投稿者「admin」のアーカイブ

過剰なダイエットで貧血に!防ぐには貝がおすすめ

女性には貧血が多い。とくに、若い女性にそれが目立つ。詳しくはこちら
女性の場合、生理があるので、男性より鉄分を2割ほど余分にとる必要がある。それがダイエットでタンパク質摂取量が不足していたり、鉄分の多いレバーなどを嫌いだと敬遠していたりしたら、貧血は改善しません。

レバーでさえ苦手なな人は、鉄分がさらに多いハツ(心臓)など、ますます好まない傾向にあるでしょう。

ところで、ダイエットをしている若い女性には味覚障害もかなり増えています。これはダイエットによる栄養の偏りや、特定の成分の不足が原因です。

その特定の成分とは亜鉛である。亜鉛は、細胞の形成にとって大事な栄養成分で、これが不足すると、正常に新細胞が形成されない。亜鉛不足はインスタント食品に偏った食事も原因になります。
多くのインスタント食品には、リン酸塩が添加されています。リン酸塩には変色の防止、粘性や保湿性を加え、冷凍による品質上のトラブル防止といった各種の利点があるからです。それも、単なるリン酸塩ではなく、分子の大きいポリリン酸塩が多く使われます。
これは食品添加物とはいえ、体には吸収されないから、直接には無害です。しかし、ポリリン酸塩はその性質として、鉄や亜鉛などの無機質と結合しやすいのです。

しかも、吸収されないので、結合した無機質は、そのまま排泄されてしまう。その結果、鉄や亜鉛などの不足が起こるのです。とくに、味覚細胞は、入れ替わりが速い。そのため細胞形成に必要な亜鉛が不足すると、新しい味覚細胞ができません。それで味覚障害が起こるという仕組みです。
そこで有効なのが貝類である。カキをはじめとして、アサリ、ハマグリなどは鉄や亜鉛の含有量が非常にたくさん含まれます。

カキの変わった食べ方として、お好み焼きに入れると、卵の鉄分とともにカキの鉄分を有効に利用できます。お好み焼きの場合、まずカキを鉄板で焼いておき、これにお好み焼きの種をかぶせて普通に焼いていきます。
カキから味がしみ出て大変おいしく食べられます。
カキにも十分に火が通るから安心です。

カキは冬場が旬ですが、アサリなら年中出回っています。それに、生でなくても、缶詰なら結構安価に入手できます。
アサリの缶詰は砂抜きの心配もないし、常備しておけるので、非常に便利です。

また、生のアサリも、最近は砂抜きしてあるものも多いので、洗うだけでそのまま使えます。洗ったアサリを殻ごと鍋に入れ、日本酒とバターを加えて蓋をし、火にかけて加熱すると、簡単にアサリの酒蒸しができあがります。
これは、電子レンジでも同じようにできます。スパゲティ・ボンゴレの「ボンゴレ」とはアサリのことですが、パスタと一緒なら量的にもかなり食べることができます。

この他、握り寿司で貝類を積極的に食べるのも、鉄や亜鉛をたくさんとる手段の1つです。アワビは高価ですが、ホッキ、ミル、貝柱など安いものもあるので、結構楽しめます。

なお、貝類のおいしさは、他の食品のうま味には少ないコハク酸が多いことにあります。鉄を補えるレバーの苦手な人でも、貝類ならたいてい大丈夫でしょう。
食品にはいろいろな成分があるから、あるものが苦手でも、代替できるものを選ぶことができるのです。

女性の丈夫な「骨づ< り」は35歳までに

若い女性のほとんどはダイエットが気になります。ダイエットというのは、本来、管理された食事という意味ですが、日本では、やせるという意味で使われるケースがほとんどと言っていいでしょう。とくに女性の場合、すらり、ほっそりとしたプロポーションを目指してダイエットする人がほとんどです。

しかも、ダイエットする年齢がだんだん若くなり、最近では、小学校の高学年でダイエットをしている子どももまでいるそうです。これは、子どもの成長にとって大変な問題で、各種の身体的な問題が出てくるから、気をつけなければいけません。

体重がその人にとって多すぎる場合、たしかにダイエットは必要です。しかし、無理なダイエットをすることは健康に対して決してプラスではなく、マイナスの方に働いてしまいます。通常、健康を維持できる体重減少は、1ヶ月に2キログラム程度とされています。

1ヶ月に4キログラム以上の体重減少を行なうと、必ず体に故障が起きます。まかり間違えば、疾病につながることもあるのです。では、1ヶ月に2キログラム以上の減量を行なった場合、どのような影響が出てしまうのでしょうか?

まず、無気力感を感じます。何をするのにも体が重いといったような、けだるさを感じます。これは、すでに体に異状をきたしている証拠でもあります。したがって、この状況が続けば、体がもちこたえられなくなるのはは言うまでもありません。

また、それまで隠れていた病気をひき起こす要因が、無理なダイエットをきっかけに表に出てくることもあります。ところで、無理なダイエットをすると、タンパク質など重要な栄養素が摂取不足になり、その結果、女性の場合、生理が止まってしまうこともあります。生理が止まると、予想しなかったほどいろいろな問題が出てきます。
その1つが、骨からカルシウムが抜けていく「骨粗紫症」です。
骨粗鬆症とは?はこちら。
これは、女性特有の現象で、とくに、女性ホルモンの黄体ホルモンと関係の深いことがわかっています。閉経後の更年期から起こりやすいといわれていますが、若くても、生理が止まったせいで、女性ホルモンの分泌が異状をきたすと、急速に骨からカルシウムが抜けていき、骨がすかすかの状態になってしまいます。

このような状態でちょっと無理な力がかかると、骨折などが起こってしまいす。しかも、骨のカルシウム密度が低くなっているために、なかなか骨がつながらないといったことも起きます。。この骨粗鬆症が若い年代で起こると、一生その病害を背負っていかねばならないのです。

その理由は、骨へのカルシウム沈着量は、35歳までが上昇の時期で、それ以上の年齢になると、骨のカルシウムは減少の方向をたどるからです。もし、35歳より下の年齢で骨粗髭症が起こると、骨に対するカルシウムの蓄積量が不十分ですから、その状態で一生を過ごすことになってしまいます。さらに、35歳を過ぎてから、骨のカルシウムが減少しはじめると、通常の人にくらべて大幅なカルシウム不足が生じます。

したがって、若い間に骨粗鬆症を起こした人は35歳以上になると、骨に対する障害がいろいろ出てくることになるのです。若いときには、必要なタンパク質など栄養素を十分とるとともに、無理なダイエットをしないことが大切です。

そして、同時にカルシウムの多い食品で、カルシウムを十分に骨に蓄積しておくことが大事です。また、その際に、カルシウムの吸収と骨への沈着に重要な働きをするビタミンDも十分にとっておくことが大切です。ビタミンDは主としてサケ、ニシンなど北の海の魚や日光乾燥のシイタケ、キクラゲに多く含まれます。
ビタミンDを多く含む食品はこちら。

清涼飲料水が砂糖水より脂肪化しやすいのは

缶ジュースに代表される爽やかで喉ごしがよい清涼飲料水は、とくに夏場などは、日に何缶も飲んでしまうこともあります。日本は清涼飲料水の自動販売機が世界一、普及している国で、どこへ行っても清涼飲料水の自動販売機を見かけないところはないといってよいくらいです。

しかし、清涼飲料水には落とし穴があります。口当りが爽やかなのでだまされやすいが、実はかなりハイカロリーです。

缶ジュースの大半は350グラム入りです。1本で、およそ150キロカロリーのエネルギーがあります。これは白米のご飯を小ぶりの飯茶碗に軽く1杯食べたのと同じエネルギーです。とくに、夏など暑いときに、水代わりに何缶も飲むと、無視できないほどのエネルギー量になります。

この清涼飲料水の中身ですが、果糖の含有率がかなり高く、缶に表示してある糖類の内容を見れば分かりますが、砂糖の他に、果糖・ブドウ糖液とか、ブドウ糖・果糖異性化糖という表示があるはずです。これは、デンプンから酵素を利用してつくった糖類の液が入っていることを示しています。
酵素化学の発達とともに、デンプンから各種の精液や、糖類の結晶を取ることが簡単にできるようになりました。

まず、デンプン分解酵素であるアミラーゼを使って、ブドウ糖液がつくられます。これに、さらに異性化酵素といって、ブドウ糖を果糖に変える酵素を作用させると、果糖とブドウ糖が混合した液ができます。これが異性化糖液です。
表示にあるブドウ糖・果糖、あるいは、果糖・ブドウ糖という並べ方は、どちらの糖が多いかを示すもので、先に書いてあるものの方が含有量が多くなっています。このようなものが清涼飲料水に使われる理由は、砂糖だけよりも爽やかな甘味が味わえるからです。

しかも、原料がデンプンですから、砂糖を使うよりもコスト安です。しかし、果糖は体内で脂肪に変化しやすいので、肥満につながりやすいのです。食事を制限しているのに太ってしまったという裏には、清涼飲料水の飲みすぎがあるかも知れないと疑ってみるべきかもしれません。
こちらにも果糖はダイエットの大敵だと書かれています。