カロリーを効率よく消費するためには話ができる速度で歩く

ダイエットの1つの方法として、ジョギングなどをする人がたくさんいます。「痩せる=運動=ジョギング」がイメージとして定着してしまっているのでしょう。

しかし、ジョギングは意外に激しい運動なので、かえってさまざまな悪影響が生じる場合が多いのです。実は、運動の中で死亡率がもっとも高いのがジョギングです。また、2番目に死亡率が高いのはゴルフです。

太っている場合、ジョギングは体に大きな負担をかけてしまいます。本人はそれほどに思っていなくても、体に含まれる体脂肪の比率が高いと、その分、筋肉は少ないから、軽いジョギングのつもりでも、心臓にとっては大きな負担になることがあります。

これが死亡率を高めている原因です。
また、ゴルフでの死因は山で遭難するようなものなのです。初心者が山に登る場合、休まないで自分のペースに合わせ、ゆっくりと歩いていくことが遭難を防ぐ方法です。

反対に、しばしば休息をとると、心臓にかえって大きな負担をかけ、これが遭難につながるのです。ゴルフもまったく同じで、ホールからホールへと歩く時間はそれほど長くないのですが、立ち止まり、緊張して玉を打つときに、血圧は急速に上昇します。これが死因につながるのです。

では、どのような運動が体脂肪を減らすのに有効なのでしょうか。それは、できるだけ連続してゆっくりと歩くということです。しかし、あまりゆっくりでは効果がありません。

その速さは、以前は、少し汗ばむ程度といわれていましたが、現在は、それよりももっと減速した方がよいということが確認されています。
できれば年齢が近い人、あるいはほぼ同体力の人と2人以上で歩くということが大切です。そして、お互いに話をしながら歩ける程度のスピードというのが、もっともよい方法です。

夫婦であれば、2人でしゃべりながら歩くのがベストです。しゃべることができるという状態は、息がはずまず、しやべる余裕があるということで、その程度の速度が適当だということです。

汗ばむくらいだと、おしゃべりするどころではなく、息が上がってしまいます。また、1人で歩くと、スピードを出しすぎて、黙々と強引に歩いてしまい、心臓に大きな負担をかけることになってしまうのです。

さて、歩くことによって体脂肪が減少するのは、15分以上連続して歩いたときです。最初の15分は血液中に含まれているブドウ糖などの糖分がまず燃焼します。

15分を経過したあたりから体脂肪が血液中に出てきて、これが糖分に変わり、さらにエネルギー化して消費されていくのです。したがって、体脂肪を消費するためには、15分以上歩く機会がどれだけあるかということが重要です。

これは1日の歩行数とはあまり関係がありません。連続歩行が何歩であるかということが大きなポイントなのです。病院の看護婦さんが歩行計をつけてみたところ、1日に25000歩程度歩いていたそうです。
勤務が終わったときには、へとへとに疲れています。それは短距離を断続的に、繰り返し歩いていたからです。同じ25000歩でも、連続して歩いたときとまったく違う状況なのです。
連続歩行で1日に8000歩以上歩けば、高血圧や糖尿病に大きな効用があることが認められていますが、なかなか実行しにくい面があります。

次のような方法がベストだと思われます。
1週間に1一回、連続して20000歩程度歩くことによって、普段の歩行不足はかなりカバーできるようです。だいたい30分で4000歩でですから、20000万歩というのは連続して2時間半程度歩くことで達成できるでしょう。

ただし、まったく目標もなしに歩くのは続かないでしょう。そこで仲のはい友人や夫婦で、どこか行ってみたいところを定めてそれに向かって連続して1週間に1回歩くということが大きな効果をもたらします。

こうして1週間に1回でも努力して歩くと、今まで忙しいといって行けなかった所にも行くことができ、また、楽しみながら、いろいろな発見をすることができます。

人生にとっても大きなプラスになるので、是非試していただきたいと思います。

ところで、この歩くという行動は、とくに男性の肥満に対して大きな効果を発揮します。というのも、男性の肥満はリンゴ型といわれる、腹の部分が太くなる太り方が主流です。
これは、内臓型脂肪が多くついているという信号であり、病気をひき起こしやすい危険な肥満です。内臓型脂肪は、運動をすることでエネルギーに変わりやすいのです。
これは、人類の生活で、過去に、主として男性が狩猟中心に食べ物を入手していたからと考えられています。つまり、山や谷を駆け巡って狩猟するためには、何日も体力を落とさずに歩き回れる体になる必要がありました。

このような人類の歴史により積み上げられた体質は、近代的な生活になっても急速に変化するものではなく、運動量の少なくなった現代の生活では、ある程度努力しなくては消費エネルギーを大きくすることはできません。その点からも、歩いてエネルギーを消費することが大切なのです。