脂肪のつきにくい体になる運動

ダイエットに有効な運動には、大きく分けて3種類あります。脂肪を燃やし、基礎体力を作る有酸素運動(ウォーキング、水泳など)、筋肉を鍛えて増やし、シェイプアップする筋力トレーニング(腹筋運動など)ヾ筋肉や関節の柔軟性を高め、ケガを予防したり筋肉の疲労をとり除くストレッチングです。

かくれ肥満の悩みである、余分な脂肪を取り去るには、有酸素運動が効果大。
ウォーキングや水泳を一定の強さで、一定の時間以上継続して行えば、脂肪は燃焼します。かくれ肥満の人は、筋肉が落ちてしまっているために、代謝が低くなり、脂肪が燃えにくいのです。
筋肉がつけば、同じ量を食べても脂肪につきにくい体に変身できます。筋肉をつけるには、いわゆる筋力トレーニングが有効です。有酸素運動にも筋力トレーニングにも慣れていない人におすすめなのが、これらの運動をする前に行うストレッチングです。全身の血行がよくなりケガもしにくくなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください