アミノ酸ダイエットの実力

ペットボトル入り清涼飲料水の爆発的なブームで、一躍脚光を浴びたアミノ酸。ダイエットにも効果があるといわれ、せっせと清涼飲料水を飲んでいる人がいるようですが、本当にアミノ酸をとるだけでやせられるのでしょうか。

アミノ酸は、蛋白質をつくつている最小の成分です。私たちの身体の細胞や、遺伝子情報のDNA も、すべてアミノ酸からつくられています。

このうち、人体の中で合成できないアミノ酸を「必須アミノ酸」と呼び、食事などで補給する必要がありますが、現代の食生活では不足しがちだといわれています。
アミノ酸不足が慢性化すると、筋肉の発育不足を招き、脂肪代謝が低下して、血中コレステロールの増加や肥満の原因になります。

そこで、アミノ酸を補給することによって基礎代謝を活発にし、体脂肪を分解しようというのが「アミノ酸ダイエット」です。
十種類の必須アミノ酸のうち、特にダイエットに密接なかかわりのあるものは、アルギニン、リジン、プロリン、フェニルアラニンの4 種類。

これらを摂取すると、体脂肪を燃やす「リパーゼ」という脂肪分解酵素の働きを助け、効率よくやせられるというのが、アミノ酸ダイエットのメカニズムです。

しかし、アミノ酸を摂取するだけでは、やせることはできません。アミノ酸ダイエットは、運動とセットで行わなければほとんど意味がありません。アミノ酸を摂取して、リパーゼの働きを活発化しても、その後で運動をしなければ、分解された脂肪は元に戻ってしまいます。

アミノ酸ダイエットに効果的だといわれている運動は、ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動です。アミノ酸は体内への吸収が遅く、30分ほどかかりますから、運動開始の30分前くらいにアミノ酸を飲むと効率的でしょう。

なお、アミノ酸飲料ではダイエット効果は期待できません。一般に、コンビニなどで売られているアミノ酸飲料は糖分が高いものが多いので、飲みすぎには十分注意しましょう。

体の組織づくりに必要なアミノ酸