「肥満遺伝子」BMAL1(ビーマルワン)を意識してカロリーの高いものを食べる時間を調整する

BMAL1(ビーマルワン)は肥満遺伝子ですが、脳と筋肉で時計遺伝のような働きをする、初めて見つかったタンパク質です。

BMAL1(ビーマルワン)はこのサーカディアンリズムを制御し、体内時計を正しく保つ役割をしたタンパク質です。

つまりこのBMAL1(ビーマルワン)の働きに合わせて食べたり、飲んだりを上手に調整すればストレスなく痩せることができるということです。ダイエット中だからこそ、高級黒毛和牛を食べるチャンスがめぐってきたりするわけです。なんて!タイミングが悪いんだぁ~と思わずに。こう考えましょう。

BMAL1(ビーマルワン)は脂肪細胞の中で脂肪酸・コレステロールの合成を活性化させるのと同時に、脂肪酸の分解を抑制する効果があります。

つまり、BMAL1(ビーマルワン)が多いときに食事をすると脂肪として蓄積されやすいということです。

人間の身体は就寝時間帯にあわせ身体にエネルギーを蓄積するように作られているのです。つまり、BMAL1(ビーマルワン)が少ないときを狙った食事でダイエット効果が期待できることにもなります。

それではBMAL1(ビーマルワン)の多いとき、少ないときはいつなのでしょうか通常の体内時計を持っている人なら、大体21時頃から増え始め、午前2時頃までに増殖のピークを迎えます。

1日で最もBMAL1(ビーマルワン)が少なくなるのが14時~15時頃です。ダイエットに霜降りの黒毛和牛が食べたくなったら夕食ではなく、昼食時間帯を少し過ぎた14時くらいに食べるべきでしょう。

内臓脂肪のためには肉や甘いものは、NG? 脂肪をためこみやすい時間帯がある ピーマル1(BMAL1)の働きを考慮する

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください