活性酸素を消すにはGPXという酵素の主成分、セレンが必要不可欠

レンが作るGPXが活性酸素を無害化する

セシウムなどの放射性物質が含まれている食品を食べて、内部被曝すると、体内では活性酸素が多量に発生し、細胞を傷つけます。しかし人体には活性酸素を消去する酵素が備わっています。セレンはこの酵素の活性を高めて、抗酸化作用を発揮します。活性酸素を消去する酵素にはSODやGPXなどがあります。

セレンはGPXの主成分で、SODの生成にも必要です。細胞が酸素を取り入れると、必ずスーパーオキシドという活性酸素が生まれます。同時に体内ではSODが生成されます。スーパーオキシドは細胞を傷つけ破壊するので、発生と同時に消去しなければなりません。

SODは体内に生じたスーパーオキシドを過酸化水素に変換します。過酸化水素もまた、酸化によって細胞にダメージを与える活性酸素の1種です。この過酸化水素を無害な水と酸素に分解する酵素の1つがGPXです。
一方、スーパーオキシドや過酸化水素が、うまく消去されず、そこの近くに鉄や銅が存在すると、それらと反応して、今度はヒドロキシラジカルという極めて毒性の強い活性酸素が生まれます。ヒドロキシラジカルが発生すると、体内の脂質やタンパク質、DN Aなどと反応し傷つけます。反応すると、瞬時にヒドロキシラジカルは消えてしまうのですが、DNAが傷ついてしまえば、細胞が変異し、がん細胞に移行する可能性が出てきます。脂質やタンパク質が傷つけられれば、動脈硬化やアルツハイマー病など、老化による病気のリスクが高まります。

セレンを含むタンパク葺はグルタチオンを増やす

このヒドロキシラジカルの発生を防ぐには、SODとGPXがチームを組んで待機している必要があります。じつはスーパーオキシドは、SODがなくても、鉄と出合わなければ、自ら反応して5秒ほどで過酸化水素に変化するといわれています。そのため、過酸化水素を消去するGPXが、活性酸素を消去する最も重要な酵素ということになるのです。体内にGPXを増やすには、グルタチオンとセレンが必要です。グルタチオンは3種類のアミノ酸から作られる体内の物質で、体の中に入ってきた毒物を解毒する作用があります。またグルタチオンは、それ自身も抗酸化物質であり、フリーラジカルや活性酸素の反応を止める働きがあります。GPXはグルタチオンから作られます。

グルタチオンは消化器系からはほとんど吸収されませんが、セレンを含むタンパク質はよく吸収されます。したがって、グルタチオンやGPXを増やすためには、セレンを含む食品を積極的にとる必要があるのです。日本人の平均的なセレン摂取量はl 日100ugといわれています。普通の食事で、このくらいの量がとれていれば、正常なGPXが作られます。しかし現実に、これだけ摂取できているかは疑問です。