投稿者「diet」のアーカイブ

揚げ物には果汁で油を無毒化

宴会やパーティーなどでよく見かける揚げ物。ダイエット中は避けたいところですが、どうしても食べたいときもあります。また、みんなで集まった時くらいダイエットのことは忘れて楽しみたいもの。そんなときこそ食べ合わせを工夫して、罪悪感なく食べましょう。とはいえ、質の悪い油で揚げたものはできるだけ避けたいところ。
油は高い温度の加熱や、時間がたつと錆びて(酸化して)いきます。ファストフードやファミリーレストランなどの揚げ物は、何度も使い回して酸化した抽で揚げたものがほとんど。この酸化した油は、太りやすいだけでなく、食べ過ぎれば体まで酸化させてしまうといわれています。
食べるなら、新鮮な抽を使った揚げたてを食べるのが理想的です。また、フライやヒレカツなら、パン粉を使わずにコマやナッツを衣にして揚げれば悪い油の吸収を抑えられるでしょう。
もともとゴマやナッツには油分があるので、揚げ油の吸収が少なくてすむのです。食べる際にも、抗酸化作用の高いビタミンC やクエン酸を一緒にとると、酸化した油を中和することがてきるのでオススメ。レモン汁をかけたり、生野菜のサラダ、居酒屋なら飲み物に生グレープフルーツサワーもおすすめです。

油を味方にする、現代人はオメガ9 系を積極的に摂ることで効率よく健康的に痩せる オメガ3、6、9について

油は、肌をキレイにしたり、冷えやお通じを整えてくれる女性の味方。キレイにやせるかどうかは、いかによい油をとることができるかにかかっています。

植物油は大まかに「オメガ3」「オメガ6」「オメガ9」の3タイプに分けることができます。「オメガ3 」は、現代人のほとんどが足りていない油で、良質な脂肪酸である「α-リノレン酸」を含んでいます。

「オメガ6 」は、日常的にとられているもっともポピュラーな油で、サラダ油など、今ではあまりとり過ぎないほうがいいとされるリノール酸を含んでいます。

「オメガ9」は、オリーブオイルなどでオレイン酸を含みます。いちばんのおすすめは「オメガ3」です。含まれる「α-リノレン酸」は、脂肪の燃焼や代謝を助けてくれるダイエットの味方。「αリノレン酸」は油だけでなく、フルーツやナッツ類からもとることができます。

キウイやイチゴなど種ごと食べることのできるフルーツは、少量ですが種の中に「α-リノレン酸」を含んでいます。
また、クルミや甘栗も「α-リノレン酸」を含んでいるので、間食や料理に積極的にとり入れましょう。
逆に、できるだけ控えたほうがいい油もあります。それは、常温で固まる油です。肉の脂身、バター、マーガリンなどは、血管の中で固まりやすいうえに、悪玉コレステロールを増やす要因にもなります。

また、油もできるだけ自然なものがオススメ。「脂肪がつきにくい」「コレステロールを下げる」などの加工油はあまり積極的にとらなくてもいいでしょう。さらに、油は加熱すると酸化しますから、良質な抽:オメガ3 もできるだけ生のままとるように工夫するといいでしょう。

オメガ3 系

「α-リノレン酸」を含むオメガ3 系の油は、善玉コレステロールを増やし、悪玉コレステロールを抑える働きがあります。また、体内の炎症を抑えてメタボやアレルギーを改善するのにも役立つといわれています。サラダや煮物にそのままかけたり、テフロン加エのフライパンでつくった炒め物の仕上げにさっとかけると、酸化せずによい油がとれるのでおすすめです。

オメガ6 系

体内ではつくられない必須脂肪酸のひとつですが、現代人はとり過ぎの傾向があります。悪玉コレステロールを抑えますが、とり過ぎると善玉コレステロールまで抑えるといわれており、体内の炎症を保進し、メタポやアレルギーの原因になるともいわれています。

オメガ9 系

髪や肌にうるおいをあたえるオレイン酸が含まれ、善玉コレステロールを増やす働きがあるといわれています。酸化しにくく、加熱調理にも使えます。オリーブオイルなら質のいいエキストラバージンオイルがオススメ。純度が高く新鮮なものほど抗酸化成分が多く含まれ、ダイエットや美容の役に立ちます。

これからは質のいい油(オイル)はダイエットに欠かせなくなるでしょう。

最近、ダイエットに人気のチアシード(サルバチア)はオメガ3脂肪酸たっぷりの食物繊維です。ダイエット時に油を摂ることに抵抗がある人はこうした食物繊維を摂るのもおすすめです。
腸内に働きかけ、便秘改善にも効果があります。

サルバチアに含まれる栄養分は、豊富な青魚の油(オメガ3脂肪酸) のほか、14倍に膨らむ特別な食物繊維、タンパク質、ビタミン、ミネラルなど多種多彩。しかも、各栄養分の含有量はどれをとっても豊富で、他の食品を圧倒するほど。サルバチアが「奇跡の食品」、「完全食品」といわれるゆえんです。

なかでも第一の注目は、青魚の油(オメガ3脂肪酸) の豊富さです。青魚の油(オメガ3脂肪酸)は近年、医学会で大注目の脂肪酸です。少し専門的になりますが、青魚の油(オメガ3脂肪酸) は生活習慣病の予防や物忘れなど、幅広い健康効果が確認されています。

オリーブオイルのランキングはこちら。

慣れたものは消化しやすい

何を食べたらいいか迷ったときには、自分が慣れ親しんだものを食べるのがひとつの判断基準になります。
消化が悪いと食べたものが腸に残り太りやすくなりますが、昔から食べていたものは胃腸が覚えているはずですから、消化もスムーズです。
例えば、毎日食べていたお母さんの手料理。ごはんに汁物、お魚、卵焼き、漬け物など、栄養面から見てもとてもすぐれた組み合わせです。
調子が悪いと思ったら、昔と今の食生活とくらべてみてはどうでしょう。足りないものがあれば、スーパーなどで買ってでも食べるようにしましょう。
また、自分の育った土地のものを食べるのもいいですね。子どもの噴、山の近くで育った人は山菜やきのこなど、海の近くで育った人は魚や海のものを食べるように意識しましょう。ダイエットのためにと、海外や日本でも生まれた所と極端に違う気候の地域の食品を試してみるのはいいですが、合わないようなら無理に食べ続けないほうがいいでしょう。代わりに自分の育った土地に近いものを食べてみることをおすすめします。

体を温めるものを取り入れるのが大事なポイント

体の冷えを防ぐには、体を温めるもの積極的に摂るようにします。できるだけ温かいメニューや温める食材をとり入れるのがポイントです。
体を温める食べ物は、「それ自体が温かいもの」「収穫時に地中に埋まっているもの」「寒い所でとれるもの」「香りの強い薬味」などになります。
「それ自体が温かいもの」は味噌汁やスープなどです。温かいものを体内にとり入れることで芯から温めます。具材に温め効果のある食材を使えば、効果も倍増するのでおすすめです。鍋料理は冬しかやらない!という人は、真夏に汗をしっかりかぎながらキムチ鍋をやると気持ちいいものです。

「収穫時に地中に埋まっているもの」はジャガイモやニンジンなどの根菜類。炭水化物抜きダイエットなどが流行してから避けられることが多いですが、冷え性の人にはとって欲しい食材です。マッシュポテトなどよりも肉ジャガやカレーのように、できるだけ原形に近いメニューで食べましょう。

「寒い所でとれるもの」はリンゴやサケなどです。同じフルーツや魚でも暖かい所でとれるものは、体を冷やしやすいので注意が必要。

「香りの強い薬味」はショウガやニンニク、ネギなどです。生の肉やカツオなど体を冷やしやすい食材と組み合わせるようにするとマイナスのポイントを補うことができます。

生姜は8つのポイントをおさればOK!

ダイエットメニュー選びに迷ったら原形食品

食べるものを選ぶのは大変です。1日に3食も食べる食事はなかなか大変です。でも、ダイエット中に迷ったら太りにくい食べ物を選ぶのが鉄則です。
できるだけ、素材そのままの形に近い「原形食品」を選ぶこと。例えば、切り落とした肉をそのまま焼いたステーキのほうが、ひき肉をこねてつくったハンバーグよりも「原形食品」といえます。
「原形食品」は、ハンバーグのように加工されたものよりも硬く、何度も噛む必要があるので飲み込むまでに時間がかかります。
そして、ゆっくり食べることで満腹中枢も働きだし、食べる量を抑えることもできるでしょう。
また、加工食品よりも硬い「原形食品」は、消化・吸収の際にもより多くのカロリーを消費するので、それだけ太りにくいといえます。
「原形食品」は、ツナ缶よりは刺身や焼き魚、スウィートポテトよりは焼き芋など、肉だけに限らず食材ごとに選ぶことができます。ただし、そのもの自体が「原形食品」ではなくても、ナッツやドライフルーツの入ったパンなど、原形食品を含んだ食べ物でも効果は期待できるので、メニュー‾や食品選びの参考にしましょう。

毎日違うメニューを食べる

毎日同じものを食べている人は意外に多く、これはダイエットの妨げになります。それがすごく好きなのかと聞いてみると、どうもそうではないらしく、「ただなんとなく」毎日同じものを食べているのです。でも、それでは同じ栄養素しかとることができませんよね。人の体は食べ物からできるので、片寄った食べ方をしていると、体はもちろん心にまで悪影響を及ぼしてしまいます。
いろいろな栄養素がとれるように、できるだけ毎日毎食、違うメニューを選んで食べるようにしましょう。ただ、毎日食べるものを考えるのが面倒だという人もいるかもしれません。そんな人は、行くお店を変えてみてください。食べるお店や買うお店が変われば、メニューの選択肢もいつもより増えますし、たとえ同じメニューでも使っている食材や内容が違うので、とれる栄養素は変わるはずです。それに少し遠いお店まで行けば、運動不足の解消にもなるでしょう。当然、リフレッシュもできます。

夜食で太らない3つの法則

ダイエットでは、夜遅い時間でもお腹がしっかり空いていれば食べてOKです。ただ、寝る前の食事は胃腸に負担がかかりやすく、体脂肪になりやすいので工夫が必要です。
お腹は空いたけど、とくに食べたいものがないのなら、夜食は脂肪になりにくいものを選びましょう。
基本的に、「水分の多いもの」「温かいもの」「小麦粉を使っていないもの」は太りにくいので、夜食もこの3つの条件に合ったものが理想的です。
コンビニで選ぶならリゾットお茶漬け、おでん(つみれ・大根・昆布)などがいいでしょう。
温かいスープ春雨なども低カロリーで食物繊維が多くおすすめです。深夜にちょっとだけ甘いものが欲しい場合は、ぜひ豆乳ココアがおすすめです。
体を温めて代謝アップに役立つだけでなく、安眠効果も期待できます。甘味が欲しい場合は、ハチミツを入れるといいでしょう。おしるこもおすすめです。小豆の食物繊維とカリウムが余分な脂肪や水分を排出しやすくしてくれます。また、小豆は、味付けが多少甘くてもそれほどカロリーが高くないのがポイントです。

酵素で消化を助ける

太りにくい体質へと改善するには、カロリーを消費しやすい代謝のいい体にしなければなりません。
その代謝をよくするために重要なのが体内の「酵素」です。この酵素は「アミノ酸」「ビタミン」「ミネラル」がもとになって生成されます。
これらの栄養素が不足すると、酵素が足りなくなるので、代謝の低い太りやすい体になつてしまいます。
また、歳をとるごとに体内でつくられる酵素の畳も少なくなるといわれているのです。ただ、酵素は食べ物からとり入れることもでき、この酵素は「食物酵素」といって体内の酵素をサポートしてくれます。
基本的には、生の食べ物に多く含まれ、48℃ 以上になるとその効力は失われます。生のフルーツや野菜以外にも、和食なら寿司や刺身、イタリアンならカルパッチョなど、できるだけ生の食べ物を選ぶようにしましょう。
妙め物など、加熱してある料理を食べる場合は、先に生野菜や漬け物など食物酵素を含むものを食べておくと消化もスムーズになります。

食事日記日記がダイエットのきっかけになる

その人の体は、その人が食べたものでつくられます。だから、「食べていないのに太る」という人は、自分自身がどんなものを食べているかをよく知るためにも、「食事日記」をつけることをおすすめします。
もしかしたら気づかないうちに、太りやすいものを食べているのかもしれません。
実際は食べているのに、自分に都合よく食べたことを忘れてしまうパターンです。例えば、テレビを観ながらスナック1袋を食べてしまったとします。「気がついたらなくなっていた」といったりしますが、これでは気を失って食べていたことになります。
また、「ごはんじゃないから食べたことにならないね」と事実を曲げてしまうのです。それに、食べ物は1日ではなく1週間や10日単位で帳尻を合わせるほうがいいので、同じものばかり食べてしまう「繰り返し食べ」などの習慣がひと目でわかる日記があると便利です。
毎日日記をつけるのが難しいなら、友達や家族などを巻き込んで、日記をつけてもらいましょう。続けやすくなります。また、やせている友達や家族の食事日記を見れば、その人がどうしてやせているのかも一目瞭然です。
やせている人はやせるものを、キレイな人はキレイになるものをちゃんと食べているはずです。

ひとりより大勢で食べる

忙しい人は、昼は職場の自分の席でおにぎりやパン、夜は、コンビニの弁当やラーメンなど、ひとりで食べる食事が多くなります。
食事はただ体に栄養をあたえるだけでなく、家族や仲間と会話しながら心にも栄養をあたえる時間なのです。それに、楽しくおいしく食べることで消化や代謝もよくなり、会話をすることで早食いも防ぐことができるのでダイエットには理想的です。

ひとりで食べるよりは、できるだけ沢山の人と一緒に食べるよう心がけましょう。外食は太るからと誘いを断るのはもったいないですね。
食べ方の工夫や翌日の調整をすれば、外食でも太りにくくなるでしょう。外食こそ、心に栄養をあたえるチャンス。普段あまり食べないものを食べて、やせるのに必要な栄養をとり入れましょう。
会社に勤めているなら、お昼はパソコンの前でパンをかじっていないで、仲間を誘って外で食事をするのもよいでしょう。