肥満は遺伝するの?

世の中には、「やせの大食い」タイプの人もいますし、ダイエットをしてもなかなかやせられない人もいます。結論からいいますと、最近の研究では、肥満になるひとつの原因として「肥満遺伝子」の存在が関係していることがわかってきました。

現在では、440以上もの肥満にかかわる遺伝子が発見されているそうです。といっても、「太った体型」が遺伝するわけではありません。

「体脂肪を蓄えやすい」とか、「エネルギーの消雪が少ない」といった「太りやすい性質・体質」が遺伝するのです。肥満遺伝子の代表的なものとしては、「ベータ3アドレナリン受容体遺伝子」と呼ばれるものがあります。この遺伝子には、体脂肪の蓄積を抑え、脂肪を燃焼させる働きがありますが、太りやすくやせにくいタイプの人は、この遺伝子が一部分変異しています。そのため、脂肪の燃焼が悪くなり、太りやすくなってしまうのです。

この遺伝子が正常な人と変異している人とを比べると、1日に消費されるエネルギーに平均200kcalの違いがあるといわれています。

つまり、ベータ3アドレナリン受容体遺伝子に変異のある人は、正常な人と比べ、1日にごはん1杯分ほどよけいに食べている計算になるというわけです。

また、この遺伝子の異常はほとんどの人種に見られますが、特に日本人に多いといわれていますから、気になる人は、肥満外来で遺伝子を調べてみるといいかもしれません。では、肥満はどの程度遺伝するものなのでしょうか。ある研究によれば、両親とも肥満の場合は約70% 、片方の親が肥満の場合でも40~50% の子供が肥満になるという報告があるそうです。

しかし、自分が太っているのは遺伝だから仕方がないと決めつけてはいけません。肥満になる要因は「遺伝3、環境7」といい、食習慣による影響のほうが大きいからです。

たとえば、血のつながっていない養子でも、両親が肥満の家庭では、子供も肥満になったり、ペットの犬まで肥満犬になるという例も報告されています。バランスのよい食事をとり、腹8分目を守ること。これが肥満予防の基本と心得ましょう。