休養、睡眠もダイエットには重要

ダイエットには精神的な側面も大きいため、食事や運動だけではなく、休養や睡眠も非常に大切な要素です。今、まさに不眠に悩まされているのだったら、疲れ過ぎない程度の適度な運動がおすすめです。
運動することは、もちろん脂肪燃焼や筋肉をつけるのに有効ですが、それだけではなく、心地よい疲れによってぐっすり眠れるようになり、ストレス解消や、精神的にもプラスになります。

ストレスで食べてしまう場合は、食べないように我慢するより、まず食べてしまう原因を考えてみることです。また、ダイエットそのものにもストレスはつきものです。好きなものを好きなだけ食べられないこと自体、ストレスになるでしょうし、病気やケガで運動ができなかったり、思うように減量できなかったり、食べ過ぎてしまったのを後悔したりと、ストレスの種はいろいろあります。

ストレスがあると、心も体も緊張して不安定になりやすく、考え方も否定的になってきます。こういうときは、心にゆとりを持って、休養をとることが大切です。ゆっくりとお風呂に入ったり、静かに音楽を聞いたりなど、自分なりの休養のとり方を見つけるのが大切です。

強いストレスがある場合、原因を取り除くのは難しいのですが、ストレスを受けている自分を意識し、スポーツを始めたり、映画を見るなど、何か集中できる楽しい趣味をみつけて、ストレスの解消を食べ過ぎやその結果からくる自己嫌悪に向けないように方向転換していくことが必要です。

最近、心を落ち着かせるために、ハーブの香りが注目されています。イギリスのある病院では、病室にラベンダーの香りを満たすことにより、患者さんに与える睡眠薬の量を減らすことができたそうです。
たしかに脳波による実験でも、ラベンダーやカモミールの香りには鎮静作用があるので、イライラして食べてしまう人には、食欲抑制効果が期待できるかもしれません。いずれにしても、ダイエットには、あまりカリカリせず、ゆったりした気持ちで取り組んだ方が、長続きし、挫折しないものです。

ストレスがひどい | アロマテラピーの効能・効果にもこころとからだの両方の疲れを回復させてあげることがポイントであることが紹介されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください