると、細胞膜に穴をあけ、DNAを傷つけます。DNAが傷つくと、10年後、20年後、大なり小なり、放射線の影響によって、がん発症率が高まってくることは事実です。

マスコミは1時間あたりの放射線量(外部被曝)や1時間あたりの食品に含まれる放射線量(内部被曝)しか報道しません。しかし私たちの健康に影響を与えるのは、累積放射線量です。食品や飲料水に含まれる放射性物質は、日々私たちの体の中に入ってきます。被曝すると10年後にがんになる、といわれると、「10年先のことだから気にしてもしようがない」という人がいます。しかし10年先に突如がんになるわけではなく、体の中ではがんの芽が育ちつつあるのです。

セレンなど抗酸化物質を含む食事を心がければ、がんの芽を摘むことができます。内部被曝の影響をできるだけ少なくして、健康な人生を歩みましょう。

放射線は実年齢よりも老化を早める。セレンなど抗酸化食品は放射線から身を守ると同時に老化も抑える」への2件のフィードバック

  1. ピンバック: 健康のカギを握る抗酸化ミネラル「セレン」 | パワー

  2. ピンバック: ビタミンB2を多く含む食品 | ビタミン Q & A

コメントは停止中です。