デザートもダイエットの見方にする食べ方

デザートは甘いものが主流ですが、実はこのいくらかの甘いものが太りすぎを防止するといったら、驚くかもしれません。基本的に甘いものはダイエットの大敵と考える人がほとんどです。しかし、デザートの糖分は、食べすぎを防止するのに効果があるのです。

人の満腹感は血液中の糖分によって左右されます。血液中に糖分が増加してくると、満腹感がでてきます。よく食前に甘いものを多く食べると食欲がなくなるといわれるのは、血糖値が上がってしまい・、空腹感がなくなるためです。

ところで、最近の日本の食事は以前と異なり、欧米化、わかりやすく言えば洋風化してきました。それにつれて、脂肪の多い料理が主流を占めるようになりました。脂肪分が多いと消化吸収に時間がかかります。それは脂肪には消化液が作用しにくく、脂肪が胆汁の中に含まれる胆汁酸などによって乳化されて初めて消化されるためです。そのため食べてもすぐには、血糖値が上昇しません。

つまり、食事をしてもなかなか満腹感が出てこないということです。つまり、満腹感が出ないままについつい食べすぎてしまうことになります。そこで、まだ今ひとつもの足りないな、というくらいのところで糖分を含むデザートを食べると、たちまち満腹感を感じることができます。

その理由は、脂肪と違って糖分はすぐに吸収され、血液の糖分を増すからです。したがって、デザートを食べることは、食べすぎを防ぎ、減食しているという感じをもたずに肥満も防止するという効果があるのです。ただし、デザートの糖分はよいが、間食にしばしば糖分の多い菓子類を食べることは肥満の原因となります。

これはたくさんは食べていないようでも、結果的には、糖分を多くとることになり、その糖分が体内で脂肪に変わり、肥満につながるためです。

では、日本の食生活では、昔はなぜデザートがあまり重視されなかったのでしょうか。それは、主食としてデンプンの多い米などの穀物が今より多量に食べられていたためです。そして、食べすぎない方法としては、よく噛むようにといわれてきました。

なぜなら唾液には強力なデンプン分解酵素であるアミラーゼが含まれているので、よく噛むことで、口の中ですでに糖類が多く生産され、消化器からの糖類の吸収も早くでき、満腹感を得られやすかったからです。しかし、食べ物に脂肪分が多いと、デンプン食品をいくらよく噛んでも唾液のアミラーゼが作用しにくい。それは、脂肪が食物の表面に膜を張り、水に溶けているアミラーゼの作用を妨害するからです。つまり、洋風の食事は、よく噛んでもあまり血糖値を上げるのに貢献しないということになります。

それだけに、食べすぎ防止にデザートは必要ですが、ここで注意したいのは、クリームの多い洋菓子を食べると、脂肪に邪魔されて糖分の吸収が遅れることと、エネルギーが高いため肥満につながりやすいことです。その点、和菓子は低エネルギーで優れたデザートであるといえるでしょう。

普段は和食にデザートは和菓子が最強ダイエットメニューということがいえます。