ダイエットの基礎知識」カテゴリーアーカイブ

こんにゃくがダイエット食と呼ばれるのは?

「ダイエット食」と呼ばれるものは必ず

  1. 脂肪を燃焼させる
  2. 新陳代謝を促進する
  3. 便通をよくする
  4. カロリーが低い

のどれかに当てはまりますが、コンニャクの場合は3と4です。こんにゃくには食物繊維が豊富に含まれているので、便秘の解消に役立ちます。

また、コンニャクは低カロリーでもあります。しかし、コンニャクがダイエット食とされているのは他にも理由があります。それは、満腹感です。食物繊維が多く、カロリーが低い食品は他にもたくさんありますが、その中でも特にコンニャクがダイエット食とされているのは、コンニャクが非常に満腹感の高い食品で、食事制限をする上で役に立つからです。

ようするに、コンニャクを食べるとすぐにお腹がいっぱいになるので、食事の量が減るというわけです。ダイエットをする上で、これは非常に重要なことです。

満腹感がないと、人はなかなか食事をやめることができません。1回、1回は我慢ができても、ついつい間食に手を出してしまうものです。

これでは逆効果です。その点、コンニャクをメニューに加えると満腹感を感じるので食べすぎを防ぐことができます。「コンニャクがダイエットの味方」と呼ばれるのはこのためです。

ちなみに、トロロもコンニャク同様、イモから作られるものですが、「とろろ料理を食べるとやせる」といわれているのも同じ理由からです。

ただ、コンニャクやとろろに頼らなくても、食べすぎを防止することはできます。もっとも簡単な方法は、食べる順番を見直すことです。腹もちのいいもの、固いものから順に食べるようにすると、少量で満腹感を得ることができます。

食べる順番

体にやさしい白湯ダイエット

マグカップ1杯分の水を40~50度に温め、10分かけて飲むだけの「白湯ダイエット」。元アイドルで現在はヨガスタジオを経営する干葉○子が提唱し、注目を集めています。

芸能界でも信奉者急増

やせたい。でもお金はかけたくない。体も動かしたくない。めんどうもいやだ。そんなワガママをすべて満たす、究極の痩身術が「白湯ダイエット」。

やりかたはマグカップ1杯分の水を40~50度(体温以上ならOK)に温め、からだをいたわるように、水分を全身にゆきわたらせるつもりで10分かけてゆっくりと、1日3回飲むだけです。白湯は水より吸収されやすく、体を冷やさず、胃腸の働きを活発にするので消化促進、便秘の改善にも働きます。
血液循環が良くなることで新陳代謝もよくなる。利尿作用で毒素が排出されてデトツクスにも効きます。

食事の前にゆっくり飲むと、食欲も抑えられる最高のダイエット法です。いいことづくめでラクにやせられるという仕組みです。とりわけアルコール好きにとっては、白湯を飲むことで胃腸に負担をかけずに肝臓の代謝を高め、血中アルコール濃度を落とせるので一石二鳥です。

二日酔いや胸やけからの回復も早くなります。大のお酒好き、おいしいもの好きで知られる山本○ナと深田○子がみるみる5キロもやせた、というので評判になり、江角マ○コ、宇多田ヒ○ル、牧瀬○穂… ‥・と芸能界に信奉者の輪がひろがっている。千葉は出産と育児を機にインドの伝統的なヨガを学び始めて、現地に修行滞在もしている。5千年の伝続を誇る伝統医療、アーユルヴェーダを学んでいるときに、白湯を飲むことで血液を浄化して脂肪を減らすデトツクス法を,身につけたそうです。

お湯なら無害だろうと、1日中何杯も飲み続ける人も出てきそうだ。しかし、尿にも汗にも塩分が含まれるから、大量に尿を出したり発汗しているのに水分だけを摂り続けると「塩分喪失」状態に陥ることもあります。白湯ダイエットにハマって、強い疲労感、頭痛、めまい、嘔吐、足がつるなどの症状がおきたら塩分を補給してみた方がいいかもしれません。

水分を適切に摂ることはデトックス効果が高くおすすめです。それを白湯にすることでさらに代謝アップさせるというものです。一時期は、水分を過剰に摂取するとむくみにつながるからよくない…と言われましたが最近、やはり水分が不足ずると、体の不調や美容によくないことがわかってきました。

白湯ダイエットで検索をかけてみたらダイエット以外にも血圧がさがったり、便秘が解消したりとうれしそうな効果が多数紹介されていました。

たばこは太るのか?痩せるのか?

よく言われるのに、タバコを吸うと太らないという通説があります。そんなのは、たわごとだ、言い訳に過ぎないという言い分もありますが、しかし、喫煙者に肥満が多いという研究もあって、この矛盾のメカニズムは意外なものでした。

褐色脂肪細胞が燃焼して排出される

脂肪細胞には、白色脂肪細胞と、褐色脂肪細胞と呼ばれる2種類の細胞があります。白色のほうは細胞のなかに文字通り脂肪をため込み肥満の原因になりますが、褐色のほうは、脂肪をためるのでなく、燃やして熟として排出します。
車で言えばラジエータの役目を果たします。タバコを吸うと、この褐色脂肪細胞の熟産生が高まり、やせるというわけです。このことは動物実験でも確かめられています。
ネズミに1日約1時間、強制的にタバコの煙を吸わせ、肩甲骨の間にある褐色脂肪細胞を調べてみると、熟慮生が高まりエネルギーを消費していることがわかりました。これとは別に人間の例では、タバコを1箱吸うと、ご飯茶碗1杯分くらいのエネルギーを消責するという研究報告もあります。

ということはやっぱりたばこを吸うと痩せるのでしょうか?

ところがこれと真っ向から対立する疫学調査データもあるのです。厚生労働省でCTスキャンを用いた調査を行なったところ、正常者に比べ、BMI25以上のメタポ肥満者に、男性にも女性にも、喫煙者が多かつたのです。

海外報告でユニークなのは、「禁煙したら体重が増えたが、プロポーションは逆によくなった」という例があります。体重が増えたのは、褐色脂肪細胞が熱産生したからといえますが、ウェストやヒップ比をとってみると、禁煙をした人は、その比率が低いという結果でした。

つまり、禁煙者はウエストが比較的締まり、プロポーションはよくなっていたという結果です。タバコを吸うと科学的にやせるのは正しいはずなのに、なぜ、実際には肥満が多いのでしょうか?

医師はこれについて喫煙者は本人の健康に対する自覚がなく、運動をしないなど肥満になりやすい悪い生活習慣を持ち合わせているとともに、タバコの成分が直接、内臓脂肪を蓄積させ、メタボ肥満になると考えられると言っています。

禁煙補助剤を上手に活用して今年こそ禁煙!

危険なダイエット食品!日本国内で認可された「やせ薬」は1種類だけ

日本で認可されているやせ薬には、厳しい使用制限が儲けられています。しかし一方、薬でやせたいという潜在的な願望は途絶えることはなく、輸入やせ薬・ダイエット食品は新しいモノが次々に発売されています。健康の落とし穴は、それらに生命を脅かすほど危険なものがあるということでし。

とりわけ中国ルートの製品は危険がいっぱいです。

日本国内で認められているやせ薬は「サノレックス」だけ

日本で認められているやせ薬は、たった1種類のみということを知っている人は意外にも少ないのです。そのやせ薬の名前は「サノレックス」です。保険適用もされますが、ただしBMI値35以上の人で最大3ヶ月(180日)しか使用できないという厳しい制限付です。

BMIとは国際的に通用する肥満度基準で、計算式は、BMl= 体重(kg)÷(身長×身長(m)です。成人でBMI値22のとき、もっとも理想的な体重とされています。

やせ薬サノレックスの効能は、によると、「食欲中枢を抑えるタイプのやせ薬で、副作用も少ないかわりにそれほど劇的に効くという薬ではない」と念を押します。

米国では認可されたやせ薬は約10種類あるが、サノレックスはそのなかでも、BMI= 25~30程度の軽症の肥満者に使用されています。にもかかわらず、日本で肥満の薬に射しこれほど厳しい制限付なのは、厚生労働省が医療費を抑えたいからだと思われます。

中国のやせ薬で死亡者も

その結果なにが起こったかというと、海外からの認可されていない、アブナイやせ薬・ダイエット輸入食品の流入です。とりわけ中国ルートのものが問題になりました。

劇症肝炎で運ばれてきた。女性は中国製のやせ薬「千之素こう嚢」を服用していました。同じやせ薬で同様の事件は数件続きました。翌02年、60歳代女性が同様の症状で死亡し、新聞報道される大騒ぎになり、全国に被害が拡大しました。

専門家がこの中国ルートのやせ薬を分析したところ、成分に食欲抑制剤フェンフルラミンが含まれているとわかりました。

フェンフルラミンとは、医師によると「月に5kgやせるという治験もある強力なやせ薬で、米国でも合併症として心臓弁膜症などを起こすとして発売禁止になっているもの」だそうです。
それを中国の業者が輸出向けやせ薬として製造したのです。この騒動が鋸静化したからといって根が絶たれたわけではありません。しばらくすると、中国製のエフェドリン、サノレックス入りのやせ薬が出回りました。エフェドリンは交感神経を刺激し、脂肪細胞に働きかけやせるというタイプです。さらに06 年、やはり中国製の甲状腺ホルモン入りの輸入ダイエット食品が原因で中毒症を起こした患者が、病院に運ばれるという事件が起こりました。

甲状腺ホルモンは代謝を活発にし、やせる効果を促進させます。まったく手を替え品を替え、危ない輸入やせ薬は出回るというのが、やせ薬を取り巻く現状です。「輸入ダイエット食品・やせ薬は決して安全な食品ではない。インターネットでは掲示板などで、いろいろなダイエット食品の実際の効果について情報交換をし、危険を承知でやせ薬を購入している人たちがいますが、じつはそこに大きな落とし穴があります。

痩せる薬は危険性がたかいのですが、食欲抑制剤はあります。

まじめ人に多い、ストレスによる肥満

仕事が忙しくなると、急にコツテリしたものが食べたくなったり、甘いものが食べたくなったり…そんな経験はないでしょうか。お腹がいっぱいなのになぜか食べてしまう、その理由は、ストレスを受けた脳からの命令によるものだったのです。

ストレスの慢性化は甘いものに偏りやすい

夜寝る前や休みの日など、ひとりになるとスナックや菓子パンをたくさん食べてしまうという人がいます。1年間で8kgも太ってしまい、仕事用のパンツスーツがぜんぜん入らなくなってしまった…という経験を話す人も少なくありません。
大人になって急に太りはじめる原因の多くは、ストレスです。耐えがたいほど強烈なストレスに見舞われると、人はやせます。

太りやすいのは、日常的なストレスが長い間続いた時です。

専門医に聞くと、とりわけ人間関係のストレス(家族、恋人、会社や学校など)、時間や仕事に追われるストレス、解決方法の見つけにくいストレスが慢性化すると、甘いものに走りやすいのだそうです。

きまじめな人は特に注意が必要です。ストレスを受けたときの反応は、人によって発散タイプ、ためこみタイプに分かれます。

発散タイプは、まわりに八つ当たりしたり、泣いたり、ショッピングに走る。血圧が乱高下して血管や心臓に負担がかかる心配はありますが、この発散タイプの人は、ストレス太りはしにくい体質です。カッとして攻撃的になる時に分泌されるアドレナリンやノルアドレナリンは、中性脂肪を分解させる(脂肪を燃やす)代表的なホルモンです。

またせっかちに動き回ることで、血液中に放出された脂肪(遊離脂肪酸)がエネルギーとして燃焼されます。涙を流したり体を動かすことで、気も晴れるでしょう。

日本人はDNA的にストレス太りしやすい

ストレス太りは、きまじめで内にこもる、ためこみタイプの人に多いのが特徴です。完全主義で責任感の強い人。まわりからの評価が気になり、本音を言えない人。相手に非があってもじっとガマンしたり、自分を責めやすい人。だれにも邪魔されない時間が、いちばん心安らぐ人。日本人にはとても多いタイプです。
ストレスを長い間ためこむと、エネルギーの代謝が悪くなって老廃物をためこみやすくなり、さらに副腎皮質から、「肥満ホルモン」と呼ばれるコルチゾール(糖質コルチコイド)が分泌されます。

血糖値をあげさせ、免疫の活動をおさえ、脂肪をつくり出すホルモンでし。そこに甘みの誘惑が追い打ちをかける。ウツウツしていると、脳内の快楽物質、セロトニンやβエンドルフィンが不足するので「とにかく何か食べろ!」と脳から指令が出ます。

すぐにセロトニンレベルを引き上げて脳を満足させられるのはブドウ糖です。だから、甘みに手がのびるのです。甘みは脳を興奮させて食欲のアクセルになるので、食べ始めるととまらなくなります。「我を忘れていないか」と自問自答できるうちに、濃い日本茶やプーアル茶など苦いもので一服するといいでしょう。

苦味は脳の興奮を鎮めてくれます。発散タイプヘの切り替えも心がけたほうがいいでしょう。特に女性にとっては、おしゃべりがストレス解消になるから、気を許せる友人やカウンセラーをさがす。大笑い・号泣に浸れるDVDをたくさん確保する。歌う、ほかに。お風呂に入る。ストレッチする。なるべく散歩する。そして、小さいことにクヨクヨしないことです。

どうしても甘いものがほしいときは、和菓子がいいでしょう。

ダイエットは色も大きく関係する、赤や黄は食欲増進、青は食欲減退

青色を頭にイメージしてみてほしい。どんなイメージがわくだろうか。空と海、ひんやりした空気、クールミントガムなど、心がすっと静まったと思う。青い色には、犯罪を減らすほど強い「鎮静」パワーがある。食べたい衝動を抑えたいなら、青のインテリアとサングラスの準備が最適。

やせられない原因は、思わぬところにもひそんでいる。「どうがんばっても食欲を抑えられない」と悩んでいる人は、一度、部屋とタンスの中を見わたしてみよう。インテリアや身につけるものに、赤、黄、オレンジなどの元気で明るい色が多くないだろうか?
グリーンサラダに赤いトマトや黄色いコーンが加わると、ぐっと食欲をそそられることでもわかるように、ビビッドな色は食欲を増進させる。逆に緑や青は、気持ちも食欲もなだめる色だ。特に「青」は、いま世界中で防犯カラーとして注目されてるほど。

イギリス・グラスゴー市では2000年、景観改善のため青い街路灯を導入したところ、犯罪発生件数が減少して注目された。色彩心理学では、青は「本能的な衝動を抑えて、冷静にさせる」「神経の高ぶりを沈める」色となっている。

日本でも05年に奈良県警が導入すると、1年後には、周辺の夜間の犯罪認知件数が約9%減少した。画期的な「防犯のあかり」として、いま全国各地で取り入れられつつある。青は強力な食欲減退色でもあり、さらに集中力を上げる働きもあるから、これをダイエットに生かさない手はない。インテリアもテーブルクロスもブルーで続一し、外出時には青色のサングラスをかける。食事の前、数分でもいいから青いサングラスをかけ、心を落ち着かせて、はずして食べ始めると、ゆっくりとよく味わって食べることができ、満腹感もずっと感じやすくなる。

日本では、オペ室(手術室)のデザインをブルーに統一する病院が増えている。やっぱりこれも落ち着く、安らぎとったイメージをより深めるため。

そして外食が多い人は肥満になりやすいことも忘れてはいけません。

ビールはおなか周りが太くなるだけでなく体重も増加する

ビールをたくさん飲み続けることで、お腹がぼっこり出てくる「ビール腹」。ビールの本場、ドイツで約2万人を対象に行われた調査で、ビールを大量に飲むと、特に男性でお腹が出ることが確認された。また、お腹だけでなく、体重も増加していた。
1日に飲むビールの量を開き、8.5年後に腹囲を調べた。すると、大量に飲む男性(1000ml以上)は、少なめの男性(250ml未満)に比べて、腹囲が増加するリスクが17 %高かった。
女性では多く飲む人(250ml以上)でリスク増加は見られなかった。
しかし、少し飲む女性(125ml未満)に比べて、全く飲まない女性は、リスクが12% 低くなっていた。飲まない人の方がウエストサイズを維持しやすいわけだ。ちなみに、この「ビール腹」は、体重の増加に裏打ちされていることもわかった。つまり、お腹だけでなく全体的にも太るのだ。ビールのカロリー350ml缶で約140kcal。カロリーも気にしつつビールを楽しみたい。

肥満を起こす遺伝子

高カロリーで高脂肪食という肥満しやすい環境下のアメリカでも、白人女性の肥満者は33 %であるノのに対し、黒人女性は52%もいるそうです。実はこの20 % 近い差は、人種や民族間に存在する遺伝が関与しており、日本人に保有者が多い倹約遺伝子も、飽食という環境下で肥満を起こす、数多くある肥満遺伝子の1つなのです。現在、遺伝子の解明は急ピッチで進められていて、肥満の最大の原因は環境国子よりも遺伝子の関与が強い、というのが専門家のあいだでは通説になりつつあります。
肥満になる環境因子が少ない状況でも必ず肥満は存在します。さまざまな遺伝子があるからこそ、いろいろな環境を乗り越えられ、私たち人頬は淘汰されずに生き続けてこられたのです。

サプリメントはプラスα

簡単に栄養を補ったり、カロリーをカットしてくれるサプリメント。でも、サプリメントも自然な食品ではなく加工品だということを忘れてはいけません。いいものを選んで上手にとり入れるのが理想的です。
基本的に栄養は、天然の食品からとれるならそちらのほうがいいに決まっています。しっかりと食事をとったうえで、どうしても不足してしまうものをサプリメントで「プラスα」という使い方が望ましいでしょう。
例えば、苦手でどうしても食べられない食べ物があれば、その食材に含まれる栄養素をサプリメントでとるというような使い方です。同じ成分のサプリメントでも、製品によって合う合わないがあるので、1 ヶ月くらい試してみて、効果を感じられないときには、違うものに変えてみましょう。また、外国製のサプリメントにも注意が必要。胃腸の消化能力が違う外国人向けにつくられているので、日本人にはうまく消化・吸収できないものもあるようです。せっかく飲んでも消化・吸収されなければ意味がありません。

ダイエットに必須のビタミンB12

ダイエットに適した水の飲み方

水分摂取も代謝があがると言われていますがただ、飲み過ぎには注意が必要です。確かに、水分不足は血液をドロドロ状態にして代謝を悪くしますが、水分もとり過ぎれば、むくみや冷えの原因になります。
基本的には「のどが渇いたら飲む」ようにして、1 度にたくさん飲むのはNGです。例えば、脱水状態になっている朝起きたばかりの体には、コップ1 杯の水で水分補給。冷えやすい人はぬるま湯くらいの白湯でもいいでしょう。また、ミネラルウォーターなどは、できるだけ国産のものをおすすめします。
国産の名水百選から選ぶと安心です。

いろいろと試してみて口に合うものをとり入れましょう。上手に水分をとるには「飲む量」「飲み方」「飲むタイミング」を間違えないことが大切です。