「同じカロリーの食事なのに年々太っていく」必然

脂肪がつく原因は、ただ1つ非常にシンプルで単純です。摂取カロリーが消費したカロリーよりも多かったためです。それ以外の原因はありません。これはふつうの肥満者も、かくれ肥満者も同じです。
それを承知していて、自分の1日の栄養所要量に見合った分だけを食べるように決め、食事の量を増やさないように気をつけている人もいます。
しかし、食事の量が増えなくても、人間は太ってしまうのです。それはなぜでしょうか?人間が1日に消費するカロリーは、2種類に分けられます。

  1. 運動代謝(生活代謝)>>>日常の動作や、運動したときに使われるもの
  2. 基礎代謝>>> 何もせず寝ているだけでも、体温を保ち、内臓を動かすといった、生きていくうえで最低限必要なもの

このうち、2の基礎代謝量は、25歳を過ぎた頃から徐々に減少します。だいたい、l日につき10kcal1年の合計で約3500kcalくらい減ります。脂肪組織1kgを燃やすのに約7000kcal必要なので、これは1年で合計約0.5kgの脂肪に換算できます。
「最低限必要なエネルギー」は年々脂肪0.5kg分ずつ不要になってくるわけです。つまり、今までと同じカロリーの食事をとっていると、運動量を増やさないかぎりは、1年に約0.5kgずつ太っていくことになるのです。

ですから、若い頃から健康に気をつけて、決まったカロリー内で食事を作るようにしていても、25歳を過ぎた頃から、少しずつカロリーが余分になってきます。その分は脂肪として身についていきます。ですが、年0.5kg程度とわずかずつですし、手足が細ければ、太ったことに気づかないかもしれません。
25歳を過ぎてから増えた体重というのは、ほとんどが脂肪です。よほど意識して運動をしていない限り、筋肉はつきません。そうすると、体脂肪率は気づかないうちにしだいに高くなっていきます。
かくれ肥満の人たちは、若い頃標準体重以下で、比較的ヤセていたため、徐々に体重が増えても依然としてスマートである場合が多いでしょう。
しかし、体脂肪率を計ってみたら30%以上あった… 。という人は少なくありません。そのまま気づかずにいると、さらに脂肪率が増えて、少しずつ成人病への階段を昇っていくことになるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください