メラニン抑制」タグアーカイブ

肌に弾力をもたせてシミを生成しにくくする(美肌効果)

肌の線維芽細胞を増殖させることで肌に弾力を

皮膚細胞の一種である線維芽細胞にαリポ酸を加えて2日間培養する実験を行いました。その結果、1mlあたり25μgのαリポ酸を加えた細胞は、まったく加えない細胞に比べて細胞の増殖率がおよそ20%ほど向上しています。αリポ酸を摂取すると、皮膚細胞の生成が促進されることで皮膚の再生促進、肌の弾力性の保持、美肌の維持にまでつながると期待されています。

新陳代謝を活発化させて美肌を保つ

皮膚細胞は、皮膚の最下層にある「真皮層」で生成され、「表皮層」を経て皮膚の一番下、つまり角質層へとあがります。αリポ酸を加えた皮膚は無添加の負婦に比べて、細粒細胞が角質層に多く存在。角質層と表皮層の境界がくっきりとわかるのに対し、αリポ酸を添加した皮膚では、境界が不鮮明でぼやけています。このようにはっきりとわかるのです。これらは、真皮層で作られた皮膚細胞が絶えず上へと移動していることを証明しています。αリポ酸は、皮膚の新陳代謝を活発化するのです。

メラニンを抑制、肌にシミをつくらせない

肌にとっての大敵は言うまでもなく紫外線。紫外線を浴び皮膚はメラニン色素が沈着して黒ずんでしまいます。色素沈着です。これは一度なってしまうとなかなか元に戻りません。これは、マウスの肌に紫外線を照射して、メラニンの沈着を比較。αリポ酸を与えた肌は、無添加の肌に比べて明らかにメラニンのの沈着が抑制されました。αリポ酸には、紫外線によるシミを強力に予防する作用があるのです。