筋肉を増やして脂肪の蓄積を抑えるためリバウンドしにくい(ダイエット効果)

筋肉細胞を増やして体に脂肪をつけない

筋肉のもとになる筋芽細胞にαリポ酸を添加して24時間後に細胞の増殖を調べました。αリポ酸を添加しない場合を100とした場合、添加した筋肉細胞はそれ以上の増加が確認されました。とくに30マイクログラム/ミリリットル以上添加した筋肉細胞は、添加しない筋肉細胞に比べて5%を越える率で増殖していることがわかりました。
筋肉細胞が増えると筋肉のエネルギー分がたまりにくくなると考えられます。

筋肉の重量を増やして脂肪の燃焼を促す

マウスを自由に運動させながら、αリポ酸配合の餌を24日間与え続けるという実験を行いました。実験後に「ヒラメ筋」と呼ばれるすねの筋肉の重さを測定。αリポ酸配合の餌を食べたマウスの筋肉重量の平均値は0.154g。濃度0.05%のグループの筋肉量は0.168g。無添加に比べて薬9%の差が出ました。αリポ酸は、筋肉量を増やして脂肪の燃焼を促す可能性を証明しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください