食品選びから下ごしらえの工夫がデトックスを促進

極力毒素を体内に入れない工夫が大切

毒素である有害物質の多くは、食べ物から体内に入りこみます。普段の食生活で毒素を減らしていく工夫とそうした心がけが大きく影響します。

そこでまずできるのが、「安心・安全な食材を選ぶ」ということです。野菜であれば無農薬野菜、または減農薬野菜、魚介類であれば養殖のものより天然のもの、調味料や加工食品であれば、遺伝子組み換えでないもの、添加物を含んでいない物を選ぶようにします。

さらに野菜であれば、その土地でとれる「地のもの」季節にあった「旬のもの」を選ぶことです。これは安全面だけでなく値段的にもお得で、おいしいのです。

これらは体に毒素を入れない食材選びの基本中の基本です。

そしてやはり体のことを思うのであれば、伝統的な和食がおすすめです。和食は、野菜が豊富で、ひじきや海藻などのミネラルを多く含む食材なども使われています。これらは、自律神経やホルモンバランスを安定させたりする作用もあります。

このようなことを心がければ安全な食生活を送ることができます。ただし、常にこうした安全な食材をとることができるわけではありません。
そのときには、野菜は流水でよく洗い、さっとゆがくなどの一手間が重要になります。また、魚介類は、頭やえら、ワタを除き、軽く湯通しするなどで、ダイオキシンや有機水銀が、肉類は、ホルモン剤、ダイオキシンなどが除去可能です。
そして食事の際には、「よく噛んで」食べることも大切です。唾液の中には、消化酵素のほか、たくさんの酵素、ビタミン、ミネラルが含まれており、ウィルスに反応する免疫抗体や、活性酸素を除去するなどの働きもあるのです。
食べ物を口に入れたら30回以上噛むことを習慣にすると消化吸収がよくなるだけでなく免疫力もアップするのです。

体内毒素をため込まない4つのコツ

米をといだら水につける 米はといだあと、最低でも30分ほど水につけ、炊くときはといだ水を捨て、新しい水を加えて炊飯する。
肉の下味につかったタレは捨てる 肉類は、調理前に皮や脂身を取り除く。薄切り肉は調理前に拡げて湯通しする。アクはていねいにすくいとる。下味をつけるために使ったタレなどは必ず捨てる。これでホルモン剤、ダイオキシン、抗菌性物質などを除去できる。
野菜は必ず流水で洗う キャベツ、レタス、白菜などの葉もの野菜は外側の葉を捨てて流水で洗い、根は切り取る。約1分間ゆでると尚いい。
じゃがいも、にんじん、大根などは、皮をむいてから流水で洗う。残留農薬を洗い流すことができる。
魚介類は薄めた酢で殺菌 生食の場合も、調理する場合もまず50%のお酢で洗う。頭やえら、ワタなどは取り除く。内臓類を食べると血になるというのは間違いで臓物は残すようにする。煮魚の場合には、魚に切れ目を入れて熱湯をかけてから調理。貝類は、一度砂抜きをして調理前に貝殻をこすり合わせ、流水で洗い流す。ダイオキシンや有機水銀を除去できる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください