野菜サラダは低カロリーという思い込み

ダイエットをしている人が好んで食べる料理に野菜サラダがあります。あっさりしているし、脂肪分が少なく、野菜はカロリーが低いという思い込みからダイエットをはじめるとほとんどの人が野菜サラダをメインの食事にします。

しかし、「ドレッシング」というくせ者と、「生野菜」という落とし穴がそこにあるのに気づいていないことが多く、ダイエットも思ったようにすすみません。まず、ドレッシングを見てみましょう。ドレッシングは油が半分程度、あるいはそれ以上を占めます。
セパレート型(油と水が分離していて、使う前に振って混ぜ合わせるタイプ) と乳化型(マヨネーズのように、油と水が一体となっているもの) の2種類があります。

セパレート型の方がやや油が少ないが、いずれにしても、脂肪含有率が40%程度ある。さらに、マヨネーズに至っては70%が油です。

もし、100g食べたとすると、ドレッシングでおよそ400キロカロリー、マヨネーズだと700キロカロリーにもなるのです。
もちろん実際いは1食に100gもドレッシングやマヨネーズは使いません。
しかし、それでも大さじ2杯程度は使用します。大さじ2杯は30グラム程度ですからドレッシングで100キロカロリー、マヨネーズで200キロカロリーになってしまいます。

しかも、セパレート型のドレッシングだといくらか器に残りますが、乳化型ドレッシングやマヨネーズでは付着性がよいから器に残らず、ほとんど胃の中に入ってしまいます。
200キロカロリーといえば、茶碗の大きさにもよるが、ご飯を茶碗1杯食べた程度のカロリーとほぼ同じです。これに、クロワッサンのような脂肪分の多いパンを1一個食べると、プラス200キロカロリー、それに牛乳をコップ1杯飲むと100キロカロリーが加わり、合計で500キロカロリーです。

さらに、ポテトサラダのようなものが添えてあれば、マヨネーズをしっかり使うから、もう200キロカロリー以上が加わり、700キロカロリー以上になってしまいます。自分の家でつくるならドレッシングの量などを加減できますが、外食などではそれができないから、あっさりした野菜サラダも、意外なほどカロリーが高くなってしまうということです。

若い女性がダイエットしたい場合、1日1600キロカロリー程度に抑えたいから、1食では500キロカロリー程度にしておきたいところです。したがってこうした食べ方ではダイエットどころではなく、食べすぎです。

野菜をじょうずに利用して、健康的にやせるためには、次の4点に注意することです。