ダイエットをしていても生理で体重が増える

女性の体重は、生理の周期に関係して、1ヶ月のうちにかなり変動しています。体重のもっとも低い時期は、生理のはじまる1週間くらい前で、そこから徐々に増えはじめ、生理が始まる頃に体重の増加はピークを迎えます。

このとき、多い人では体重が2~3kgも増えることがあります。その原因は、ホルモンバランスの変化。排卵後には、「プロゲステロン」というホルモンが多くなり、その分泌量が一定以上になると、体に脂肪や水分がたまりやすくなります。

そのせいで体重が増えるのです。といっても、この場合の体重の増加は、ほとんどが水分ですから、体脂肪が増加しているわけではありません。

時期が過ぎれば、体重は元に戻ります。一方、生理の前になると、やたらと食欲がわいて食べ物を我慢できないという女性もいます。「普段は食べないチョコレートやケーキなどの甘いものが無性に欲しくなる」という人も少なくありませんが、これは身体の正常な反応。実は、女性の場合、食欲も生理の周期によって左右されるのです。

では、生理前になると食欲がわくのはどうしてでしょうか。それは、生理前のイライラが原因と考えられています。糖質性の食べ物を摂取すると、脳の中にセロトニンという物質の分泌が増えます。この物質には気持ちをホッとさせる働きがありますから、生理前でイライラしているときは、甘いものが欲しくなるのです。

ダイエット中は、ただでさえ空腹でイライラしやすくなっていますが、特に生理のはじまる1週間前は「PMS(月経前症候群)」といって、だるさやむくみが生じたり、便秘になりやすく、神経も非常にビリビリしています。そんなときに、ムリなダイエットは逆効果。ドカ食いを招く原因になってしまいます。この時期は「ダイエットは小休止」くらいに考えて、ハードな食事制限は避けたほうがいいでしょう。