停滞期」タグアーカイブ

停滞期という体のリズムを知る

ダイエットを始めて2週間くらい経過すると、最初は順調に減っていた体重が、ある時点でピタリと減らなくなります。多くの人はここでガッカリし、ダイエットをやめてしまいます。

摂取カロリーを減らすと、その分だけため込んだ脂肪を燃やして穴埋めをしますが、しばらくすると、体は少なくなったカロリーに慣れてしまいます。
そうすると基礎代謝や消費カロリーを減らして脂肪を燃やさなくてもやっていけるようになり、体重が減らなくなります。これを「停滞期」といい、ダイエット中は誰にでも起こる、体の自然な反応です。

停滞期は、これ以上体重が減らないというラインではなく、新たに体重を減らすための、体の準備期間と考えたほうがいいでしょう。
1~2週間もすれば、また体重は減り始めます。あきらめずにダイエットを継続し、停滞期が長引くようだったら、運動をプラスして消費カロリーを増やせば、痩せていきます。停滞期はダイエット中に何度も起こります。この期圃をいかに挫折せずに乗り切るかが、ダイエットを長続きさせる重要なポイントです。